メインメニュー

園芸センターとフクロウ

<仙台市農業園芸センター>

 
左)正面入口(若林区荒井字切新田13-1)
右)園芸センター案内板


<ふれあい交流広場>

 
左)沈床花壇風景:周囲には数百本に及ぶバラの苗木も…
右)彫刻広場風景:再生の杜の先には水鳥が飛来する「大沼」が…

・一部工事中でしたが3月の開園に間に合うそうです。
・園内では(2/28)までの(金)(土)(日)16:30〜20:00まで恐竜の杜「ファンタジーナイト」(イルミネーション)が開かれています。


<ふくろう>梟のご紹介

「梟が生息している高木」(同センター交流ひろば前右側です)

 
フクロウ:フクロウ科(留鳥・冬鳥・全長36僉蕁衄屬)
※通常のフクロウと比較すると耳のような羽角が大きいことから、もしかすると珍しい「トラフズク」(虎斑木兎)という種類かも知れません。

2/22 梟(フクロウ)の情報を頂きまして、急ぎ農業園芸センターを訪ねてみました。正面入口右側の高さ3m位の木(おそらく花色が確かではありませんが…金木犀)の葉陰の中に、お互いに寄り添うように2羽のフクロウを見つけることが出来ました。全体を撮影しようと試みましたが、一度も動く気配すら見せず撮ることはかないませんでした。もしお近くに行く機会がありましたら、是非一度見学されては如何でしょうか!おすすめです!

因に「フクロウ」という名前は鳴き声が由来なのだそうです。
    (例)「五郎助奉公」「ぼろ着て奉公」など…

Posted at 2017年02月23日 11時52分42秒