メインメニュー

和柄のエッチングガラス

和柄のエッチングガラス



GW中の仕事のひとつで鹿児島の天婦羅屋さんのエッチングガラスです。

デザインは先方指定で和柄の波文様。

一見簡単そうですが、半円をきれいにカットしなければダメですので、このようなシンプルな規則正しい曲線が実はむずかしいんです。

しかもガラスがワイド1500x高さ2400ミリ、3枚が皆、へばっているんでいつもより、でかい、重いと感じます。

波文様は計算で半円の中心点を出しますが、これが半円を重ねていけばいいんでしょ、とはいかないところ。 正確には半円ではありません。 

けっこう数学的なことも考えます。 日頃、馬鹿な事を言ってますが、本当のバカではありませんので。

カットは専用の大小の円切りカッターを使いますが、届かない円は更に大きい円切りカッターを使います。

円切りカッターも使い方に癖があり、最初はカットしていくことに一生懸命で中心がずれまくります。 コツをつかめばOKですが、最初に先輩からアドバイスをもらえれば早くにコツがわかり、無駄な時間もかかりません。

ササッとサンドブラストしただけですとよく書くフィルムを貼ればいいわけですので、存在感があるように彫るわけです。



これは深さ2ミリほど彫ってあります。 各担当の仕事と同時進行でU氏とオイラで担当しました。
均一に2ミリ彫りこまれて、レベル高いです。

今回は木枠に入れて送りましたが、木枠に入れるだけでもひと仕事。 一回ですと佐川のトラックに乗り切れませんので4回、4日に分けました。

最終日、一回で積めれば制作時間もあるのですが、初日分から制作完成させるので、タイトなわけです。

これと同じグループの和柄植物文様エッチングガラスは次回と言う事で。

さて本日はあと4枚、予定をクリアしなければ、納期までタイトになりますので、もう少し頑張っていきましょう。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年05月09日 19時45分09秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*