メインメニュー

アンティークステンド第2弾


連日、早朝から取り付けているアンティークステンドです。

前回に書いたように今ひとつ、金物の大きさが2〜3ミリ小さいので、せっかくリペアしたステンドグラス64枚のうち、16枚を削りました。

出来上がったものを削る事を「いじめる」と言います。

「こりゃ、ステンドいじめないと入らないな」 ってな感じ。

左写真、U氏、ステンドをサンダーで微妙な寸法、いじめ中。 

(もちろん、メンバーは人をいじめるタイプは一人もいませんよ。)

たった2〜3ミリですが、ガラス関係の場合、この2〜3ミリを長い辺で削ることが、とても時間がかかるわけです。

でも光が入り、だんだん全体像が見えてくるとやはり嬉しいです。 いやー美しい! 責任者のIGさん、「涙が出そう」 って言ってくれました。

あと、じゅうふんばりくらい、9月11日の完成に向けてがんばりましょう。

2011−08−30 18:23

Posted at 2011年08月30日 18時23分54秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*