メインメニュー

アートガラス関係の本

アートガラス関係の本

数年前に買ったデジカメの調子がいまひとつ悪くなりそうなので、最近のデジカメを買いました。

前のデジカメは、その当時の最新で1000万画素で値段も高かったのですが、近くの写真屋さんが廃業してしまったので、フィルム現像してくれるところがなくなってしまい、仕方なくデジカメを買った次第でした。

でも充分な質感と写真印刷が容易に、何枚でもオーケー、は やはり便利です。

何枚撮っても確認できていいものだけを残せて消去できる、が一番魅力でした。 それまでは素人なんで、海外でのガラスの写真を撮る場合は、36枚撮りフィルムを12本くらい持って行かないと不安でしたもんね。

今は価格もお安く、1600万画素もあり、いろいろな機能も付いて進歩のスピードについていけません・・・。

でも、きれいに簡単に写真を撮れればいいので、深くは考えないタイプです。

出来るだけ細かいものを試し撮り、ということでアートガラス関係の本を撮りました。



どうかな? どうだろ〜ね? なんかいまひとつ・・・スキャナーが追いつかない感じ・・・。

こういうことはKN君に聞くと詳しいんで来週聞きましょう。 

25年くらい、コツコツと集めたアートガラス関係の本です。 1冊1冊思い出があります。 そして本は擦り切れるくらい使いたいタイプなんで、仕事の資料でけっこうダメージくらっている本もあります。

1000冊くらいになったでしょうが、もっと持っている方がいるらしいのでこれからも頑張ります。

今週は1日休日で少なかったので、6日間の仕事を5日間でこなすためにヘヴィーな動きでした。

週休2日や年間休日が多い方で仕事をこなせている方々を本当に尊敬します。 

本日打ち合わせに行き、これから新しく始まる計画現場です。



ガラスが一瞬でくもり、消し状態になり、中の景色が見えなくなる仕様です。 

デザイナーがニューヨークの人でしたので なかなか勉強になりました。

我々が思うデザインと違った感性でした。

今週はこれで帰りましょう。 また来週のヘヴィーさはしばし、明日の日曜日は忘れていましょう。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年10月13日 21時08分32秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*