メインメニュー
2012-09 の記事

かみ合わせの力が強いと




 歯のかみ合わせの力が強いと、エナメル質の表面にはかなりの頻度で亀裂(クラック)が入ります。多くの成人でみられます。実際、拡大診療の際にはかなりの頻度で確認されます。
  
 このクラックは表面から亀裂が起こるのではなく、歯の表層にある一番強い組織と言われるエナメル質とその内側の象牙質との境界より外側に向かって生じると言われています。

 特に歯と歯の間の部分から発生したむし歯の周囲にはこのマイクロクラックが観察されます 。このような患者さんの多くは、結構歯ブラシをがんばっていらっしゃる方も多いのです。

マイクロクラック侮れません。

では、自己防御の方法はないのでしょうか?文献によれば、口腔内のミネラルが再度沈着し多くの場合は自己修復するとあります。唾液中のカルシウムが戻ってくれる環境が重要なようです。長い期間汚れが残っていないこと。食事間隔。アパタイトやフッ素入りの歯磨剤の使用がキーワードなのかもしれません。

Posted at 2012年09月23日 18時04分58秒