メインメニュー

アンティークステンドグラス、第一回取り付け開始


アンティーク・ステンドグラスの第一陣、月曜日5時起きで開始です。

まだまだ現場はこれからの状態、でも出来る部分から取り付けなければなりません。

最初は左右の壁、64枚でしたが6名で8時〜17時か18時には終わるだろうと考えていました。

それが右の写真の時・・・・・皆、これから起こる問題には、まだ気がついてません。 もちろん、オイラも・・・。

本来、ステンドグラスは上から取り付けます。 なにか物を落とした時など、下にステンドグラスがあると破損の危険があるためです。 でも内部照明が上部分、終わってなかったので上、2段目から下に向かって取り付け開始。

ここまで48枚、順調! そして、上の山形のステンドグラスを取り付け開始で、入る金物枠がステンドグラスより小さい・・・!

山形ステンド、16枚、すべて金物枠、寸法が違います。 時間があれば事前にチェックできますが、タイトな現場なので前日に金物枠がつき、チェック時間がありませんでした。

もう、時間的には金物枠を直す事は不可能。 ですので、組みあがったステンドグラスを現場で削るしか方法はありません。

16枚、皆で削りましたよ・・・・。 5時間かけて。 金物会社さん、型渡してんだから頼むよ〜、なんでこうなるの?

終わって帰社したのが23時頃。 5時起床で23時帰社、18時間労働ですが、どんな仕事もこういうこと、よくあると思います。

でも18時間、フルに動くとやはりこたえます。 気温が低かったのが幸いでした。 

労働基準法なんてありません。 机の上で組み立てた規則なんて、実社会では通用しませんわ。

今朝は直行で渋谷でしたので、もう帰って明日に賭けよう。

2011-08-23 19:26

Posted at 2011年08月23日 19時26分55秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*