メインメニュー

サモトラケのニケ、エッチングミラー(建築用店エッチングミラー)

サモトラケのニケ、エッチングミラー(建築用店エッチングミラー)

先週に説明しました薬品処理前のマスキングしたガラス。


薬品処理をしてマスキングを剥きとこのようになります。
シルキーなケシガラス状態と透明。

このシルキーなケシの薬品が出来ると表現方法が広がります。
このあとにまだまだ彫刻加工を足していきます。

このベースが出来て、全体の30%くらい。


先日 もう10数年前に作ったエッチングミラーを打ち合わせの街で久しぶりに見つけました。
写真の写りが悪いですが、けっこう大きなエッチングミラーです。

高さは2mくらいあります。額縁も20cm巾くらいあります。
階段上なんで、皆で足場悪い状態で取り付けた思い出があります。

ガラスを取り付けるときに階段上がよくあるのですが、階段の形はけっこう厄介。
すごく高いときは、自分らで木材をその場で作ってフラット状にします。
このほうが安全で仕事は数段、やり易くなります。
苦労して考えるよりも、木材でフラット状に作ったほうが早い。

F の字はミラーのままで、ベースを上の写真と同じようにシルキーなケシでマット上にして、サモトラケのニケを彫刻しています。

大理石の本家、サモタラケのニケはルーブル美術館の入り口正面の階段上に設置されています。
もう30年以上前に初めて見たときは圧倒されて、本家は思った以上にでかく迫力満点。


いつも思うのですが、数百年前に軟らかいとは言え電動工具も無い時代、よくぞあれだけの彫刻や建物を作れたものです。

日本でも同じように五重の塔などの寺社仏閣建築もうなることばかり。
七重の塔もあったそうですが、崩れたって言っていました。

昔の人より現代人のほうが優れているなんてイメージは間違い。

各時代、各分野で一部の天才が時代を引っ張っていった、という説、オイラはこの説にかなり納得しちゃってます。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年04月17日 19時46分07秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*