メインメニュー

曲げガラス加工 (建築用インテリアガラスアート)

曲げガラス加工 (建築用インテリアガラスアート)


エッチングガラスやステンドグラスのアートガラス関係の紹介では、どの工房も見栄えのする仕事中心で載せています。スペースの都合上、仕方がありません。当工房もそうです。

建築業界のアートガラス関係ですと、アート的な仕事オンリーとはいきません。まあ、中にはガラス作家というスタンスでやられている方も少数いますが、多くは自称。

我々はガラスクラフトマンなので一見地味に見えるガラス加工もこなします。でも派手も地味も同じお客さんからの注文なので、これはできる、あれはできない、なんてことはないわけです。

今回は曲がっているワイヤーガラスの内側に20ミリエッチングラインを5ミリピッチで作る仕事。



曲げガラスは持ちにくいだけで思っている以上に丈夫です。
ただしきれいなアールに曲がっているわけではありません。見た目にはわからない曲がりのゆがみが20ミリライン上に出てきます。左右20ミリでも真ん中のゆがみによって、18ミリだったり22ミリだったり。

そこは手加工の過程で修正していけばいいわけ。ですので平板状のガラスだと一人仕事が曲げガラスは二人仕事。時間も3〜4倍は必要です。



曲がっているカット定規はないので、道具は工夫していきます。それは各工房、秘密。

ガラスを曲げる会社は曲げる専門で、様々な大きさのアールを曲げています。今回の曲げガラス会社、TZ社さんとはもう30年来の付き合い。

ですのでアートガラス関係で、曲げガラス会社と直接相談できる環境には大変、助かっています。ガラスを曲げる技を持っているとアートガラスにはとても役立ち、心強い。

以前にガラスS字に何百枚も曲げて、ガラスの瓦状を5m位、積み上げましたっけ。。厚いガラスは通常きれいにS字には曲がらない、という状態を数百度の窯の中に耐火服着て、きれいに曲げてくれたこと、今でも感謝です。TZ社長、ガラス曲げることに命、はってます。

TZ社長、これからも曲げガラスの相談、よろしくお願いします!

このようにアートガラスと言っても、制作だけがイメージされますが、まず様々なガラス材が入手できるかが第一歩。ガラス材が無ければ作れません。

曲げガラスや強化ガラス、合わせガラス、フィルムガラス、タペストリーガラス、ステンドガラス材、輸入板ガラス材、当然通常のガラスやミラー、面取り加工などすべて専門会社が違うので仕事を進めていく上では極端な話、認めてもらえないとなかなかスムースには扱ってくれません。

ざっと数えて各特色あるガラスメーカー、当工房は10数社はあります。

認めてもらうことで大切なのは、汗をかいて動いて会うこと。最初っから電話だけでは各職人さん、冷めたまま。逆に汗かいて頑張っている人を応援してくれない人はエンガチョ。無理に付き合ってもいいことありませんよ。

と書きながら、今年も暮れていく。我々も今年はあと1日、頑張りましょう。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆


Posted at 2015年12月28日 19時42分58秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*