メインメニュー
2016-04-11

千鳥の詩(永遠に・・...

今日(朝)も陽光が飛び交ってました。また、辛夷・桜の花も満開をむかえました


アサノタケフミさんの歌「千鳥の詩」
皆様方に長く愛されてゆくことを心から願います

               売上金は「子どもの村東北」を応援していきます

Posted at 2016年04月11日 16時44分11秒

新作出来ました

   「汐風の街」
             詞 )東雲 光喜

      
            
1)冬の岬に      船が通る〜
  鷗はとんで行き   切なく泣いて
  幾年すぎても   こころがつらい
  あ〜あ〜想いでの・・・ 汐風の街に〜

2)煌めく光る  黒髪が〜
  息を弾ませ   風もゆれていた
  人世の命の  はかなさ哀しい
  あ〜あ〜いつの日も・・・ 汐風の道よ〜

3)夜の小径も  月のいろも〜
  君がやさしき  面影うかぶ
  いくら泣いても  むなしく日々が
  あ〜あ〜すぎてゆく・・・ 汐風の夜に〜

4)君とすごした   あの空の〜
  船はでてゆく   夕陽に蒼く
  二人 誓った   変わらぬ愛を
  あ〜あ〜忘れない・・・  汐風の街に〜

Posted at 2016年04月11日 16時18分01秒