メインメニュー

積層ガラスオブジェ

積層ガラスオブジェ

TU君、Y氏と暑い中、設置しましたガラスオブジェです。
左写真のこのような場所に着きます。 この中はまだ冷房が効いてないので暑いです。




2階でエレベーターが使えましたが途中から手運びです。 クリア感があるので重さが実感できませんが80キロ以上あります。

3名で抱えてましたが80cmなので歩きにくく、結局TU君、Y氏の力持ち2名で30mくらい運びました。 力持ち2名 頼りになります。 オイラは口だけ番長に徹します。




黒御影の石の上まで少しずつ移動してきました。 石とガラスが少しでもあたるとガラス欠けますので呼吸を合わせて移動。 石とガラスの隙間は3ミリです。

置いたままでは当然危ないので 下の3ミリ隙間に接着剤を入れます。



完成です。

けっこう存在感があります。 今回は小口をすべて磨きましたのでよりクリア感があります。
積層ガラスの小口の表現は大きく分けて4パターン。
小口磨きが積みかた、一番むずかしいです。

制作時にU氏が苦労して泡ひとつ無いように3日間、かけて接着したので美しいであります。

OR社、KNさん、ありがとうございました。 またよろしくお願い致します。

暑かった夏、8月が終わっていきます。 明日は軽井沢、出張です。

涼しいかな・・・空いてるかな・・・


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年08月31日 19時00分40秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*