メインメニュー

3/24 「水の森市民センター」講演

「水の森市民センター」青葉区水の森4-1-1

講師:「子どもの村東北」 飯沼一宇理事長様
・災害医療の拠点・石巻赤十字病院の活動について
・「ならぬことはならぬ」の心…
               主催:水の森NWサークル(ノルディック・ウォーキング)


3/23
<石巻日赤病院の東日本大震災における対応>
・飯沼様が医院長在籍時に東日本大震災が起き、津波の被害により石巻市立病院はじめ、ほぼ全ての医療機関が機能出来ない状態が続いたそうです。その中で唯一災害拠点病院として既に用意してあった(災害1ヶ月前)マニュアル通りに従って、トリアージと治療(一日で1200名以上の急患)に対応出来たそうです。また病院建設の際、旧北上川の過去の氾濫を調べられ3m盛土を行なった事で津波被害を免れたそうです。

<ならぬことはならぬ>の心
・1868年8月の戊辰戦争のおり、会津藩白虎隊士20名が戸ノ口の戦いに破れて飯盛山で鶴ヶ城を見て壮絶な自刃を遂げてしまった中で唯一奇跡的に一命をとりとめた飯沼貞吉(貞雄)の末裔のおひとりにあたられます。
・また会津藩日新舘「什の掟」と貞吉さんの母(ふみさん)が戦いに送り出す時に身につけさせた短冊(和歌)のご紹介が有りました
・「あずさゆみむかう矢先はしげくともひきかえしへそ武士の道」
・「ならぬものはならぬのです」:何事においても責任もって望んで下さいとの意味も含まれているそうです!赤十字病院の博愛の心とお人柄が重なり合うような想いが致しました。

<子どもの村東北>のご説明
・子どもたちの権利を守るため、国連の3度に渡る勧告を受け厚生労働省では現在の社会的養護体制を「施設養護」から「家庭養護」を増す方向(現在全体の1割から3割に…宮城県は5割)に向かっているそうです。そのモデルとなる様に活動も行っているそうです!

Posted at 2017年03月24日 16時19分18秒