メインメニュー
2011-03 の記事

水道水について心配し...

日本産科婦人科学会より以下の見解が出ました。ご参考にお願い致します。


水道水について心配しておられる妊娠・授乳中女性へのご案内
平成23 年3 月24 日
日本産科婦人科学会
平成23 年3 月23 日(水曜日)

東京都の金町浄水場の水道水に1kg(1.0 リット
ルあるいは1000 ミリリットルに同じ)当たり210 ベクレルの放射性物質が含ま
れていると発表されました。以下に、1kg 当たり200 ベクレル前後の放射性物質
を含む水道水(軽度汚染水道水と表現します)を長期にわたって飲んだ場合の
健康への影響について学会の見解を示します。

1. 軽度汚染水道水を妊娠期間中(最終月経開始日より分娩まで)毎日(計280
日間)1.0 リットル(1,000 ミリリットル)飲むと仮定した場合、妊娠女性
がその間に軽度汚染水道水から受ける総被曝量は1,232 マイクロシーベル
ト(1.232 ミリシーベルト)と計算されます。
おおよその母体被曝量は以下のように算出されます。
総被曝量(マイクロシーベルト)=(摂取ベクレル総量)×2.2÷100
例えば、500 ベクレル/kg の水を1 日1.0 リットルずつ365 日飲むと
500×365×2.2÷100=4,015 マイクロシーベルト(約4.0 ミリシーベルト)と
なります。

2. お腹の中の赤ちゃん(胎児)に悪影響が出るのは、赤ちゃんの被曝量が
50,000 マイクロシーベルト(50 ミリシーベルト)以上の場合と考えられて
います。なお、日本産科婦人科学会では放射線被曝安全限界については米
国産婦人科学会の推奨に基づいて50 ミリシーベルトとしてきております。
一方、これら問題に関する国際委員会の勧告、ICRP (International
Commission on Radiological Protection) 84 等に基づいて安全限界を
100,000 マイクロシーベルト(100 ミリシーベルト)とする意見もあります。
この違いは他の多くの安全性指標と同様、安全域をどこまで見込むかとい
う考え方の違いによるものです。なお、赤ちゃん(胎児)の被曝量は、母
体の被曝量に比べて少ないとされています。胎児が100,000〜500,000 マイ
クロシーベルト(100〜500 ミリシーベルト)の被曝を受けても胎児の形態異
常は増加しないとの研究報告もあり、ICRP84 は「100 ミリシーベルト未満
の胎児被曝量は妊娠継続をあきらめる理由とはならない」と勧告していま
す。

3. 母乳中に分泌される(出てくる)放射能活性を持ったヨウ素は母体が摂取
した量の4 分の1 程度と推測されますが、確定的なことはわかっていませ
ん。

4. これらを総合すると、現時点では妊娠中・授乳中女性が軽度汚染水道水を
連日飲んでも、母体ならびに赤ちゃん(胎児)に健康被害は起こらないと
推定されます。また、授乳を持続しても乳幼児に健康被害は起こらないと
推定されます。

5. しかし、胎児・乳幼児は成人に比べ被曝の影響を受けやすいとされており、
被曝は少ないほど安心です。したがって、軽度汚染水道水以外の飲み水を
利用できる場合には、それらを飲用することをお勧めします。

6. 妊娠中女性は脱水(体の中の水分が不足すること)には特に注意する必要
があります。したがって、のどがかわいた場合は決してがまんせず、水分
を取る必要があります。のどがかわいた場合には、スポーツドリンク、ミ
ネラルウォーター(軟水のもの)、ジュース、牛乳などがお勧めです。
7. 今後も水道水の放射性物質汚染(ベクレル値)には注意して下さい。今回
お示しした式を使用して、野菜などからの被曝も計算できます(野菜何グ
ラム当たりのベクレルかに注意が必要です。1.0 キログラムは1,000 グラム
と同じです)。

Posted at 2011年03月29日 08時07分09秒

当院における計画停電...

16、17、18日と東北電力管内でも計画停電が予定されましたが、18日午前現在、実施は中止されております。東京電力の計画停電の状況をみても実施の有無は直前に判明するものと思われます。当院は弘前市を含む2グループに属します。歯科医院は電力供給なしに診療を行うことは不可能であり、また、精密機器を扱うため大きな電力の変動は誤作動の原因となり大変危険です。今後ご予約の変更が生じますことをご了承下さい。現在計画停電の実施エリアが決まっていますのが19日以降の実施の有無はは未定です。判明致しましたらお知らせ致します。
計画停電に伴い、以下に従って診療を進めて参ります。

1)当院は弘前市に所在しており第二グループに属します。

2)診療時間 今後、計画停電実施の間、当面以下のように変更します
  月・金 午前9:30~11:30 午後12:30~16:30 17:00~19:00
  火・水 午前9:30~11:30 午後12:30~16:30 17:00~18:30
  土   午前9:00~12:00 午後13:00~17:00 

3)急な診療時間の変更に対応する場合の緊急の電話番号をお知らせ下さい。
 計画停電が実施された場合電話は不通になります。

4)計画停電が実施された場合、ご予約を取り直しをさせて頂きます。実施されなかった場合は予定どおりに診療致します。

5)停電およびガソリン供給の不足により修復物の作成・到着が大幅に遅れています。装着までに時間がかかる場合を想定し、仮歯などの処置を行います。

6)停電間際の時間帯に、抜歯などの処置のご予約は出来かねますことをご了承下さい。

7)急を要する処置を優先させて頂きます。

皆様にはご不便をおかけ致しますが、安全・確実な診療を目指し、被災地の一日も早い復興のために、通常業務に注意を払って参りたいと思っております。

Posted at 2011年03月18日 10時51分57秒

地震発生に伴う変更に...

 3月11日発生した東北地方太平洋沖地震に伴う停電のため11日午後、12日と診療不能となりました。被災された皆様には心よりのお悔やみとお見舞いを申し上げます。
 12日午後に弘前は電力が復旧いたしましたが、物流の変化により技工物の遅配や診療材料の不足が想定されます。通常の診療に戻るには時間がかかるかと思われます。ご予約の患者様の予約変更等が生じる可能性がございます。 また、灯油不足も懸念されます。滞りのない診療にスタッフ共々努力して参ります。何卒皆様のご理解頂けますようお願い申し上げます。

Posted at 2011年03月13日 22時11分17秒