メインメニュー
2011-07 の記事

エッチングミラー(楕...


エッチングミラーの制作が完成して、クリーニングしているところです。

ワイド800ミリ×高さ2300ミリほどで机に寝かせていますので、上下2枚で写真とってます。 現場設置の写真、取り忘れました・・・。 頼むよ〜、T君、・・・残念!

多くの工房はサンドブラスト、砂を当てる技法では通常は「消し」、そして「半分消し」の2パターンですが、デザイナーの要望では、それだけでは表現が十分でない場合のデザインが、多々あります。

サンドブラストの消しを深くしていくと、良く使われる名称「エッチングガラス」という技法になります。 正確には、「エッチング」 という技法は違うものですが、現在は深く彫ることを指します。

そして半分消す技法も、消す度合いで10%〜90% の消すことも可能です。 そして「ぼかす」、更にぼかす巾を広くしていく「グラデーション」、エッチング技法に薬品で濃淡をつける・・・。

「けす」「半分けす」の2パターンに 
1. 深く彫る「エッチング」  2. 「けす度合いを変える」  3. 「ぼかす」  4. 「グラデーション」  5. 「エッチングに薬品で濃い」  6. 「うすい」  7. 「中間」 の7パターンでけす技法だけで、合計9パターンです。

左の写真で、いろいろな「けす」パターンでのみでの表現がわかってくれると思います。 このような表現は品があります。 デザイナーのKTさんの素敵なデザインも、より忠実に表現できたと思います。

でも、このエッチングアートミラーの一番難しいところは、楕円アールの線。 原寸下絵もカットも手での作業ですので、楕円は難しい。 とくに、このように長さが1800ミリほどの大きい楕円はごまかしが効きません。

手、ハンドカット中は無言になりますよ。

2011−07−29 19:49

Posted at 2011年07月29日 19時49分08秒  /  コメント( 0 )

直線デザインのステン...


「ワンダーフェスティバル」の準備中にT君が制作していましたステンドグラスです。 先にこちらを書きます。 デザインは、先方の設計の方からスケッチをもらい、清書しました。 色も指定がありました。 色の指定があるとありがたいです。

このように直線のデザインは、原寸下絵を描いたときにガラス1枚1枚の寸法がわかるので、比較的ガラスをカットすることが楽です。

それでもガラスの大きさの許される誤差は2ミリまで。 間に入る鉛線にガラスがのみこむのが約2ミリ〜3ミリですので、2ミリ小さいと1辺、1ミリしかのまない計算になります。

ステンドグラス含めて、ガラスを曲線でカットすることが難しいわけです。 一回で誤差0ミリで曲線をカットすることは出来ません。

ですので曲線のガラスを作る時は、少し大きめに曲線でカットし、後は削ります。

ステンドグラス工房の多くは、ルーターという2センチくらいの回る金属ヤスリで削っていますが、ちょっとずつしか削れないため、我々はサンダーで削ります。

サンダーの重さは1〜2キロあり、重いですが、なれるともうルーターは遅すぎて使えません。 サンダーのヤスリの粗さは主に60番、80番、100番、120番を使います。

教室やクラフトでしたら、時間をかけることも楽しみのひとつですが、建築インテリアのアートガラス業界では、納期がからんできますので、スピードが重要。

大変なのは早いだけではなく、美しく仕上げる事。 逆に言うとクラフトの人が、時間をかけたので良いものができるとは限りません。

工房のチームで制作しますと、この2枚のステンドグラスは最短1日で完成することができますが、それは緊急時、担当ひとりで4〜5日かけます。

早さも技の重要なひとつですが、まあ、仕事はゆっくりマイペースでやりたいものです。

どの道のプロも同じようだと思いますよ。

2011−07−27 19:22

Posted at 2011年07月27日 19時22分55秒  /  コメント( 0 )

エッチングミラー、か...


先週は月曜日が祭日でしたので、1日少ない週にアートアクリルやエッチングミラーの設置、そして名古屋の出張といろいろと動きがある週でした。

そんな中制作して、初めて参加した「ワンダーフェスティバル」という、幕張メッセで開催された世界最大の造形フェスティバルのアートミラーです。

忙しい週で更に日曜日でしたが、メンバーも早朝6時30分集合、頑張ってきました。

ディーラーや入場者が5万人近く参加しました。 5万人参加ってすごいです!

このフェスティバルは、おまけフィギアで有名な海洋堂が主催しており、また、コスプレヤーもOKという、かなり自由でおもしろいものでした。

そこで知り会えた方々も、とても影響力のある人達でした。

今週は、アンティークステンドリペアやエッチングガラスの制作とともに、デザインの納期が詰まっており、このフェスティバルのお話はまたの機会に!

2011−07−26 19:55

Posted at 2011年07月26日 19時55分18秒  /  コメント( 0 )

今回はアートアクリル...


台風直撃を覚悟して出発した名古屋から戻りました。 東名高速道路が、ずっと高波の影響で富士IC〜清水ICまで通行止めで、一般道に迂回すると4時間の渋滞なんて情報でしたので、参ったな、と思っていましたが、出発したと同時に解除になって、この区間15分で通過でき、共に行ったK君と「日ごろの行ないだな!」 と喜んでいました。 ふ〜、いかった、いかった。

帰りにK君は浜名湖で「今日、土用の丑の日に浜名湖でウナギ食べれる、なんてそうないな!」 と喜んで食べてましたが、オイラはウナギがおいしいとは思わないので、マグロ丼・・・。 なんかもったいない気分。

写真は、出発する午前中にセットした、階段防止ドアに取り付けたものです。

これはガラスではなく、アクリルです。 今、一番人気の海賊マンガの作者が描いたデザインのラフを清書して、承認もらい制作しました。

打ち合わせで、両面から見るときのイメージで数字と英語がさかさまにしよう、となった時は、やはり発想の自由さを学べました。

ワイドは700ミリほどですが、高さは1400ミリあります。

アートガラスを制作していますと、どうしても透明素材で、ガラスでは無理な事が出てきます。 形や人の衝撃安全度などです。

このアートアクリルも、特に右の上部の王冠の形はガラスでは危険なのと、左右、下部分で支え、上は支えが無いので、人が当たった場合の安全度を考えますと、ガラスでは無理な場面もあります。

我々はアートガラス専門なので、アクリル素材をハイクオリティにカットできる設備がありません。 またアクリルという素材はかなり厄介です。 きれいに簡単にはカットできません。

ですので、専門のプロに依頼して素材を作ってもらいます。 現在はコンピューターカットなので、かなりのレベルまで表現できますが、このようなアート的な仕事を前向きにしてくれる会社は、限られてしまいます。

何度も書くように、良い人、会社に出会えるよう、自分たちも努力していかなければなりません。

コンピューターでの仕事だからと言って簡単とはいきません。 コンピューターを使うのは人間ですから。 使うまでの打ち合わせ、原画制作など、あくまで人が主役。

2011-07-22 11:15

Posted at 2011年07月22日 11時15分50秒  /  コメント( 0 )

スワロフスキーのアー...


今、進めている曲げガラスの階段デザインです。

透明曲げガラスにスワロフスキーを10000ヶ接着し、アートガラスを作ります。

スケッチ、打ち合せデザインも点々と10000ヶ、ちゃんと描きます。 ですので、デザイン4点で40000ヶ。 このようなスケッチはちゃんと個数を数えます。 でないとイメージがわかりません。

絵では小さいですが、ワイドが5m近くあるので、10000ヶでも多くは感じません。 最大27000ヶ、貼った事あります。 これは多かった。

アートガラス、エッチングガラス、ステンドグラスすべてスケッチを提案します。 ですので自分で工房を構える人は、少なくともある程度のスケッチは勉強していたほうが楽です。

仕事は何度も何度もやっていくと上達していくもんですから、最初からうまく描かなくても、なんとかなるもんです。

正の字を描いて数えていましたが、100円ショップでカウンターを売っていると聞き、買ってからとても楽になりました。 100円以上の仕事をしてくれています。

それにしても100円ショップというところは、企業努力でたくさんの商品があるもんです。 すべてがいいとは思いませんが、これが100円? というものもあり、昔は何百円、何千円としていた物がアジア製造などで、安くなりました。

でも、安いのを喜んでばかりいられないのが、経済社会のヘヴィーさ。 今までは、今でもか、経済中心で来ちゃったゆがみが出てるようですが、やはりすべて「人間中心」になって欲しいもんです。

「経済のための人間」「会社のための人間」「社会のための人間」「国のための人間」から「人間のための経済」「人間のための会社」「人間のための社会」「人間のための国」へ。

国があったから人がいるんではなくて、人がいたから国を作ったんだから、国の人、勘違いしては困るよ。

まあ、最近はこのように政治、経済の話もつい、出てしまいます。 一番、嫌いな世界だったんですが、若い頃は。

台風来とる。 しかも7月最大とか・・・。 明日、東海地方に接近。 明日夜、オイラ、名古屋に車で出張です・・・。

真正面から台風に特攻隊。 う〜ん、気が重いね。

2011−07−19 19:21

Posted at 2011年07月19日 19時21分33秒  /  コメント( 0 )

積層ガラス試作です。


すこ〜し、へばってきました。

写真はあるデザイナーの要望でのサンプルです。 5ミリガラスを5枚、クリア接着、積層にし、違うカーブを出してます。

ここまでならば比較的楽なんですが、それを右のように合体できるようにカーブを合わせなければなりません。

しかもガラス同士がくっつくと、小さくチップしますので離しますが、きれいに空きを揃えることがむずかしい・・・。

このサンプルは200x300ミリが2セットですが、計画のアートガラスは、ワイド6500ミリ、6.5mx高さ2300ミリ、2.3mですので、小さな試作でOKでも大きくなるとそうもいきません。

でも、やった事がない仕様は、空論より試作してみるのが一番問題点が明確になるので、当工房は試作させてもらいます。

最近は、今までと違った仕様のアートガラスが目立ってきましたが、若いデザイナーの発想、要望が、今までとは違った視点からデザインするということも大きいと思います。

アートガラス、エッチングガラス業界に長くいても、それぞれ特注の仕事なんで、いつもその仕事に対しては初心者なわけです。

若い人から見たら、年齢がいっている人は人生のベテランと思うでしょうが、違います。 だれでも1度きりの人生なので、その年齢は初心者。 しかもしんどい事に年齢重ねてくるほど、問題も大きく、広くなっちゃう。

若い頃は自分と親、友人らの問題が主でしたが、結婚し、家族ができ、後輩が出てくるなど、だんだん半径は広がってきます。

こどもの頃なんて、起きて学校行って、遊んで、ご飯食べて寝る。 これでOKだったんですがね。 風呂入るだけでも、中で遊ぶ事しか考えなくても良かったんです。

知識は基本ですが、知識によって知恵を出し、でも、あるときは知識が邪魔をしちゃうこともあり、いつも頭の中はガラス関係のことでぐるぐる。

欲しいのは洞察力と感受性。 これがなかなか身につかないんだな〜。

2011−07−14 19:18

Posted at 2011年07月14日 19時18分55秒  /  コメント( 0 )

オタク的なエッチング...

O女史からマニアックな旅のお便りをもらいましたので、こちらもマニアックな仕事を。 う〜ん、マニアックと言うよりオタク的かな・・・。

アニメキャラの下準備です。 100年前のアンティークステンドを修復しつつ、このようなアニメキャラを120ヶ、同時進行です。 

上の白いのが原稿、1枚ちょっと大きいのを描いて縮小し、コピーで増やします。 最初の原画は手描きで描かないとなりません。 文字もオリジナル体なので手描き。

それを透明フィルムに焼いてもらいます。 ここからは外注、フィルムは2枚、ネガとポジが出来ます。 ラインが黒いこちらがポジ。 ネガはラインがクリアで背景が黒。

そして、そのフィルムを特殊な液体を使い、彫る用のマスクを作ります。 それが下の黄色いもの。

これをアーサーマスクと言います。 原料を作っているのは旭化成。 本来は活版印刷の変わりになった製品です。 一文字ずつ文字を並べていたのが、今では文字をフィルムにして、特殊な薬品加工で、印刷用の文字が出来上がります。

それを改良して流用したものが、エッチングガラス用のもの。

あまり他の工房では、このような制作過程は見せたがりませんが、当工房は見せちゃいます。 重要な事はこれに絡む技ですので、この技はなかなかお披露目しませんけど。 ご飯の種ですから。

広告で「あなたもアートガラス工芸家!」 という文句で営業しているものは、このようなマスクを作る機械とサンドブラストマシン、そして2〜5日の講習で何百万円、という内容です。

問題は、マスクを作る機械が小さいので、あまり活躍できません。 機械自体も100〜200万円くらい言われます。 また、マスク材も買わされるのでお高いものになってしまいます。 我々は、プロ仕様のマスク専門会社に頼みます。 A3の倍、A2サイズで数千円。 必要な時に必要なだけですみますよ。

サンドブラストマシンは、前にも書きましたが100〜300万円と言われるけど、まず建築インテリア仕様の彫刻では厳しい装置。(まず無理だと思います。) オイラたちに組ませれば、超深彫りのできる設備が50万円くらいで出来ます。 しかもでっかいガラスが彫れる設備。

最後に2〜5日間の講習では、無理・・・。 多くの人がアートという言葉の誘惑に誘われちゃうんだな。

お医者さんに例えればわかりますよ。 2〜5日間の講習では手術はできないでしょ。 国家資格ですが、お医者さんも職人ですから。

でもこのような広告は違法ではないんです。 ひとりでも2〜5日間で食べれた人がいるとなったら嘘ではないのですから。 そのひとりが「さくら」だとしても立証はむずかしい。 最後は説明を聞いて判断した個人責任と言う事。

このような相談を受けますが、出来るだけのアドバイスはしますがそれ以上はその人次第。 

どうすれば仕事とれますか?  ってそれがわかれば苦労しませんわ。

どの仕事も現場で這いずり回って、冷や汗流さないと無理な事、いっぱいあるんじゃないかな。

2011-07-13 19:34

Posted at 2011年07月13日 19時34分52秒  /  コメント( 0 )

トルコからのうれしい...


O女史がトルコからエアメール送ってくれました。 いつもありがとさん! 

今度はノアの方舟がたどり着いたという国境近くからです。 マニアック! どこ? 字も読めん・・・。

前にも書いたように、時間と予算には限りあるので、自分がいけないだろう世界を教えてもらい、うれしいです!

オイラはここには、まず行けないだろーな。今、行きたいところは、チェコのプラハ、ロンドン、イタリアのヴェネチア、フィレンツェもう一回、サンフランシスコが候補です。 古代文明は任せた!

Hさんなんて、行きたい場所、全部南国のリゾート地中心。 ガラスはあんまり無さそうなところ、ばっかり。 暖かいんで窓ガラスなくてもOKなところ。

エアメール、出してくれたのが6月23日ってあったけど、届いたのは今日、7月12日・・・あの辺の人、時間間隔がゆったりそうだもんね。

また、マニアックな場所からのお便り、楽しみにしてます! でもけっこう危険地域っぽい場所好きみたいなんで、くれぐれも気をつけてちょ!

オイラが一緒なら酔拳で守ってあげるんだけど。

な〜んちゃって。

2011-07-12 20:27

Posted at 2011年07月12日 20時27分50秒  /  コメント( 0 )

アンティークステンド...


100年前のアンティークステンドグラスの修復、全体の65%くらい、枚数にして65枚くらい出来上がってきました。

が、皆の性格上、修復しやすいステンドから入りますので、だんだん修復がヘヴィーなものが残ってきています。

写真のステンドグラスは有名な教会についていたもので、外国映画のシーンでも写っているとのこと。

木製の飾り柱にとりついたままですので、まずステンドグラスをとるのですが、これが良い木を使っているので、硬い! K君とT君でステンドグラスを外すだけで2日、かかりました。

またステンドグラスは100年前なので、セメントみたいなものでバッチリ、くっついてます。

このステンドグラスは外部に面していたようで、風圧で大きく膨らんでおり、雨と陽射しで鉛部分がもろくなっています。

もうボロボロ・・・ これを修復中ですが、どこまで修復できるか、全員で頭ひねって技使って、頑張ってます。

2ヶ月前に修復に入ったときは、まだ時間あるぜ! って思いましたが、今はもうやばいぜ! になってます。

自分は、夏休みの宿題を計画通りにやってこなかったタイプなので、大人になってもあまり変わらんな、と思います。 9月2日まで宿題やってたもんね。 絵日記なんて天気がわからん・・・。

スパートそろそろかけないと、と思いながら、マンデーブルーなんでもう帰ろうかな。

「じゃあ、明日にすれば!」 ほら、もうひとりの自分がささやいている。

2011−07−11 18:45

Posted at 2011年07月11日 18時45分34秒  /  コメント( 0 )

こども館のカラーエッ...


ある、こども館のエッチングガラスです。 エッチング技法のあとに彩色加工をしています。

デザインは、四角形を組み合わせてクジラやゾウ、ワニ、犬などをデザインしています。

小さな子供が使用する場所ですので、シンプルな形でさらに色が着いていますと、反応良くしてくれるわけです。

このようなデザインは、我々にはもうちょっと無理・・・ピュアな心でないとデザインできません。

大人になっていろいろな体験をして、もうねじれまくりですから・・・ 竹を割ったようではなく、盆栽の松の枝のようですから・・・ね。

ですのでこのようなデザインを制作する時は、心洗われるようです。

エッチングガラスに彩色、という要望に答えるには特殊な色材を使います。 若い頃に見つけるのに、2年くらいかかりました。

しかも扱いやすく、早く乾燥、定着して、剥がれてはダメ。

この条件はかなりクリアするのが厳しい内容ですが、クリアしました。

でも色は20数年、制作していても各自の好みがむずかしい・・・。

オイラはどうしても派手。 ラテン系になってしまい、抑えた色でも組み合わせが苦手なようです。

2011-07-08 19:19

Posted at 2011年07月09日 13時36分35秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ