メインメニュー

桜のエッチングガラス(フューネルラルアートガラス)

桜のエッチングガラス(フューネルラルアートガラス)

フューネラル、葬儀関係のエッチングガラス、ステンドグラスが、4物件続きます。

今回は大きなお寺の納骨堂の扇状のアートガラス。
このお寺はこれで3箇所目です。ありがとうございます。

石とガラスは愛称がとても良い素材。金属、特にステンレスもガラスとは相性が良いです。
愛称とは、見た印象のこと。

店内装飾とは違い、外部のアートガラスの場合のデザインは、大胆な中に繊細さを入れたほうがよろしいかと。

店内では近くからゆっくりと観察できますが、外部の場合は離れた場所からの観察となります。
ですので全体的なイメージは大胆でシンプルのほうが彫刻が活きます。
その中で繊細部分を作ると、全体感が落ち着いてきます。

もうひとつは彫刻を深くすること。
太陽や月の光で彫ったエッジが光、引き立つように。

彫刻が浅いと、ガラスが大きいほど薄っぺらな印象となってしまいますので。

この桜も花びらが大胆でシンプルなデザイン、でもおしべはデザイン的ですが細かく。
花びらが160個くらいあるので、細かいおしべをひとつひとつ大変ですが、完成すると全体感に深みが出ますので、大切な作業。


近年、墓石や集合納骨墓などでガラスが多く使われるようになってきました。
とても興味あり、うれしいことです。

我々は建築アートガラスの世界が長いので、建築関係での経験がとても役に立っています。

ガラス材の種類や加工、技法方法、そして外部なので問題がある点や風圧に対してのガラス強度などなど、建築業界で苦労した点がお宝となっています。

それにガラス材などを初めとした、様々な専門メーカーとのお付き合いも財産です。

いつか、日本古来の伝統彫刻の欄間をガラスで表現できるのも、目標の一つ。

そうしたら、富山の井波という町に久しぶりに視察に行きたいものです。
夏の岐阜県から富山県の奥深い山の景色は最高です。(しばらく行けていませんが・・・)

♪〜木曽は〜山の中ですぅ〜誰もぉ来やしません〜♪
☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2017年07月29日 19時03分57秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*