メインメニュー

ガラスサイン(建築用ガラスサイン)

ガラスサイン(建築用ガラスサイン)

ガラスサイン関係のエッチングガラス、今年納めました何点か、ご紹介。

良く書きますがエッチングガラス関係の仕事を進めていきますと、必ずサイン関係、いわゆる看板的なガラスの依頼があります。

ただ最近はカッティングシート、フィルムの文字がマシンカットできるので多くなりました。
ビルの入り口の共同の社名や店舗の名前はほぼフィルムです。

大きな理由のひとつは、共同スペースでは店舗などが入れ替わるときに容易に貼り直しができるということ。

文字、特に日本語は生まれてから毎日見ているため、皆さんの目はプロですのできちんと表現しなければなりません。
ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットの文字にはいろいろな決まりがあるので、こちらは勉強するしかありません。

自分のデザインの入り口はグラフィック関係のレタリングがスタートでしたので、当時は授業は退屈でしたが現在は助かっています。
現在はこの課程は絶滅したようです。

でも40年も前からすると、いろいろなフォントが増えました。それにPCである程度出てくるので、仕事は早くなりました。
むか〜しなんて手書きですから。
でも現在も多くはハンドカットなので、手書きと同じかな?

今回は彩色したガラスサインをまとめました。




白や黒はじめ、単色は比較的に容易ですが、色を調色して表現するのは経験が要ります。

調色した時の色とガラスに彩色して固まった色とでは、少し色のトーンが暗くなるのでパステルカラーなどは気持ち、薄く仕上げて彩色します。

こちらのグラデーションになるとレベルが高い仕事となります。



アートガラス、エッチングガラスを希望する方の多くは、植物や飾り模様が印象に強い傾向ですが、仕事を進めていき,サイン関係や人物の依頼がありますと結構あわててしまうようです。
毎日、目にしているものは誰でも自然と評価が厳しくなりますので、当然です。

制作して反省して、また制作して反省していくの繰り返しでレベルを上げてゆくしかありません。
一度納品しますと極端な話、永久的に残りますので。
ガラスは腐りませんから。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年03月08日 23時50分46秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*