メインメニュー

アートガラスのひとつの方向性(フューネラルアートガラス)

アートガラスのひとつの方向性(フューネラルアートガラス


早いもので2〜3ヶ月前に既存のガラスを補強しに行った公園墓地です。
こちらの墓地は公園イメージで、どこもすごく素敵な空間を演出しています。気持ちがいいです。
この会社のデザイナーの方々は墓地の新しい形を作り出しています。イメージをより良い形にすることが我々の仕事。


アートガラスやエッチングガラス、ステンドグラスと墓石のコラボレーションをさせていただいていますがまだまだ新しい分野ですので、苦労もありますがやりがいのある仕事でもあります。





本日は横浜の結婚式場で使用している特殊な板ガラス材を階段手上げしてきました。担当した会社が今はもうなく、他のアートガラス関係で長くお付き合いいただいている関係で定期的に当工房で搬入します。

3mx1mの100キロ近いガラスを階段の壁、隙間2センチほどで回してあげていきます、13階まで。でも現実、7名で2枚が限界、特に本日のような暑い日は2枚が限界。2枚で心、折れます、ポッキと。
安全に持ち上げるクッション材など下の階から上の階に移動して、また下の階に戻り上の階へと移動するんで13階を倍動き、2枚なので13階x2枚x2倍で52階分・・・!

52階階段上るだけでもしんどいのに3mの100キロのガラスをぎりぎりで持ち上げていくんで、体力と気力が2枚でカラ。

暑くない冬だったら3枚はいけるんでないかい?・・・ってやはりヤングは怖いもの知らず。

やはり人間は平地が一番。

ですので帰社して予定の仕事に入っても、特に下半身がだる重で思ったようには進みませんです。6名の若手に混じって、おいちゃんはやはり体力不足を感じる。

でもって「俺が20代だったらひとりでいけるんだけどもね」と口だけは元気なこと。

しかし、結婚式やこの記事の墓地関係の仕事は、その方々には生涯で大切なことですので、裏方はがんばらなければいけません。

仕事は喜んでもらうことがすべて。そうすれば自分もうれしくなりますからね。自分がうれしくなれば、まわりにもうれしい光線を浴びれます。

逆に言えば、どんなに努力しても喜んでくれないのであれば、その仕事からは手を引いたほうがお互いのため。

喜んでくれる方々を探す努力にエネルギー使ったほうが、価値があります。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2016年07月04日 19時17分01秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*