メインメニュー

ひとつ3役のアートガラス


懇意にしてくれている設計家Kさんが新しいアトリエに越したところ、キッチンのけむりが気になるので何かいいアイデアはないかな? とのことで考えたアートガラスです。

ステンドグラスの鉛枠がありません。このようにするとスタイリッシュと共にベースが1枚の透明ガラスなので、キッチン側が汚れても思い切り拭けます。

エッチングガラスやステンドグラスとはまた違う良さがあります。

けむりと匂いを軽減したい、アトリエなのでアートガラス的にしたい、との意見をもらい、よく輸入のガラス材を使ってくれるのでいろいろな輸入ガラスをデザイン的にサンプルとして活用できるのはどうかな? と提案しました。

けむり防止、アート、サンプルひとつ3役です。

これですとお客さんに使用イメージがわかってもらい、ナンバーを言ってもらえればお互いにすぐにわかります。

取り付けたところ、予想以上にガラスが空間に浮いているようで喜んでもらえました。

場所は荻窪で近くに高円寺や吉祥寺がありますが、この近くに行くたびに高校生の頃、フォークソングのたくろうやその他の好きなミュージシャンが活動拠点としていたこの辺の場所は、オイラとは別世界と思っていたことを思い出します。

高校生のオイラはとてもとても遠い所って思ってましたが、車で行くと近いじゃん。電車では大回りするんで遠いですがね。

設計家のKさんのアトリエはコンクリート打ちっ放しの壁と木の枠のキッチンでそこにガラスがプラスされるといい雰囲気でした。

コンクリート+金属+木にガラスがプラスされるとやっぱりいいわ!

2011−05−19 20:38

Posted at 2011年05月19日 20時38分25秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*