メインメニュー
2016-11 の記事

名前の由来に。。。!!

青空が見えますが風が冷たい一日です 明日から12月。。。
寒いのは当然なのですね

刷毛目の美しい作品を作陶されている臥牛窯。。。
来年の干支や新作が展示されていて14代を継がれた臥牛氏の新しい作品が展示されております
その中において店長みどりさんに作品の作る工程を色々見せていただきました
           
                        

素晴らしい作品が生み出されるには過程が色々沢山ありますから職人の努力が偲ばれます先代の臥牛先生が若い時に苦労して発色に成功したという『緑色』
この緑釉が完成した時に誕生した先生の子供さんに『みどり』さんと名付けるぐらい思い入れのあるという緑釉の作品を!!
                 
           

是非手に取ってご覧ください

Posted at 2016年11月30日 17時04分23秒  /  コメント( 0 )

贈り物にも!!

風の冷たい一日でした  こんな日には暖かなものを食べて温まりたいものですね

まもなく12月。。。
贈り物の季節になりました

大切なあのあの方へのプレゼントに今日届いて初お目見えのグラスは最適ではないでしようか
              
青磁釉や天目釉を用いて作陶しております青木清晃氏のカップ!!

天目釉にブルーが波のようであったりまたは、山々から見える空だったり・・・。
見る人の感性で見え方が色々に感じられて素敵なカップです

お部屋を暖かくしてロックグラスでお使いいただくのもいいですね

是非、ご来店の上手に持ってご覧ください
手に取った感じはまた格別にいい感じです

Posted at 2016年11月29日 16時55分22秒  /  コメント( 0 )

安らぎのカップを!!

寒い日には体が硬く固まっていますからほっとしたものですね

開窯50年を迎えた一位窯を訪問した折に選んできた作品の一部が届きました
            

      

窯変で発色の難しいと言われる釉裏紅に一途に追及している一位窯 田中忍氏。。。
安らぐ柔らかな器をご紹介です

是非ご来店の上、手に取ってご覧ください

Posted at 2016年11月28日 16時40分25秒  /  コメント( 0 )

こんな寒い日には。。。

先日から寒い日が続いています 午後からどんよりと曇ってきました

こんな寒い日にはあたたかなたっぷりのコーヒーや紅茶でくつろぐのは如何でしょうか!!

          
                         
                   
お部屋の暖かなところでゆっくり珈琲タイム!!
癒されますね

自分の気に入ったカップを選ぶ楽しみ!!
是非ご来店くださいませ
手描きのカップですから職人の手わざの素晴らしさを堪能しながらお使いいただけます
          

Posted at 2016年11月26日 16時33分19秒  /  コメント( 0 )

器をお直し!!

急に寒くなってきました 雪が降るということもちらほら耳に聞こえる時期です

『大きな鉢を使いたくても自然と漏れてくるので見てみてらひびがはいっていて』とお預かりした大きな盛り鉢です 豪快に盛り付けると盛り付け映えがしますね

   

        ↓

『本当に漏れない??』とお届けしたらすぐにお水を入れてテーブルに!!
金継ぎしておりますから大丈夫!!

これから使っていただけます

大切にした器の破損は心痛むことですね
捨てられずにいてもそのままではつらいものがあります
そういう時には一度ご相談ください
漆を用いて接着し、金などを用いて装飾する昔からの技法があります
飲食にも安全で(瞬間接着剤を使用しません)安心してお使いいただけるお直しの方法です

皆様にお直しをして大変喜ばれており、私共も嬉しいお言葉に感謝しております

どうしたらいいかお悩みでしたら一度是非ご相談ください
おおよその見積もり金額をお知らせいたしますのでお考えいただきます

メールでのお問い合わせでしたら全体の写真と破損の部分の写真
器の直径と破損の部分の寸法をお知らせいただきますとお見積もりをいたします

      info@hirono88.com

お近くでしたらそれぞれ仙台西多賀店か塩竈店へお持込ください
こちらで写真撮りしお見積もり金額を提示させていただきます

一つひとつ手作業でしかも漆を用い、自然乾燥してお直し致しますので少しお時間を頂きます
ご了解ください

ご連絡をお待ちしております

Posted at 2016年11月23日 14時17分24秒  /  コメント( 0 )

思いもかけずに!!

伊万里・有田焼400年ということで色々なイベントがあるようですが、今回の窯元めぐりはそのイベントにも参加していました
人間国宝の方の器でお食事!!もその一つ!!

      
                      

中嶋宏氏の青磁の器を私には頂きました 今泉今右衛門氏の器や中里太郎衛門氏の器。。。
しかもデザートもありまして伊万里の畑萬窯の器に館林源右衛門窯の茶器で季節の果物やお茶を美味しく気分良くいただきました
予約がなかなか取れませんでしたから、ドキドキしましたがお客様と共に楽しませていただきました
また、酒井田柿右衛門窯を訪れたところ窯に火が入っており薪を炊く姿を見せていただけたのも嬉しいことでした
                         
普段でしたら入れないところの様子ですからいいタイミングでしたね
窯の焚口ばかりではなく脇からも炎が出ているのも見えました
窯の煙突から出る煙もすごい勢いで出ています  どんな作品が窯積みされているのでしょうね
窯上がりが楽しみです!!
所々で有田・伊万里の美味しいを堪能し作品に出会いの旅でした 夜中の大嵐で洪水警報や雷、竜巻警報が出てどうなるやらと思いましたが夜が明けましたらいいお天気で!!
晴れ女パワー全開です
記憶に嬉しい伊万里・有田訪問でした

また次回もいい出会いがありますように!!

Posted at 2016年11月22日 17時15分27秒  /  コメント( 0 )

伊万里訪問の旅から。。。

宮城に戻ってきましたら気温がひんやり!!
伊万里を訪問した時は過ごしやすい気温でしたのでお客様をご案内してもより気持ちよく過ごせました
焼き物の材料を採掘した『泉山』

            
以前はあっただろう山が今では掘りつくされていますが、その当時ここが目当ての陶石があるとわかるまでの努力に頭が下がります

いく道々いま時分にしか見えないものが。。。!!
       
サンタさんが煙突をよじ登っていますね〜〜

伺う窯元さんにいろいろ説明をしていただきながら
                 

       

                          

作品との嬉しい出会いもあります
                 

貴重な資料を前に詳しい説明を頂きながら感激の出会いもありました

本だけでは知りえないこととの出会いや作品との出会いも窯元へ出かけるからこそのことですね
この続きはまた明日へ!!

Posted at 2016年11月21日 17時23分43秒  /  コメント( 0 )

手作りの美味しい!!...

風の冷たい宮城の空です  冷えてきました
山形のほうからのお客様。。。
贅沢にもラフランスのシロップ煮を手作りで作ってきてくださいました
早速 伊万里の器に盛って!!

              
自然の甘味で美味しい!!

季節の美味しいはとっても嬉しいですね

明日より伊万里へ出かけます
誠に勝手ながら『ひろ埜 西多賀店・塩竈店』は臨時休業させていただきますので宜しくお願い致します
      11月17日(木)〜20日(日)臨時休業

11月21日より平常営業致しますので宜しくお願い致します

Posted at 2016年11月16日 13時41分38秒  /  コメント( 0 )

無花果煮を。。。!!

先ほどまで暖かな宮城でしたが雲行きが怪しくなってきました
少し冷えて風も出てきたようです

季節の美味しい!!
中々タイミングが悪くて、今日になってしまいましたと差し入れを頂きました〜〜
たっぷりたわわな無花果煮!!
           早速お皿に盛っていただきます
           

とろっとして美味しい〜〜!!

盛り付けた皿に描かれた模様は茄子に唐辛子に瓜。。。
茄子は『花が咲いた分、全て実り、無駄花が咲かない』という謂れがあり好まれていますね
唐辛子も厄除けですね

伊万里の器に描かれている模様はそれぞれ何かしら意味合いを含めた文様として描かれていますからその意味が解ると又、いとおしくより大切に思えてきますね

手描きされていると華やかで嬉しくなります

是非手に取ってご覧ください

誠に勝手ながら11月17日(木)〜20日(日)は伊万里訪問の為、西多賀店・塩竈店は臨時休業させていただきますので宜しくお願い致します

Posted at 2016年11月15日 16時37分40秒  /  コメント( 0 )

金継ぎ  喜ばれています

過ごしやすい宮城の空!!
とおり道々の木々もきれいに紅葉しています

お預かりしていた破損した大切な器がきれいに直って届きました
破損してひびや欠けができているところに漆で修復し『金』で装飾します
             
                    

お直しにお預かりいたしますと 

    

                 
          

職人の技でお直しの部分がきれいになり別格の器になりました
お直しをいたしますとより丁寧な使い方をしていただきますと長くきれいな状態でお使いになれます 漂白やレンジはお使いになりませんようお願い致します
又、洗う時にはゴシゴシこすらないようにお願いしたいです

壊れたままの残念な状態でお持ちいただきますよりは古来からの方法でお直しをして大切にお使いいただきたいものです

店のお近くであればご来店の上ご相談くださいませ
ご遠方であれば、メールで写真を添付してください
加えて下記情報をお知らせください
  1)器の全体の寸法
  2)破損の部分の寸法 又はひびの寸法
この情報の元、職人からのお見積もり金額をお知らせ致します

皆様から大変喜んでいただいておりますので
是非大切な器が破損して心痛めておいででしたら是非一度ご相談下さいませ

   mailアドレス  info@hirono88.com

Posted at 2016年11月13日 16時39分37秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ