メインメニュー

十字架のアートガラス(結婚式場アートガラス)

十字架のアートガラス(結婚式場アートガラス)

大分県に出発した十字架の設置完了の写真をいただきました。
SJ社、K女史、ありがとうございます。

このように全体像の写真ですとやはりイメージイラストよりも現実感が良くわかります。
この十字架の壁面は滝になります。



苦労した取り付け方法も無事に納まり、良かったです。

壁面は斜めになっており、十字架が120ミリ出っ張る仕様でした。
難しかったのは、この十字架はキリスト式の挙式のときだけ設置されて、他のときは取り外されること。
ですのでスタッフさんが容易に取り外せて、なおかつ安全に取り付けられること。

チームの金属制作のR工房さんが良い仕事をしてくれました。



ステンレスの十字架にハイクリアガラスを接着。

よくガラスの十字架のリクエストがありますが、我々の仕事は大きい十字架の要望ですので、ガラスだけでは安全面でお断りします。

短期間だけ安全であればガラスだけでも可能ですが、これから数十年単位で使うことを考えたら、やはりこのようなステンレス材の芯は必要。




十字架は大きさワイド60センチ、高さ1mですので、かなり重いです。
男性2名で扱うようになります。

ガラス色のアクリル材だとアクリル単体でもOKですが、アクリルは外部使用では弱い素材なので室内に設置の場合はガラス色のアクリルも要検討です。

アクリル材は専用の特殊な技法なので、ガラス屋では加工できません。
アクリル屋さんがガラスを加工できないのと、同じこと。

アクリルはガラスに比べてわたくしのように傷つきやすいので、扱いに注意。
すぐに傷ついちゃうもの。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2017年04月03日 18時38分13秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*