メインメニュー

ホットガラスアートワーク(建築用アートガラス)

ホットガラスアートワーク(建築用アートガラス)


インテリア空間に設置されました、FJ社NGちゃんのホットガラスアートワークです。

溶かしたガラスを造形して壁に取り付けています。ベースは透明ガラスですが光が屈折して美しい。

我々の仕事はやはり 和 が無意識にあるので色がないことが多く、色を使っても強い色よりも薄い色系が好まれるようです。

色サンプル帳の「DIC」という全国共通の物がありますが、その中で「日本の伝統色」というサンプルは素晴らしいです。侘び寂びや雅感があります。色の名も植物など自然の物からが多いです。子供のころから慣れ親しんでいる小麦色や橙色などなど。

「フランスの伝統色」や「中国の伝統色」のサンプル帳もありますがお国柄が感じられて興味深いです。こちらもオリーブやオランジェリーなどですので古来の人たちは自然界の物から色を作り出したことがわかります。

ホットアートガラスを壁に設置する方法は下準備計画が必要です。前回のアドバイスが功をなしたようで今回もきれいに納まったようでよかったよかった。

いつも書くように最重要は安全。設置されてからも数十年間、安全でないとまずいです。

色がないガラスに少しの白が品良く、いい感じです。



その点 アメリカは派手め!
しかもアートガラスの花が天井に目いっぱい。ひとつ30センチから60cmほどあります。

残念ながら日本ではまず計画されません。地震国であることとともに精神的な要素も大きいと思います。

このアートガラスを見たときは一番に取り付け方を見ました。うむうむ、なるへそ。

やっぱりアメリカはアグレッシブだわ!






☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2016年03月03日 18時50分58秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*