メインメニュー
2011-05 の記事

新宿高島屋にて(その3)

新宿高島屋地下催事場岩手フェアから、我妻です


お待たせしました。

今日から、「佐助豚餃子」の販売再開です!

使用しているお肉は、
岩手県二戸の折爪三元豚佐助豚!
都内の飲食店でも人気の佐助豚を100%使用し、

ニンニクを全く使用せず、隠し味に花巻産の無農薬栽培の大葉を使用!

あっさりした味わいと、
しその香りがクセになる餃子です。

ニンニクを使用しておりませんので、
仕事中でも、朝ご飯に食べても安心の餃子です。

新宿でもOLさんに人気のようです!

岩手県の厳選された素材をふんだんに使用した餃子ですので、
私個人的にもおすすめの逸品です。

是非、岩手の味をご堪能下さいませ。


新宿高島屋地下催事場の当社のブースから。

餃子を焼いている私の実演台の前から。

へん顔をしていたお客様のお子様方。

ずーっと餃子が焼き上がるのをガラス越しに見てました。

全国どこに行っても、子供達の笑顔は嬉しいですね!

お家に帰っても
いっぱい餃子食べてね!

Posted at 2011年05月27日 21時15分00秒

新宿高島屋にて(その2)

先日、テレビアサヒ系の
夕方放送「スーパーJチャンネル」にて、当社の「白金豚シュウマイ」が紹介されました。

本日は放送見てくださったお客様が数多く、新宿高島屋地下催事場岩手県フェアまでお越しくださいました。

本当にありがとうございました!

ならびに、放送を見てご来店頂いた関東圏の馴染みのお客様方々、新宿までご足労いただきありがとうございました。

こんな時期ですので、
テレビ放送は助かりますね。
当社のシュウマイを食べた事の無いお客様にも、
食べていただく機会にもなります。

ご来店いただくお客様の為にも、がっかりさせないように、テレビ以上の美味しさを売り場では追求して頑張ります。

ぴょんぴょん舎、小野ちゃんのしめる冷麺!

とても美味しいです!

Posted at 2011年05月26日 21時00分09秒

新宿高島屋にて(その1)

物産展販売担当我妻です。

岩手県と言えば、麺類も大変美味しい処です。

名物東屋(あずまや)の「わんこそば」は、物産展でも、わんこそば大会が始まると、ひときわ賑わいを見せております。

今日はそんな「わんこそば」と並んで、大人気の盛岡冷麺をご紹介いたします。

盛岡冷麺も飲食店ごとの味わいや、スープの秘訣の違いが売りですが、

岩手の物産展の中でも
ぴょんぴょん舎の「冷麺」はイートインでその場で食べれたり、もちろん持ち帰りもできますので人気があります。

ぴょんぴょん舎の販売員の小野くん(通称チャンオノ)は、現役の社会人ハンドボール選手です。

湯であがった麺を、
チャンオノの大きな手で
ワシヤワシヤと冷やされた冷麺は、麺の締まりと食感がたまりません!

スープも美味しいです。

是非、岩手の物産展お越しの際は、イートインコーナーぴょんぴょん舎も覗いてみて下さい。

冷麺はこれからの季節、自宅でも味わいたい逸品ですね!

今週、5月31日まで
新宿高島屋地下催事場
イートインコーナーでも、ぴょんぴょん舎の冷麺が食べれます。

今週の販売員さんは、チャンオノなんで、お気軽に声をかけてください。

大きな体で、なかなかのイケメンです。

Posted at 2011年05月26日 11時59分47秒

5/25日から新宿高島屋...

本日から、新宿高島屋地下催事場で「岩手の味特集」をやっております。

当社の白金豚餃子を始め、ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺、松栄堂のごますりだんご、等々、多数の岩手県内の選りすぐりのメーカーさんが参加しておりますので、

各メーカーさん一同、お客様のご来店お待ちしております。 担当 我妻


Posted at 2011年05月25日 22時03分38秒

柏高島屋にご来店有難...

高島屋柏にご来店いただきましたお客様方々、
お陰様で最終日も大盛況の中、終わる事ができました。

本当にありがとうございました!

さて、今日は少し違った趣旨でブログを更新したいと思います。

岩手県はとても面積も広い県です。

県の面積では日本一の広さを誇ります。

そこで、
当社以外の岩手県の物産展に参加しているメーカー各社さんを紹介してみたいと思います。

中にはテレビで拝見した事のある顔ぶれもそろっていますので、

このブログを見てくださっているお客様も、
岩手の物産展にお越しの際には、岩手県の各メーカーさん共々、よろしくお願い申し上げます。

さて、まず最初に紹介しますのは、私のキョーダイ分こと、岩手県大船渡出身「寿司割烹・若大将」の高 武暎(こうたけし)です。

たけしの所は、今回の震災の津波でお店(寿司屋と焼き肉屋)が大変な被害にあいました。

今回の高島屋柏店での物産展を最後にしばらくは物産展の出展も検討するとの事でしたが、
お客様の熱い支援と思いに、これからも物産展を続けていくかもしれないと考え直したみたいです。

私とたけしは同じ48年生まれで(私達は同世代をヨンパチ会と呼んでます)、
私の方が物産展に参加した時期は遅かったのですが、いつもたけしは、良いライバルであり、相談相手、そして理解者でした。

私はお惣菜で、たけしはお弁当やお寿司の販売と、営業形態は違えど、
これからもお互いに切磋琢磨して、お互いのスキルを磨いていければと思います。

私も大好きなキョーダイのお弁当、これからも多くのお客様の為に作り続けて欲しいと思います。

あわびも入った海鮮弁当!

本当に美味しいです。

高島屋柏店では、
寿司割烹「若大将」のブースには毎日、多くのテレビ取材が来てました。

キョーダイ、これからも美味しい海鮮弁当を作り続けてくれよ!

Posted at 2011年05月25日 21時54分18秒

柏高島屋にて

本日が最終日になりますが、開催初日から、多くのお客様が何度も足を運んで下さいました。

参加した岩手県内メーカー全社で、感謝を申し上げたいと思います。

今回の催しも、お客様、高島屋様に感謝しても、しきれぬ思いでございます。

全体の売上もかるく一億円を越える盛況ぶりでした。

当社に関しましては、
海上自衛隊下総厚生隊保健室の茨木様始め、
茨木様の紹介で、高橋様、田丸様、はちきん山本様。

岩手県出身で柏在中のお客様も多くご来店くださいました。
地元・花巻イトーヨーカ堂の隣にお住まいのお客様始め、二枚橋出身のお客様、
毎年、高島屋柏店の岩手展を楽しみにしてくださっている多くのお客様方々。


今年も大変に熱い支援をありがとうございました。

来年もまた、高島屋柏店に元気に戻って来れるように、岩手県内のメーカー皆さんで頑張って行きたいと思います。

本当にありがとうございました!

(会期途中で、佐助豚餃子(ニンニク無しのしその葉入り)が完売してしまい、その後何度か、佐助豚餃子をお買い求めにご来店いただいたお客様にお詫び申し上げます)


最後に余談ですが、
今回の物産展は、震災後の初めての岩手県の大きな物産展でした。

搬入日には、久しぶりに会った友達や、先輩方々と再会できて、安心しました。

「いやー、生ぎででいがったなぁ!」
メーカー各社の販売員さんや、社長さん達と会うたんびに出た言葉です。

今回、柏で知り合えた茨木様とも、地震を通して、被災地に対するお互いの気持ちや、考えを話し合えた事が、大変嬉しく思いました。
茨木様も大変なお仕事でしょうが、頑張って下さい!

僕らも頑張ります。

イトーヨーカ堂の隣に住まわれてたお客様も何度もご来店いただきありがとうございました。
また、東北弁で話しをしましょう!

頑張って下さいと声をかけてくださった多くのお客様方々。
ありがとうございました。

当社始め、物産展に参加しているメーカー各社が、
お客様から頂いた売上で、岩手県内から元気になれるように、その起爆剤になれるように、岩手の物産展を頑張っていきたいと思います。

この経験を忘れずに、
また来週も、そしてこれからもずっと頑張りたいと思います。 我妻

Posted at 2011年05月24日 07時29分33秒

京都高島屋にて

今週は、京都高島屋さんの協力を得て、京都高島屋さんの地階催事場にて岩手県フェアを開催中です。

参加業者は、全て岩手県内のメーカーで
藤原養蜂所さん、コタニさん、川中食品さん、せんやさん(せんやさんの息子さんは私と同じ48年生まれで48会(よんぱちかい)メンバーです)、佐幸本店さん(今回は長男のはじめさんがいらしてます)、そしてうちの(有)カスイの面々です。

今日は連休最後の日ではありましたが、
日曜日とあって、午後から多くのお客様がいらっしゃいました。
夕方には、なんと、うちの餃子の焼き待ちで、多くのお客様が、うちのブース前に並んでいただきました。
本当に感謝感謝で、ありがとうございました。
途中、品切れした商品もありました事をお詫び申し上げます。

今日は営業中に、毎日新聞さんの取材も受けました。

東北の現状、岩手の現状を伝える事も、物産展に参加している業者の務めだと思っております。

取材直後から、多くのお客様に温かい言葉をかけていただきありがとうございました。

私事ではありますが、
私の生まれ、育ちは宮城県仙台市の袋原というところで、
今回被害の大きかった、
名取市の閖上の隣になります。
小さい頃から、海に行くなら、閖上か、荒浜(深沼海水浴場)でした。
閖上も荒浜も今回、壊滅的なダメージを受けました。

小学校の頃、閖上で釣りをした写真や、
高校の頃、やっぱり閖上で友達と悪さした写真が、今も私のアルバムの中に残っています。
大人になり、子供が生まれて、子供を閖上に連れて行って、砂浜で遊んでいる写真もあります。

まだ若い頃、うちのスタッフの新屋や、友達大勢で、夜中に酔っ払って、
暗闇の閖上を泳いだ事もありました。

海岸沿いには、そうした思い出がたくさん残っています。

出張先のホテルのテレビから、何も無くなってしまった閖上を見る度に、
悔しい思いでいっぱいになります。

名取付近には、ビニールハウス(農作物用のビニールハウスよりは頑丈な感じ)が点在してました。

そのビニールハウス脇を車で通るたんびに、うちの息子が、「このビニールハウスの中は、何を作ってんの?」と聞いてたのを思い出しました。

あのビニールハウスの中では、カーネーション等、お花を裁判してたんですね。

テレビを通して、
そのカーネーションが津波にのまれながらも、僅かながら、咲いている映像を見ました。

カーネーションに生命力と、生きるという事のひた向きさを今日は教えられました。

カーネーションのような生命力と、一生懸命に生きていれば、
いつか、閖上の友達とも再会できるような気がしてならないです。

今日は、「母の日」でしたね。

今日の閖上には多くのカーネーションが添えられたそうです。

亡くなられた方には本当にご冥福お祈り申し上げます。

2011.5.8.我妻

Posted at 2011年05月09日 08時49分52秒

あたたかいご声援有難...

いつもカスイの餃子、シュウマイをご愛顧ありがとうございます。

今回は、震災後の初めての出張販売でした。

大分トキハわさだ店、
岩田屋久留米店、
そして、福岡天神みちのく夢プラザでの販売でした。

久留米のお客様には、いつも懇意にしていただいている、橋本様はじめ、物産展でも馴染みのお客様方に、元気で再会できた事が大変嬉しく思いました。

いつも当たり前の様に仕事場で会えていたお客様と、当たり前の様に会えるという事の大切さに、
売り場を提供してくれる販売店様(百貨店様)、
そして足を運んでくださるお客様に、毎日感謝感謝の、大分そして久留米での毎日でした。

みちのく夢プラザの販売でも、販売期間を延長しての販売になり、多くの九州のお客様にご購入いただきました。

九州でも東北の今回の災害を、我が身の事の様に考えてくださるお客様が大変多くいらっしゃいました。

話しをしているうちに
売り場で涙ぐむお客様もいっぱいいらっしゃいました。

東北と九州という距離があっても、東北人と九州の方々の間には距離感が無い事を感じました。

今まで以上に当社の売上も良く、皆さんからいただいた、東北に対する気持ちや思い入れのこもった売上金は、ただの売上金とは違く、全部を私欲に使ってはいけないんだなぁと感じました。

九州で販売した売上金は、うちの工場で働く従業員の方々の給料にも直接繋がります。

そして、従業員の方々から、岩手県内で消費されて、
内陸から(当社がある花巻は岩手県の真ん中辺りにあります)浜沿いの地域へと循環して
少しずつ元気な岩手に戻る事ができると信じています。

私もこれからは仕事の合間を縫って、
浜沿いの方々の手助けや、お仕事を一緒に携わって行けるように努力したいと思います。

九州をはじめ、全国のお客様が、岩手が元気になる様にと購入していただいた売上金が、岩手の手助けになるように奔走するのも、
岩手の物産展をはじめ、
東北の物産展に参加するメーカーの役割だとも思っておりますので

全国のお客様と百貨店様、量販店様にまだまだお世話になりますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

みちのく夢プラザにいた時のお客様の案なんですが、九州と東北との交流の場があればいい、との意見も多数ありました。

結果的にどういう形でできるか分かりませんが(何も形にできなかったら、すみません)私も仕事場で県庁の方々と接する機会がありますので、九州の方々の温かい気持ちを、岩手県人に伝えさせていただきます。

今回の1ヶ月の九州滞在で私なりに感じた、お客様との会話や、お客様の気持ちは、また少しずつ日記の更新と共に紹介させていただきたいと思います。

またしばらく会えませんが、みちのく夢プラザの多くのお客様、九州の多くのお客様もお元気で体を大事に過ごして下さい。

それではまた、元気と笑顔でお会いできる事を楽しみにしています。

我妻

Posted at 2011年05月05日 16時48分36秒