メインメニュー

エッチングミラー完了です。(建築用インテリアエッチングミラー)

エッチングミラー完了です。(建築用インテリアエッチングミラー)


銀座クラブのエッチングミラー 設置完了です。今回はクリアミラーでなく、ダークミラーという種類を使いました。

ミラーには 通常のクリアミラー、でも本当は少しグリーンかかっています。ですので白などは少し薄緑に見えます。

白が白に見えるハイクリアミラーというのも近年、出てきました。女性の顔色などきれいに映るミラーです。

この他にブロンズミラー、グレーミラー、グレーの濃いダークミラーの5種類がメインです。
この3種類は主に装飾的に使われます。

通常のクリアミラーに比べて、あとの4種類は少々お値段が張ります。おいらはブロンズミラーが結構好きです。





今回はミラー面のみ、リニューアルでしたので既存のミラーの上にエッチングミラーと面取りミラーを重ね貼りしました。

この面が8か所です。エッチングミラーを貼る前に比べて、さらに華やかになりました。

貼る前の写真どす。




店内写真、妖艶な空気感がアップしました。




ここ数回、質問があったのでアーティストのお話を書きましたが、このお話は書くほうもかなり疲れを感じますので、この辺でまとめて書くのはひとまず終わろっと。

アート関係の話が疲れるのは、「アート」ということを100人に聞けば、100通りの意見が出るように「これです!」という定義がないこと。

100通りの定義は解釈の高低こそあれ、すべて間違ってはいないことですので、文章でアドバイスを書くと疲れるわけです。

ですのでこれからは質問者とのマンツーマンでの意見の交換という方法をとることにしませう。そのほうがその人に合わせた、より真剣なアドバイスができます。

でも広い意味で「アート」の世界はやはり魅力的で面白いですよね。ただし目指すのはなんだか大変でしんどそう、となるので最近の専門学校の生徒募集キャッチコピーで「アーティスト」は少なくなってきました。

最近は「クリエーター」という呼び名が主流。ゲームクリエーター、映像クリエーターとか。

おいらはクリエーターの仕事内容は詳しくはないですが、「なんだか辛い修行しなくても、感覚やセンスで、周りを動かせそうなイメージでないかい、なんかアートっぽいし」と思う若者が多そうな感じ。

学生さんは学校にとって授業料を払ってくれるお客さん、仕事はお客さんからお金を頂くこと。払う立場から頂く立場、180度、さかさま。おいらなんて今でも学生時代に戻りたいって思いますよ。残念なのはその学生時代には、恵まれている環境ということがわからなかったということ。

各世界を目指していくときに、あなたの仕事で動いてくれる人とともに汗を流し、苦楽を共有しないと動いてはくれませんよ〜、とくに職人はね。(説教じみててごめんね)


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー   ☆




Posted at 2015年06月03日 20時11分54秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*