メインメニュー
2014-10

中村悟堂 やぶさめを詠む

やぶさめの ひそみて啼ける 浅谷は
           朴咲かしめて いきほふ青葉

やぶさめは 近く啼きつつ 朝ふる雨の
           峠の谷 空木のはな

           

                                 


やぶさめ:体長10.5cmうぐいす科
   体は小さくて尾は短い
   シシシ・・・と虫のような声で囀ります。
   なかなか人前に姿を現しません。

Posted at 2014年10月03日 15時00分21秒

随想2  石川啄木と頬白

前回の歌の中で、「ちょんちょんと・・・遊びを眺む 雪の野の路」と

ほおじろが、雪と戯れている情景を思い浮かべた時

以前撮った「るりびたき」の写真を想い出しました。

                    


                     

ほおじろでは無くて残念ですが、イメージが合うのではないでしょうか。

「るりびたき」も、とてもきれいな鳥ですね。

なかなか出会うことも少なく、写真に収めることは難しいですが

とても楽しそうに、雪と戯れている貴重な一枚です。

Posted at 2014年10月02日 15時25分17秒