メインメニュー

大切な出会いの器をお直し。。。

梅雨が明けた宮城の空。。。
一気に夏本番です

とっても気に入って求めて、大切に使っておいででしたがひょんなことからひびが入ってしまったようです
一品ものらしく同じものがありません
どうしてもそれが気にって使いたいということでお持込いただきました
少しお待ちいただきましたがこの度きれいに金継ぎされて届きました
               

内側にも藍の染付書き込みがあります
               
イッチンの技法ですから表面に凹凸がありますがきれいに金継ぎされていますね

今までもご紹介した通り、レンジや漂白は出来ませんがこれまでどうり大切にお使いになれます
美味しいお茶の時間を又、過ごしていただけるものと思います

時に金の線がないように直したいとお考えの方もおいでですが、一度壊れたということも含めて新しい魅力のある器になったと考えます

又、直しても使いたい、自分の傍らにおきたいという素敵な器と出会い、使えているのも嬉しいことと考えます

『壊れたら捨てる』の行為もあるでしょうが壊れたら心痛める器が使えてるのも嬉しいことと思っています
大切に使っていて壊れたら『それは運命』以前私が加藤登紀子さんから言われた言葉を大切にしています

壊れたままではなく金継ぎしてまた再び使ってあげてほしいと考えます

いつでもご連絡ください

メールアドレス  info@hirono88.com
これをコピーしてメールにて写真を添付くださいませ
器の寸法・破損の部分の寸法をお知らせいただければお見積もりをご連絡することができます

破片のある無しの情報もお願い致します

Posted at 2018年07月14日 17時31分17秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*