メインメニュー

藍の色。。。

今日も暑い日になりました
水分をとっているつもりでも、タオル一本がビショビショになるぐらい汗をかきますから、絶えず水分をとっています 皆様もいかがお過ごしでしょうか  ご自愛くださいね

伊万里の焼き物を焼成する前の色をお話しするとき、用いるものがあります
       

素焼の壺。  実演で描きかけているものを頂いていましたのでずっと使わせていただいております 震災でも倒れもせず、持ちこたえてくれました
25年になります はじめは百貨店においての作陶展にも持って行ってお見せしていたので擦り傷が。。。  焼成していない分、破損が心配です
近年は仙台西多賀店のお店に展示しております

                    

1400度の高温焼成をすると、カップの色になります
芙蓉手の文様の紅茶碗です  きっぱりとした線描きに藍の濃淡で絵付けされています
口当たりの良さは言うまでもなく、淹れた紅茶の色も引き立ちます
落着いて穏やかな気分になりますね



藤井青雲 作品です
是非、手にとってご覧ください 手になじむ感覚を体感してくださいね
心よりお待ちしております

Posted at 2012年07月31日 12時50分55秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*