メインメニュー
2012-05 の記事

噴水のアートガラス

噴水のアートガラス



GWも終わりました。 GW中、全員で仕事でしたが休みの日は電話が少ないので制作に集中する事ができるのがいいですが、やっぱり休みたいです。 皆、ご苦労さんでした。

GW中に取り付けた噴水のアートガラス、水がガラスの滑り台を流れてくるというデザインでした。

ガラスはワイドが1100ミリですが長さが3200ミリ、3,2mあり、2点のみで支えるので厚さが19ミリの厚いガラスを使いました。

重さは約190キロ、6名で設置しました。 

手前のステンレスにハイクリアシールで泡が無いように接着しましたが、固まるまで2日間はかかりますので先の写真のようにつっかえ棒をしておきます。 これを「かまし」と言います。

この技法はステンレスにガラスが乗っているだけ、というように見えます。 でもむずかしいんですけどね。



水が流れるまでいれませんでしたが後日、また見てみます。 

担当のWTデザインのKT氏は当日、腸炎で39,5度の熱で半日でダウンしましたが、2日後、病を押して制作です。 担当者の苦労は担当者にならないとわかりません。 お大事に。

設置はまだ楽でした。 このガラス、3,2mの左右に水が脇にこぼれないように5ミリ巾で2ミリ深さのラインが彫刻しています。 裏表なので3,2mx4本=12,8m。

ガラス材の納期がギリギリでしたので、超忙しい仕事が終わって4名で深夜に作業したほうがきつかったです。5時間かかりました。

でも完成するときれいです! クラフトマンは手にしか脳みそがないので過酷なことも過ぎるとまたやりたいな、となってしまいます。

それに更にいい仕様が制作、設置してると誰とも無く、出てきます。

WTデザインのKT氏とは今、売れている「ワンピース」の作者の仕事で一緒に苦労しました。 あれは共に超大変だったね〜。 また仕事、ご一緒したいですね。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年05月07日 18時52分02秒  /  コメント( 0 )

モデルルームのアート...

モデルルームのアートミラー



GWももう5月4日が終わってしまいます。 仕事に追われていますと時間が欲しいのであっという間に日がたってしまいます。

悠々と仕事をこなしている方を尊敬します。 やはりものつくりでそれぞれの仕事の仕様が違うためにマシンで作るようにはいきません。

GWはじめに制作したアートガラスです。 長年の付き合いであるHZ社のHR社長からの依頼でイメージは「森の中でさわやかな風、でもシックに」というリクエストでした。

最近 良く使っているスワロフスキーのクリアを使って、表、裏からの加工で気に入ってもらえました。

工房内はGW中、それぞれの担当を相変わらずに目いっぱい進めてくれています。 

オイラは昨日は池袋で仕事をして夜は東京駅のゲストルームのアートガラスを制作し、本日は朝から横浜に噴水のガラスを取り付けた最終仕上げに行き、再び東京駅です。

噴水制作会社のKT氏は当工房と同じように新しい噴水のチャレンジをするので、お互いに前例が無い仕事の大変さが分かり合えています。

大きい仕事で前例が無い場合は「七転び八起き」なんてもんでなく、「七転八倒」ですよ。

昨夜はヘルプのINちゃんとKT君が来てくれ、人数がいるときに仕事をのばそう、というお得意いのパターンで22時は超えていましたので本日は皆、もう帰ります。

やはりリズムをつけないとよりへばりますから。

明日は「こどもの日」 ですので大人は働かなくては・・・俺、まだ子供ですから。という声が聞こえる。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年05月04日 19時23分57秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2