メインメニュー

ガラスに金箔文字

ガラスに金箔文字


正月期間ということで、めでたいイメージの金のお話を。「かね」でなく「きん」の話、ゴールドの方ね。

たまに金箔の文字の制作の依頼がきます。結論から言いますと、制作不可とお断りさせていただいています。

技法はわかるのですが、工房内はサンドブラストやステンドグラス、アートガラスの削った細かいものがあり、繊細な金箔貼りでは支障がきます。
金箔貼りにまずいのは埃と風。必要な道具では金箔をつかむ、専用の竹のはし。竹材は静電気がおこらないため。そして真綿。真綿どうするの?と思うでしょうが金箔の貼り方で調べてみるとわかりますよ。



昔の羽振りの良い日本の商店の入口、両開きの引き戸なんかには金箔文字、入っていました。

写真はアメリカンタイプのお店。アメリカンにデザインされると、金色もいやらしくなく、クールになります。ネオンサインがあるとさらに雰囲気、抜群。ネオンもガラスのカテゴリー。ネオンも今はLEDになってしまったけど、やはりネオン管の発色する光はまるで別物。ネオンの色には哀愁の物語りを感じられますよね。パリでは薬局以外、ネオンは禁止ですけどね。



金箔文字はやはり深みがあります。でも現在では良いフィルムがありますので、予算との兼ね合いで金箔文字はまず、作りません。そしてガラスの金箔文字職人も絶滅危惧種。

オイラが知っているガラスの金箔文字職人は25年ほど前にすでに高齢でした。その方、お一人しか知りません。ネットなどで調べればやっているところはあるのでしょうが、需要もたまにしかないので、調べたことはありません。

金箔文字は金箔を貼った裏から、エナメル塗料で黒い枠で囲み、クリアの保護材が金色の塗料を塗って剥がれないように保護しています。普通に布で拭けば剥がれませんが,強く爪でこすると剥がれます。

ですので外部ではもちません。外部は物にとってかなり過酷なもの。爪で擦ったら剥がれるではないか、ってクレームつきそうだけど、そもそも爪で擦るものではないので。工芸品扱いのもの。たとえば本漆とプラスチックの器の扱いは違う。同じく扱うほうが、無知というもの。それが文化ということ。

案の定、この金箔文字も爪で擦られて、部分的に剥がれちゃってました。

重ね目なく、金を張ることは難しいです。アートガラスで金箔を貼る場合は必ずしも重ね目を気にしなくとも良いデザインが多いので、もっと気軽にできますが、文字はそうは行かない。

金屏風なんて職人さん、すばらしい技と思います。あと金箔自体を作る職人技。今は機械ですが昔は手でたたいてのばしていたなんて、すごいです。

アートガラスで金箔を貼った時に、金沢の金箔メーカーさんへいろいろ教えてもらいましたが、京都の金閣寺など、良く貼れるもんだと思っていましたら、通常の5〜10倍ほど厚い金箔だそうです。以前、テレビで見ました金閣寺の修復、金箔貼りは見事でした。

金箔が一番高いと思ったら、その上にはプラチナ箔ってのがあります。でもパッと見は銀箔とあまり変わらないけども、銀箔は時間とともに黒ずみますが、プラチナ箔はそのまま。

よくお酒や食べ物に金箔使って高いものあるけども、金箔一枚は思っている程、高くはありません。でも一枚では売っていないので10枚50枚単位だとちょっとお高い。

金沢の金箔メーカーのカタログみますと金の色も数種類あって楽しいです。赤金、青金、中金、黄金などなど。日本は主に赤金、中国は主に青金。

日本の職人、国が真剣に考えないと、文化、途絶えますよ。本当にやばい危機感、ずっと持ってる。あっ、考えるのは机の前でなく、現地へ行ってね。

いままで訳がわからない税金使ってきた分を、文化のハード面、ソフト面にもっと当てれば、国益になったのに。コンクリートの塊の施設がどれだけの数と金額がどぶに捨てられたことか、で、やりっぱなしのやり逃げ。

この国は残念ながら、どうやら道を誤ってしまったようです、と「風に立つライオン」で歌われているように実感する。

進路相談で担任が

「お父さん、お宅の息子さんはこんな成績では、大学には行けませんよ」

大工の親父が

「先生、全員、大学に行っちゃたら、誰が家を作るんだい」

とまあ、こんな話を思い出しました。

さてと自分の仕事と格闘して行かなくては。一歩一歩、階段ではなく、崖を登るように。
明日から再び、みちのく一人旅でやんす。



☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆





Posted at 2015年01月06日 19時20分01秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*