メインメニュー

フランスのアンティークステンド(建築用ステンド)

フランスのアンティークステンド(建築用ステンド)

リペアしたステンドグラス、フランスの絵付けはやはりフランスっぽいです。



狭いのでこのくらいしか写真は撮れません。

今回は特に一番下の青いステンドグラスが気になりました。このような色使いは今までに見たことがありません。大胆というか、ゴージャスというか。

このステンドは本来長方形でした。上の部分を柔らかいイメージのため、半円にカットしました。丁度白い花柄が半円になるようにうまく調整できたので違和感なく、はじめからこのような上が半円のステンドグラスのように見えます。

でも調整、かなり苦労しました。



細かく描かれています。このくらいの密度の絵付けですと現代ではものすごく時間と予算が必要になってきます。

このようにアンティークステンドもそうですが例えばエレキギターなんて1950年代に製作されたものを材質、音色など今では越えられないものって結構ありますね。

世の中、すべてが進歩しているわけではなく、中には後退しちゃってるものもあります、残念ですが。

2020年、東京オリンピックが決まりました。細かいことはやりながら修正していって、被災地の方々はじめ、皆が「よかったね」と言える様になりたいですね。

もう決まっちゃたんだから、良くなることにエネルギーをかけなくては。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2013年09月09日 19時20分25秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*