メインメニュー

短歌 

スイセン

・雁はゆく まぶしく光る 雲のはて
          彼岸の朝に ひとり見送る

・みみもとに 熱の下がりし 孫のこえ
          受話器のそばで 猫もよりそう

・三十光年 隔てて地球に 似る星あり
          熱燗つけつつ 夜空を仰ぐ

Posted at 2017年04月24日 12時01分37秒