メインメニュー

金沢イメージのエッチングガラスアート(建築用エッチングガラス)

金沢イメージのエッチングガラスアート(建築用エッチングガラス)


メジャーリーグボールのハードな制作が終わり、でかい積層ガラスも無事に完了しました。ですので制作段取りから遅れていた寺社のエッチングガラスでいっぱいいっぱいになって、やっと金沢のエッチンググラスアートの制作に入れます。

金沢っていっても横浜市のでなく、石川県の。今、新幹線開通で日本で一番、沸いてるところ。確かに関東圏の我々からは、少々行きにくかったわけで。

でも金沢の周りは日本伝統文化がとても多く、また特色があり、住みたいくらいの街です。
伝統文化が一番は京都、二番が沖縄、そして三番が石川県。

金沢の手前、松本、高山、飛騨や木曽などは30数年前からテントで寝泊まりして、夏はよく行ったものです。あの辺、最高っす。

朝はせせらぎでコーヒー作り、昼は深い山に抱かれて、夜は満点の星。深〜い眠りに入れます。

今回のデザインは金沢なのでもちろん和風で金を使います。2週間前までアメリカンデザインを調べまくり、今度は和風伝統デザイン。あっ、先日はハワイアンでしたばい。

作家でなく、職人なんで自分のモチーフなどありませんから。だから気が楽。

「職人気質という言葉はあるけれど、芸術家気質って言葉はないなぁ〜。あるとすれば芸術家気取りって言葉だな」って言っていた先輩を思い出しました。

エッチングガラスの彫刻でこのテクスチャー、模様はとてもグ〜!




特殊なラバーシート貼って彫るとこんな模様が浮かび上がります。

いろいろな場面に使えて、表現が豊かになります。でもどこにも売っていません。自分らで作ったオリジナル。ですので「デューテクスチャー」と呼んでます。



ベースを彫刻して、2回目のマスキングに今度は大柄な古典図柄の波を重ねていきます。




このエッチングガラスは両面彫刻なので、片面2回を両面で4回、マスキングしなければならず、畳ほどの大きさのものを23枚、今月中に完成させるために体に鞭打って、頑張らねければ。

他の仕事も同時進行ですが、今は仕事が読めません、というか読むのを後回し。
とにかく目の前の山を登らなくてはね。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2015年03月17日 18時45分20秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*