メインメニュー

本家 ニッカウヰスキーステンド(建築用店舗ステンドグラス)

本家 ニッカウヰスキーステンド(建築用店舗ステンドグラス)


北海道の打ち合わせから足を延ばして、いつか行ってみたかった余市へ思った以上に早くに行くことが出来ました。
朝の連ドラはまず見たことがなかったのに、マッサンはHRさんが見た関係で初めて連ドラを見て、かなり感動したものでうれしかったであります。エリーが旅立つシーン「手を離すなよ」のセリフに、柄にもなく涙ぐんだりしてしまったボキ。

マッサンとエリーはあの時代にこの場所で、ここまで礎を築いたことに改めて感動です。そして案内してくれている社員の方々も、自分の会社に誇りを持って愛していることが伝わってきます。建物から始まり、たくさんの素敵がありました。

ウイスキーを飲めない二人がかなり感動したので、お酒好きな方にはぜひにお勧めです。

それにしてもこの季節の北海道は、真冬とはぜんっぜんちがう!梅雨がないのでさわやか!お花に妖精が飛んでいるよう。
もうマイナス15度の北海道には行けまっしぇん。後ろに死神が立っちゃってます、鎌もって。

あまりに寒いんでカメラのシャッター、おりませんもんね。聞いたらカメラも寒冷仕様でないとダメ、とか言っちゃってました。



本家、出ました。

でかいです。高さ1,5mx幅1,3mくらいのステンドグラス。顔なんてざぶとんくらいあります。
鉛は平ケイムを使っています。使用しているガラスは数社のガラスですが、結構高価なガラスもふんだんに使われています。

「これだけ大きいと制作しやすいんだけどねぇ〜」とHRさん。ステンドはガラスピースをハンドカットで削り組んでゆくので、小さいと精度を出すのが大変です。



ニッカステンドを2枚、制作しているときに不明だった帽子の飾りかな?の部分、わかりました。
昔に販売されていたホワイトニッカのラベル、逆向きです。帽子の反対側、よ〜くわかりました。なんかとっても、得した気分。



これでまたニッカステンドの依頼があったときには、より詳しくレベルアップできます。

まだ、予定はありませんが・・・よろしくお願いします。と何気に営業。

このおじさんの正体もわかりました。それはまたの機会に。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年07月22日 20時10分50秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*