メインメニュー

アートガラス階段手すりの完成

アートガラス階段手すりの完成


10000個のスワロフスキー、階段手すりアートガラス完成です。

写真ですと、いまひとつわかりにくいですが、スワロフスキーが虹色に光ってきれいです。

写真左の曲げガラスは、高さは1m40cmほどですが、ワイドが2200ミリ、2m20cmで、曲げガラスで強化ですとまず、1枚では制作できません。 ですので今回は、関西方面の強化ガラスの設備にお世話になりました。

そして右の写真、降りてくる階段部分の曲げ寸法がものすごく難しく、図面ではまず無理、となり石屋さん、金物屋さん、曲げガラス屋さん、強化ガラス屋さんと打ち合わせを重ねての仕事でした。

各、専門分野の都合を出し合うと完成しませんので、それを交通整理することが一番エネルギーを使いました。 それも他の仕事の打ち合せ、デザイン、制作などの中での作業ですのでもう「あっちょんブリケ!」・・・・・。 昭和の人しかわからないかな?

このような作業は、根気のある優しい性格の人の仕事でしょう。 と思いますが、本来、根気なく短気なオイラには、いい人間修行となります・・・。 あぁ〜、叫びてぇ〜! を品良く、品良く。

イメージはガラスがくねって下がる、という感じ。 ですので、この曲げガラスは3種類の曲げ寸法で出来ています。

強化ガラスは削れないので、一発勝負です。 きれいにカーブが合うように打ち合せ、制作整理に2ヶ月もかかりました。


全体の写真です。 天井が高くて部屋が広いために小さく見えますが、ガラス部分で5mあります。

いやー皆さん、これはカーブして下がってくる部分のガラス、難しかったねー。 でもばっちり、カーブのラインが合って美しく出来ました。 さすがです!

白い天井、壁、床にスワロフスキーが光って、清楚なアートガラスの完成です。 

各、専門業者さん、設計家、進行責任者のIGさん、そしてTオーナー、ありがとうございました。 また経験という宝がひとつ、増えました。

2011−09−26 19:02

Posted at 2011年09月26日 19時02分24秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*