メインメニュー

和風デザインのエッチングガラス設置(建築用インテリアエッチングガラス)

和風デザインのエッチングガラス設置(建築用インテリアエッチングガラス)


加賀 金沢、無事に行ってまいりました。

今回は高速道路も厚木から中央道へ、新しく開通したので以前より楽になりました。帰りは少し前に開通している飛騨方面からの高速で帰ってきましたが、すべて天気が悪く、真っ白な雲の中を走っている状態で景色もあまり見えずに、これだったらどこ走っても同じ、って状態。残念。

第一陣に搬入した高さ2mのハイパーテイション、14枚、設置完了でした。
今回の二陣は高さ1,4mのローパイテイションなど8枚。

現場はまだ戦争状態です。




両面のアート加工がきれいに出ています。今回はマスキングだけでも一枚につき、4回、計88回したので時間がとても必要でしたが、メンバーはじめ応援のYM氏HOちゃんと娘さん、スワロフスキー接着、ありがとうでした。おかげで他の抱えている仕事にメインメンバー、取り掛かれました。助かりました。




金沢なので金、使うプランでしたが金箔ですとお店ではどうしてもさわる方がいて剥がれやすいので今回は金粉です。この金粉はディズニーランドの指定の金色。

いろいろな金粉色、試しましたがディズニーランドの仕事の時に指定されて使った、この金粉が当工房ではメインになりました。

金沢の有名な金箔も10種類以上の金の色があります。日本は主に赤金色、中国は主に青金色。その間がこの中金色。

やはり、日本人ですので和風デザインはいいです。




時間的に余裕が取れない金沢でしたが、せめて名産でも食べようと、遅い夕食に入ったお店が昭和の時代がテーマのけっこうディープなマニアックな店。

地元の人のおすすめをお願いすると、「タンパク質を取るために、また冬は雪で閉ざされてしまうため、この地域でよく食べられていました、メダカやカエル。昔ね」と素敵な笑顔のお姉さん。

「・・・それ、ください」と笑顔にやられるボキとTU君。オーストラリアで食べたデカい芋虫よりは、まだイケルんでないかい?2回目はないけれど。

帰りの高速、9時間運転中に頭に浮かんだ、カニも白エビもブリも食べず、覚えているのはメダカとカエル、ってなんなんだ!


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆





Posted at 2015年04月07日 23時11分32秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*