メインメニュー

茶道具のアートガラス

茶道具のアートガラス


茶道の師範のご依頼で波と龍のエッチングガラスを納品しましたときに、追加でご要望いただいたたばこ盆です。

茶道や華道はまったくの不勉強で、知識がありませんので質問しながらの制作。

波と龍、そしてたばこ盆、3点 気に入っていただけてよかったです。ガラスに彫刻できることがわかっていただけたので、次回にも制作したい、とおっしゃっていただき、恐縮です。




当工房は熱を使わない技法なので、器関係などは主に削りだして接着します。ガラス小口を接着するのはかなり気を使う作業。出来るだけ気泡などが無いようにクリア接着が基本。

熱を使うガラス仕事をホットワーク、熱を使わないガラス仕事をコールドワークと言います。
当工房はコールドワーク。

この季節、溶かしたガラスを吹く仕事は過酷そう。夏場は気温の低い早朝から塩を舐めながら作ると言ってました。
寒ければ着込んで動けば温まりますが、暑いのはやばい。元氷屋なので寒いのは踏ん張れるけども、厚いのはへばります。

最近は机で出来るバーナーワークという技法が全国で増えてきました。
トンボ玉やアクセサリーガラスを作るのが主流ですが、比較的に小規模の設備で家庭でも出来るのでけっこう盛んなようです。

ステンドグラス初め、吹きガラス、バーナーワーク、サンドブラスト、エッチング彫刻などのスクールも全国にあります。
当工房にもよくお電話でスクールの問い合わせを頂きますが、申し訳ないことにやっておりません。やはり建築の世界のアートガラス関係に携わっていると納期に追われ、またイレギュラーな仕事も多々入ってきますので、もう建築アートガラスのみに集中するしかありません。

ですので知り合いのスクールをご紹介しています。




先日、HRさんデザインの器、好評につき追加注文いただきました。
けっこう手間がかかるので本日からU氏、中心で制作に入ってます。工房内はステンドグラスのガラスピースが2000ピースくらい、置き場所を工夫しながらカット中です。

その置き場所の間でエッチングガラスも進行中。今のエッチングガラスは大きさが手ごろなのでスペース的には助かります。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  



Posted at 2016年07月28日 18時50分22秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*