メインメニュー
子供たちがキラキラと輝くために

子供たちがキラキラと輝くために

むし歯が無いことが目的ではありません。
子供達が自分で自分の健康を守っていくことが出来るようになること。
何よりも大事なことは、自分自身を大事にしていくことが出来るようになることだと考えます。



むし歯が出来たのには原因があります。
何が原因なのかをご一緒に考えましょう。
原因を除去しなければ必ず同じ結果が生まれます。そして対策を考えましょう。

子供達の顔の発達は遺伝と後天的要因によって決まっていきます。
0歳から6歳までが上顎が有意に発達する時期です。
そして6歳から10歳までは子供としての顔の成熟の時期、10歳から15歳前後までが大人への移行期であると考えます。
そしてその後80歳までの時間をその顔で生きていくことになります。
形態は機能を模倣するという言葉があります。
なぜその形なのかを考えましょう。
成長するべき時に、正しい機能を習得していくことが機能的な成長に結びついていくと考えます。

カリエスフリーのために
なぜそのような形なのか

Posted at 2011年02月06日 15時22分41秒  /  コメント( 0 )