メインメニュー

海外の型ガラス(建築用インテリアガラス)

海外の型ガラス(建築用インテリアガラス)



打ち合わせ中の型模様ガラスを接着するアートガラスの試作です。

細かい模様があるガラスを型ガラスといい、日本国内では現在1種類しか作られていません。昭和の頃は目隠しの目的でいろいろな模様があったようですが純和風の建築が無くなってきたことでメーカーは多くの型ガラスを製造中止にしました。

鎌倉などまだ古い家が残っている場合、その当時の古いガラスがそのまま存在しているとなんかうれしくなります。

でも解体されまくっているのでどんどん古い型ガラスは手に入らなくなってくるでしょう。

写真は海外の型ガラスです。10種類くらいあります。

左中のストライプ、よく海外のドラマのオフィスや警察署で出てくる。ジョニーデップのカリブの海賊船、波模様のアルゼッチという型ガラスでした。

何見ても、どこへ行っても目は自然とガラスにいってしまいます。

家を長く使う文化ですので100年前の家に住んでいるなんて当たり前、以前に勉強でローマに行った時には1000年前の建物を手直しして住んでました。

日本は木と紙と土の文化は世界一。古い家もこの木と紙と土で出来ています。

文化の違い、いろいろ。

太平洋戦争終わって上陸したアメリカ兵が海苔のおにぎりを食べている日本人を見て、子供の頭、食ってる!と本気で思ったそうな。

黒い食べ物は海外では少ないかも。イカ墨しかわからん。あとは青い食べ物、青いケーキ、アメリカ人が作ってくれたの食べたけども青は食欲出ないんだよね〜。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2014年03月10日 21時37分17秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*