メインメニュー

複層エッチングガラス

複層エッチングガラス


なんじゃらほい? アルミのフレームです。 最近、エコのためによく聞く複層ガラスの間にはこれが入ってます。

ガラスとガラスの間にアルミ材が挟まっており、この中には乾燥剤の粒々が入ってます。 それで中の空気を乾燥させて、寒暖や結露を減少させます。 

軽減させるということで、結露がまったくなくなるわけではありません。 たしか記憶ですと気温差が10度ほどで、湿度が50%くらいで結露が始まります。

現在の寿司屋さんのカウンターは、この複層曲げガラスのショウケースです。 昔の寿司屋さんは、一枚ガラスなので結露してますよ。 今度、気にして見てちょ! 回る寿司屋さんではありませんよ。

内外気温差10度ですので、夏でもエアコンかけてますと、外が暑くて湿度高いので外側に結露します。 冬は逆に室内ですので気になりますが、夏でも結露はしてるんです。 

最近は、複層ガラスをエッチングガラスや間にステンドグラスをいれたい、との希望もありますので、そのような場合はメーカーではまず作ってくれませんので、自社にて複層ガラスを制作します。


左から、エッチングガラスへ透明なガラスを重ねて、複層ガラスにしているところです。 小口の白い部分が先のアルミフレーム。 

くっついたら取るのが大変なんで慎重に、慎重に。

そして、最後は周りをコーキングにてふさぎます。 これでコーキングが乾けば、複層ガラスのアートガラスは完成。

今回は比較的に小さい、といってもW500ミリxH1500ミリほどの大きさでしたが、日本大学の入り口に、取り付けた複層ガラスの間にステンドグラスが入っている仕様は、2000ミリx2300ミリとでかかった〜。 4人がかりで大騒ぎ!

気をつけることは、ガラスの内側のクリーニング。 くっつけちゃったらもう拭けません。

完全に結露をなくす場合は、ガラスとガラスの間が真空になっている「スペーシア」という真空ガラスがあります。 真空部分は0,5ミリくらいと薄いですが、真空は何ミリでも効果は同じですのと、真空寸法が大きいとガラス割れますもんね。 ガラスとガラスがくっつかないようにとても小さな丸いものが5センチピッチで入ってます。

この真空ガラスは、結露がまったくしないですが、厄介な事に、まわりのアルミサッシは結露するんですよ。 ですので、アルミでなく樹脂サッシにしないと効果満点とはいきません。

結露防止で簡単なのは、部屋の空気を動かす事。 シーリングファン、天井で回ってるやつ、あれいいですよ。

2011−10−12 19:55

Posted at 2011年10月12日 19時55分43秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*