メインメニュー

くまどりのアートガラス(エッチングガラス+彩色)

くまどりのアートガラス(エッチングガラス+彩色)



歌舞伎のくまどり柄のアートガラスです。神戸に旅立ちました。くまどりの柄はとても洗練されていると感じ、良いデザインです。

今回は輸入ガラス、細かい波模様に彫刻して色を入れましたが透明ガラスより質感が揺らいでいるので柄とマッチして良い感じです。

片面だけですと比較的に色入れは容易なのですが両面から見える仕様なので色が重ならないようにすることがテクニックとエネルギーがいります。

エッチングガラスやステンドグラスなど和風、和柄の要望もあります。昨日は来年の仕事の打ち合わせでガラス造形の蓮の花の希望を打ち合わせました。

難しそうですがチャレンジし甲斐はあります。そんなオブジェ、日本初。この初って言葉や一番って言葉にクラフトマンは弱い。

和柄はやはり制作してると落ち着きますが歴史があり、過去に大家が多いんで難しいです。

本来 制作にもっと時間をかけたいんですが現時点の日本ではそれも限りがあります。ですので限られた時間と予算の中でより良い仕事を他の会社の皆も目指しているんです。

ものつくりの人間はこの予算が不得意で、予算以上の手間もかけてしまうんですが後悔はぜんぜんありません。逆の方が気になってしまい、落ち込む。

和柄のエッチングガラスのひとつ



このボタンの花はリアルでなくかわいらしく、との希望でした。群馬県の前橋に設置されました。赤城の山が雄大でした。仕事が終わって一気に頂上まで車で駆け上がりました。真っ暗でした。
国定忠治の話をしながら。(これしか知らないんで) 赤城しぐれの話も出ましたが季節は冬でしたので出ただけ。

明日からさらにヘヴィーな日が4日間くらい続くんで今日はみんな 上がりましょう!お疲れ様でした、また明日。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2013年12月10日 18時38分52秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*