メインメニュー

すばらしい造形

すばらしい造形

アートガラス エッチングガラス ステンドグラスの制作が重なって皆、少々バテ気味なので本日はガラス以外のお話を。



先月 シルクドソレイユに行った時の会場の前のダイバーシティに原寸大のガンダムがありました。色々なニュースで取り上げられたので知っている方も多いとは思います。

オイラはガンダム世代ではありませんが、これは出来が素晴らしい。ガンダム世代でなくとも欲しい、と思います。



クラフトマンのサガでどうしても細かい部分を見てしまいます。このように俗に言う「チリ」隙間の空きがこの造形でこれほどきれいなのはものすごい事です。

いや〜、苦労して作った空気感が伝わってきそう。

その会場にあった積層アート。



ガラスかな?と思ってさわったらアクリルでした。ガラス色のアクリル。

アクリルは取り扱いや接着方法がガラスとは違うのでここまできれいに造形していると観察してしまいます。

アクリルはキズつきやすく、接着してもガラスと違ってたわむので我々にはやりにくいのでアクリルは扱いません。


物事はレベル、次元の高いことから入れ、と言われたものです。簡単な次元から一歩一歩、レベルアップしていくのが良いと思われますが、いきなりレベルの高いものを見て、そこに近づく行動のほうが大切、と教えられました。

今 思えば確かに人はこれでよし、となりやすく、狭い自分の周りしか見ないようになりやすい。そこでレベルの高い事柄を知っていると今の自分の位置もわかるわけですね。

芸術、文化、そして人、なかなかレベルの高い次元まで遠いんですけど・・・

神戸には原寸の鉄人28号があるということ。昨年末はウルトラマンを見つけて、今度はどんなおもしろい造形があるか、楽しみです。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2014年05月26日 19時12分19秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*