メインメニュー

ぶらり鶴岡 (藤沢周平)

仙台(R48)→寒河江IC→庄内空港IC→湯野浜・加茂港→鶴岡公園

湯野浜海岸(約1劼稜鯢)
  近くには加茂港も…(バードウオッチング)


麺処「いろは」お勧めです!
  (加茂港より(R112)の道沿いにあります)


鶴岡城址公園(案内標示)
・大宝舘(一部オランダバロック風)
・致道館など…
・(※蚕が最初に吐き出す「きびそ」を使い新たな絹製品の展示もありました)
・公園内は城址の老杉・石垣が残り、四月中旬頃が桜の花見に合わせて見頃だそうです。



「藤沢周平」記念館へ
・「藤沢文学」と鶴岡・庄内(庄内の四季折々の映像で紹介されていました)
・「藤沢文学」のすべて(作品の系統ごとに紹介されています)
・作家「藤沢周平」の軌跡(69年間の生涯・日々の暮らしまで紹介されています)


3/15「海坂藩」下級藩士を中心とした武家ものの「暗殺の年輪」「用心棒日月抄」市井ものの「凕い海」などから始まり、多彩な作品を愛読した私にとって昔のことが重なり懐かしく感じられました。それはおそらく、ここ庄内地方で生まれ育った原風景を作品の中できめこまやかに表現されているからかもしれません!
今回を機会に、捨てられず残している「単行本」を改めて読み直してみたいと思います。因に今日から早速「風の果て(上)」を読み始めているところです…

Posted at 2017年03月16日 16時36分34秒