メインメニュー

納骨堂エッチングガラス(納骨堂アートガラス)

納骨堂エッチングガラス(納骨堂アートガラス)

お盆期間中なので、先日設置しました納骨堂第三弾のエッチングガラスのご紹介。
場所は夏の湘南イメージ真っ只中の街、茅ヶ崎です。

湘南イメージもこの時期、テレビでは盛んですが、湘南と言っても地域カラーがまるで違います。
大きく分けて、メディアがイメージする湘南は、茅ヶ崎〜辻堂、藤沢。

鎌倉〜逗子の連中はあまり湘南とは言いません。大磯〜小田原も同じ。

葉山はまた違うカラー。海岸線続きの横須賀にいたっては、まるで湘南カラーはなし。この街は半分アメリカです。

そして各地域の人のカラーもまるで違います。


寺院のデザインは蓮関連が多いのですが、ここにも好評のカエル君を彫りました。

好評なデザインは定番になります。
よく同じデザインは二度と作らない、というところもありますが、我々は作家でなくて職人なので、好評なデザインは定番になります。

それにこの世界に30数年、大小合わせて年間250〜500物件ですと、トータルで7000〜15000物件で全部まったく違うデザインは無理。
新規デザインでも過去の好評なものをベースに考えていきます。


お寺はセミの声がこれぞ夏!という感じ。夏のお寺は緑が多くて、子供のころは寺社仏閣が遊び場でもあったので、なんか良い感じです。

お盆あたりからトンボが目立つようになりました。
地面に落ちているセミ君も目立つようになりました。

足が開いているセミ君はまだちょっと息があります。
足が閉じているセミ君はもうだめです・・・

本当の セミ・ファイナルです。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年08月15日 15時30分09秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*