メインメニュー

音符のステンドグラス墓(フューネラルアートガラス)

音符のステンドグラス墓(フューネラルアートガラス)


この夏、制作紹介をさせてもらった音符ステンド墓の完成写真です。

なんだかんだと仕事に追われて、夏からもう秋になってしまいました。デザイナーMJさん、お世話になりました。


このステンドグラスは風で動きますので、さらにかわいいイメージ。動くことでステンドグラスプラスアルファで価値がより増します。

努力したやじろべえのバランスも取れました。またこの大理石の形も印象的でした。石ってこんな形にぴかぴかに磨けるんですね。・・・やしろべえって誰だろ?

このような素敵で清楚なデザインは女性の感性でないと、なかなか形には出来ません。

我々の仕事はご注文された方のイメージを形作ることですので、こころは常にニュートラル状態にしておきたいと思っています。

ニュートラル状態であれば、どのようなご要望デザインも入り口は開けやすくなります。

今、携わっている仕事も、100年前のヨーロッパアンティーク、ハワイデザイン、童話風デザイン、日本庭園の風景デザイン、寺院での墓石に使うガラスデザイン、おしゃれなビューティーサロンデザインなどと多種多様のガラス。

でも全部、興味があります。だから世界中、日本中、行って見たい所だらけ。

この間、何気にやりたいこと数えていたら、あれ?寿命が足りない。

作家ではないので、独自の作風はありませんもの。例えれば、他人の歌をより良く歌っちゃう「ジョー・コッカー」のようになりたい。

「ジョー・コッカー」中学生のとき、深夜放送で聞いて依頼、好きなひとり。お互いにもうヨレヨレ。
(ここ最近、気にしてなかったんで気が付かなかったけども、コッカー先生、お亡くなりになりました。またおひとり、好きな方が旅立ってしまった。)


話は変わり、昨今テレビでは豊洲問題初め、様々な事件がまたまた増えてきました。

皆が、誰が悪いと言ってるとぐるぐる回って誰も良い人はいなくなるわけで、「俵越山先生」のように、多くの人が感じれば、もっと愉しい世の中になると思うんだけども。

入り口はこう感じて、勉強していけば世の善悪はたいていわかってくるはず。

大切なのは「せいかも、の かも」 けっして私のせい、ではなく、「かも」で考えていけばステップはアップすると信じたいっす。

やっぱ、越山先生に会いたいわぁ。





☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年10月05日 19時44分43秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*