メインメニュー
2011-12 の記事

流線のエッチングガラ...

流線のエッチングガラス取り付け



九十九里浜ちかくに追加で頂いたアートガラスをT君、KN君と3名で早朝出発で取り付けてきました。

この時期、外仕事は手が冷たいこと。 冷水に漬けているようでした。 氷彫刻は寒い、冷たいでしょ?とよく言われましたが、北国の家の中と同じように、氷を彫る時は防寒対策と防水手袋をしますのでぜんぜん寒くはありません。 逆に動くと暖かいくらいです。

年末と通行料金が下がったので海ほたるは混雑してました。

屋上にある3mくらいのガラスオブジェがあるのですが、デザイナーは外国人で制作は仲間のTZガラスが行ないました。 久しぶりに見ました。 

おととい取り付けた流線のエッチングガラス、7枚のうちの1枚です。 このように気持ちの良い曲線は一から十までフリーハンドなので、簡単そうで実は難しい分野なのです。 

でも気持ちの良いラインと気持ちの良い彫刻が出来ました。 1枚はリビング上でしたので足場を使い、5名で持ち上げました。 



用意してくれた足場がちょっと細長かったので少し怖かったですが、それは取り付けた後の感じること。 

取り付け中はどんな高いところでも登れるもんです。 終わった後に「ゾクッ」ってしますが。

今年は30日までヨーロッパのお姫様、1月7日名古屋出発なんで進めておかなければなりません。 ヨーロッパのお姫様、会ったことないのでリサーチが大変でした。 
  
全員、気持ちよくギリギリまで仕事を段取ってくれて、感謝します。明日はオイラは夕方に上野の近くで打ち合わせで直帰なので、今日が今年最後の書き込みです。

お客さんは元より、メンバーや協力会社のみなさん、今年もありがとうございました。
来年は共に愉快になるれるよう、愉快に苦労しましょう。

Posted at 2011年12月29日 19時40分07秒  /  コメント( 0 )

愛犬家のためのステン...

愛犬家のためのステンドグラス



愛犬が亡くなってしまい、ぜひステンドグラスでとのご要望でのステンドグラスです。

まだ完成までもうちょっと、手を加えます。 

何回写真を見てもとてもかわいいので、オーナーさんの悲しみは大きいことでしょう・・・

一生懸命、似せるように愛情をかけて作らせてもらっています。

完成しましたら、またアップします。

31日は休みたいので今年もあと二日。 明日は早朝から九十九里浜の近くでアートガラスの取付です。 外部なんで寒さは覚悟で。

明後日、夕方は上野で打ち合わせですが、アメ横が近いんで混んでる事を覚悟しておきましょう。そんなこんなで今年の仕事納めは直帰になりそうです。

工房内では1月7日に名古屋へ嫁ぐ、お姫様のエッチングガラスを始めます。 この期間は1週間がまるまる無いのでタイトです。

でもありがたいことです。

Posted at 2011年12月28日 18時55分46秒  /  コメント( 0 )

流線のエッチングガラス

流線のエッチングガラス



シンプルですがインパクトもあるラインのエッチングガラスです。 180本の木のエッチングガラスを無事に長崎に送り、すぐに制作に入りましたが、けっこうタイトな期間でありました。

本日 取り付けましたがオイラはデザインの締め切りがあるため、先に工房へ戻りましたのでT君らはまだ帰社してません。 ですので写真は後日にアップします。

制作過程の説明になりますが、このような流線は簡単なようで実はかなり難しい分野になります。 まずどんな定規でも合いません。 デザインから原寸画、制作カットまですべてフリーハンドとなります。

人間はきれいな曲線は自然に受け入れますが、逆に不自然な曲線は生理的に気になります。

線が終わる先っぽまで、気を抜いたらだめだめ。

今年もそろそろカウントダウンできる日しかありませんが、ここ数日、「ヨーロッパの貴婦人、お姫様」のデザインと格闘です。

第一回目、提出し書き直しです。
顔をもっと西洋っぽく、若く、少し上を見て、ほんのり微笑んでいるように。・・・む、む、む、難しいですばい。

第二回目、何とかOKが出ましたが、こりゃまたタイトなスケジュール。
1月7日に名古屋へ運ぶトラックに載せなければなりません。 ガラスは明日、到着予定。 通常10日間くらい欲しいところを年末年始期間なので4日間で制作です。

知恵を出せばレベル落とさずに可能でしょう、というか可能にしなければ。



お姫様の顔、第一回目は描いていても「こりゃ、天海祐希だな」 と思ったとおり、ボツ。

お姫様、会ったことないから最初からは仕方ありましぇん。Y氏、ご理解のほど。 でも2回目は結構、西洋人になりましたぜ。 

オイラが知っているお姫様はマンガの「つる姫」しか知らんけど、あれ足が足袋だからな〜。

Posted at 2011年12月27日 18時12分42秒  /  コメント( 0 )

ベベルドアートミラー

ベベルドアートミラー



ベベルド 日本語で面取りカット磨きのミラーです。

何気なく どこでもありそうですが、このミラーは通常のミラーと違い、ハイクリアなミラーです。 高透過ミラー。

ノーマルなミラー、身のまわりにあるミラーですがこれは少しグリーンがかっています。 ですので真っ白い壁や服などは真っ白には映らないわけです。

今まではこれで問題は無かったのですが、ガラス先進国は真っ白に映るミラーを作ったわけです。

もちろん、通常のミラーよりはお値段はしますが、美容院、高級服店などはきれいに映ることが大切なんで徐々に普及してきました。

もう一点、面取りのできる大きさがこれほど小さいとメーカーやノーマルな加工屋さんでは出来ません。 アブノーマルな人しか出来ないわけです。

大きいメーカーや加工屋さんが製作不可で困って当社へ相談がありました。 

この大きさ、4センチx3センチでしたら可能でした。 

でも恐ろしいのは中国ではできてしまうんですね〜。 製造は中国の安い人件費ですが機会はヨーロッパ、アメリカ製なんです。 特にドイツ製はすごい。

一番小さいものでは中国は19ミリ、1,9cmを平気で作ってます・・・ん〜、くやしいね・・・

あと今年も数日、仕事はあと大小4件。 安全第一でがんばりましょう。

Posted at 2011年12月26日 20時25分55秒  /  コメント( 0 )

ケーキ屋さんのアンテ...

ケーキ屋さんのアンティークステンド



クリスマスイヴなので おととい取り付けたケーキ屋さんのアンティークステンドグラスです。

以前に100年前くらいのアンティークステンドグラスを購入してお店の出入り口のドアにつけていたところ、強風の日や夏は虫が入るので日頃はオープンにしているドアを閉めると、店内がかすみガラスで見えないため、お客さんが入りにくい、という相談を設計家のTさんから受けました。

中の模様の部分を残し、まわりはすべてクリアなガラスにして、外からも店内の雰囲気がわかるように、ばらしてから新たに作り直しました。

これで店内の雰囲気もわかり、開放感があります。 やはりお店はちょっとしたイメージで売上は大きく変わりますので、お店つくりはむずかしいですね。

取り付けはお店が20時30分に終わるのでそれからでしたが、なんだかんだで深夜0時を回ってしまいました。 手がかじかんで細かい作業が辛かったばい。

でもおいしいケーキをお土産にいただき、感謝します。 クリスマス期間までに間に合ってよかったであります。

今年もあと残り一週間。 大小合わせてこれから制作のアートガラスが5枚、もうすぐ完成が37枚、 それの取り付けが2物件。 一件は九十九里浜の近くのしかも外部。

外部の取り付けはこの時期、さむいよね〜。

若い頃は氷彫刻の仕事で北海道などで彫りまくっていたのに・・・若いって才能です。 −15度以下で制作して夜明けに初めてダイアモンドダストを見たきれいさは今も忘れません。

あれは寒くてきつい徹夜での制作のごほうびのようなもの。 オーロラもちょっとだけ見たことありますが、めちゃくちゃすごいオーロラが見てみたいです。

Posted at 2011年12月24日 18時47分54秒  /  コメント( 0 )

葡萄のサンプルエッチ...

葡萄のサンプルエッチングガラス



長崎県へ送る木が180本のエッチングガラス、本日無事に出発しました。 ちょっとタイトな制作納期でした。

葉っぱの特殊ラバーを説明しましたが、ちょうど違うお客さんへ葡萄のエッチングガラスのサンプルを作り、葉っぱの部分に特殊ラバーを使いましたので、載せます。

このように何気なく、浅くても模様が入ることによって、質感や存在感のイメージが強くなってきます。 でも嫌いな方もいますので、サンプル提出です。

この特殊ラバーはお店では売っていません。 自分らで原稿を作り、ラバーを専門会社で作ってもらいます。

この柄はじめ、和風など当工房オリジナル柄が今では10パターン以上になりました。

ラバーの柄を変えたり、彫り方を浅く、または深くしたりで様々なイメージが出ます。

ただ、彫ってるだけでは他と同じですので、365日、皆で考えてます。 他と同じ事が嫌いなメンバーで他の工房が新しいテクニックをやっている事を見たら、できるまで研究します。
他の工房が出来たのならば、出来ないはずはありません。

本日は長崎の木の他、早朝から他のメンバーは住宅展示場へ取り付けに行き、制作クラフトマンたちは次の物件に入りました。

次の物件、ちょっとでかいです。 2m70センチくらいをはじめ、全部で7枚。でもワイドが80センチくらいなんでまだ楽。 でも27日取り付け。 来月の? ちゃうちゃう、今月の。

このデザインもシンプルながら、実はむずかしい制作ですので、完成しましたらアップします。

明日はケーキ屋さんの古いステンドグラスを修復した取り付けで夜間工事です。

でもHさんがユニクロのヒートテック、買って来てくれたんでちょっと暖かい事を期待してます。

Posted at 2011年12月20日 19時52分58秒  /  コメント( 0 )

木のデザイン エッチ...

木のデザイン エッチングガラス 2



今回は抽象画の木のデザインを希望されましたが、そのままではマンガちっくになっちゃうんで、部分的にリアル感を出したい、と書いた説明です。

木の形は注文された方のお好みのイメージを大きくは変えられませんので、他の方が見たインパクトで葉っぱ部分を細かく表現してます。

写真の左が当工房のオリジナルの特殊ラバーです。 ラバー、貼っただけで葉っぱ、感じますでしょ。

これを木の一本一本に貼ります。 全面に貼ればいいのに・・・と思われますが、これ案外、作るのにお金がかかるんです。 ですので使わない部分はもったいないんで使う部分のみ、貼ります。

右がエッチング彫刻加工してお化粧しているところ。 この表現ですと細かい葉っぱのイメージが感じられて、インパクトが出ると思います。

第一回目、この週末に長崎県に到着し、即取り付けられました。 ホカホカです。

さきほど電話があり、注文された方が「いい出来です!」と報告がありました。 良かったですばい。

さあ、追加分の4枚で木が50本、明日出荷なのであとひとふんばりです。

それ終わったら、年内、エッチングガラス 3m含めてあと13枚、アートガラス55枚、施工取り付け3件、皆さん、頑張りましょう。

・・・31日は休みたいです。

Posted at 2011年12月19日 19時01分20秒  /  コメント( 0 )

木のデザイン エッチ...

木のデザイン エッチングガラス



真っ直ぐに伸びている木のデザインをご希望のエッチングガラスの下絵をここ数日、描いてます。 でもこのデザインだけにかかっておられずに、現場打ち合わせや他の制作と同時進行なのでちょっとあたふた。

追加のエッチングガラスがあり、全部で1900x700くらいが7枚、800x300くらいの欄間が6枚、計15枚です。 一枚のガラスに約12本の木が入りますので、180本。許された納期は7日間。 長崎県なので送るのに2日間かかります。 日曜日いれて合計10日間。
でも他のエッチングガラスやステンドグラス制作と同時進行です。
もうクラフトマンではなく玉に乗っていろんな物回して投げる曲芸士にちかいです。

エッチングガラスのデザインとしては木って難しい分野になります。 良く見るのはシルエットでの表現。 でもこれではイルカのようにマンガチックになり、評価は良くありません。

今回は注文された方が抽象的な真っ直ぐに木の絵を提出していただきましたが、これだけではエッチングガラスの場合、あまりインパクトが出せません。

抽象的でもある部分はイメージでリアルっぽいところを出さないとダサくなってしまいますので、特殊な方法で表現して彫刻することにしました。

木も一本リアルに仕上げるタイプの具象的なデザインですと木の肌や葉の質感まで追求します。
今回は抽象的なんでモチーフが重視。

今年もあとわずかになっってしまいましたが、今朝打ち合わせた追加の仕事、結局年内に制作取り付けることになりましたので、制作26日〜29日まで完成させ、ホカホカで30日、出張施工、もう弁当屋です。 

工房内ではその時点では新年1月5日に名古屋へ嫁ぐエッチングガラスの制作中。 新年5日って完成は年内でないと無理ってこと・・・12月30日くらいから1月4日くらいまでは無理なので6日間は無いということ。

この時期と5月連休、盆期間はいつもカレンダーとにらめっこです。

Posted at 2011年12月16日 20時05分54秒  /  コメント( 0 )

猫のステンドグラス

猫のステンドグラス



かわいがっていた猫が二匹ともなくなってしまい、ステンドグラスにして欲しい、とのご要望で制作しました。

大きさは30センチほどですが、飼い主の方の愛情が深いので出来るだけ似せて作りたいと、絵付けステンドグラスで作らせていただきました。

急ぎません、仕事の合間にお願いします。 というお言葉に甘えてかなり時間を頂いてしまいました。 でもとても良く似ていると思います。

同時進行で犬のステンドグラスも制作していますが、デザインで描く場合、犬は特徴があるのでまだ比較的に描きやすいですが、猫は難しいです。

なぜならば犬と違い、猫はどの種類もあまり形が変わらないからです。 毛が長いか模様の違いくらい。

オイラも結婚してからずっと拾ってきたり、もらったりで猫は常に我が家におりましたが、2ヶ月前くらいに歴代、5匹目の真っ白なメス猫が寿命でなくなってから、ちょっと間が空いてます。

奥さんは犬も好きなので、今いる3匹目が寂しくひとりで留守番です。 また縁があれば歴代6匹めの猫に出会えるでしょう。 オイラは犬より魚類・両生類が好き、とくにオオサンショウウオ。 でも天然記念物なんで飼えません。

OHちんのご主人は、岡山県の山深くの出身で小学生の頃は大雨のあと、家の前をオオサンショウウオが歩いていると言うくらいのシビレルところと言う事。 そのオオサンショウウオを抱えて学校の池に入れたら、鯉と金魚がすべて食べられて学校中、大騒ぎになった、と言ってましたっけ。 そこ 行ってみて〜よ〜。

もう次の猫の名前は考えてるんですがね。 「GAME・ゲーム」 ちなみにアメリカの好きなプロレスラーの名前です。 今いる犬の名前、「エディー・ゲレロ」 も好きなプロレスラーの名前。

そんなもんです。

今年も残りあとわずかですが、年内にできない?という仕事が2〜3件、電話ありましたが、本当に年内いっぱいなんです。 スミマセン。 

新年、清新な気持ちで作らせてください。

Posted at 2011年12月14日 20時03分39秒  /  コメント( 0 )

バラのエッチングガラス

バラのエッチングガラス



先週、書きましたなかなかガラスを取るのが苦戦したバラのエッチングガラスです。

デザインはデザイン会社のデザイナーが描かれたものをエッチングガラス仕様にしました。このように、他の人が描いたデザインは勉強なります。

どうしても自分らで提案するデザインは、長い間に凝り固まってしまう危険があります。 でも当工房のデザインをパクッているところもあるので、逆に考えれば及第点のデザインということなのかな。

今回はすでにガラスが入っており、取り外してエッチングガラスに入れ替えでした。

ドアにガラスを納める方法は 大きく分けて

〇 押し縁でビスか釘でとめる。
〇 ケンドン または いってこい、という入れ方
〇 落とし込み

の3パターンです。 高級ドアほど落とし込みという方法がとられています。 

落とし込みとはドアの上にガラスを差し込む入り口が開いています。 ドアを外して上の部分からガラスを差し込むわけです。

今回はすでにガラスが入っていましたので、そのガラスをとろうとしたら、上の差込み口にご丁寧にビッシリとベニヤが奥深くまで入ってました。

簡単に取れると思ったら、これまたご丁寧に叩き込んでいるので、びくともしません。・・・ガビ〜ン!!

T君と二人でいろんな道具と知恵で何とか取りましたよ。 建具屋さん、このベニヤ、意味無いですぜ。 

難しいのは ドアにキズをつけずにきれいに外す事。 きれいに外せて、バラのエッチングガラスも無事に取り付き、施主さんから感謝されました。

さらにもう2枚のドアにも、今度はブドウで、というリクエストをいただき、感謝します。

Posted at 2011年12月13日 21時19分50秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ