メインメニュー

公共オブジェ(建築用アートオブジェ)

公共オブジェ(建築用アートオブジェ)


ステンレスに花模様をけす加工の依頼が春にありましたが、完成したようです。

赤坂プリンス跡に新しくオープンした施設の広場に設置完了とのこと。
写真を見ましたら、思った以上になんかいっぱい、くっついています。もう中のステンレスは近くでないと見れません。

素材と加工だけの仕事で全体像は不明だったので、完成イメージはわかりませんでした。

これ、昨今の強風や台風に耐えられるように設計されているのでしょうが、大暴れしないだろうか・・・と人事ながら気になってしまった。



加工したときは結構大きく重いステンレス板でしたが、青空の下ではとても小さく感じます。
まあ、近くに行ったとき、寄ってみます。




公共的なアートオブジェですが、ここ20〜30年で増えてきました。立川などは街じゅうにあります。でも海外の作家ものが目立ち、なぜに日本の作り手をもっとプッシュしないのかな、と残念になります。

そしてストレートに言うと邪魔なだけ、と不評のものもあるようです。大きなものだけに、街との調和が非常に難しい仕事と思います。
決まればとてもかっこいいのですが、抽象アートは非常に難しいであります。

多くは抽象的なものですが、福井駅では恐竜のオブジェ、そして鬼太郎やガンダム、鉄人28号、銀河鉄道999、おっと有名なサザエさん一家などなど、多くのアニメキャラが全国に設置されています。

やはり日本が誇るアニメ文化、多くの人が子供のころから影響されているんでストレートに楽しめるオブジェです。

ボツボツですがガラス素材の公共アートオブジェも作るようになりました。ただし金属とのコラボです。金属で強度を出せば、ガラスは想像以上に強い素材です。

でも外部でのガラス仕事は建物内に比べると条件が過酷なので、ノウハウがまったく違う。

昨今の大風や大雨でもご自宅の窓ガラスはまず割れないでしょ。窓ガラスは基本、5ミリの厚さ、でも四方が飲み込まれていると(額縁状態)ガラスはかなり丈夫ですよー。
昔の家は3ミリ、だから雨戸がありました。今の家はまず雨戸、無いものね。

日本一、有名な公共オブジェは忠犬ハチ公なんだろな、やっぱり。

おっと「これは誰ですか?」と奥さんが言った、西郷さんも忘れてはいけません。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年07月27日 19時55分28秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*