熊谷市で国際交流を通して園児の幅広い視野確立を目指す「さくら幼稚園」 いきいき のびのび 一生懸命な子どもたち
メインメニュー
2013-01 の記事

寒い日が続いていますが

先週末より寒い日が続いています。先週の土曜日は研究協議会という年に一度の研修会に記録係として写真を撮ってまいりました。場所は熊谷市のサクラメイトだったので朝8時30分の集合は苦になりませんでしたが、三部屋に研修会場が分かれていて移動の際に外に出なければならなかったので、強風が身にしみました。(三会場とも興味のあるテーマだったので、行ったり来たりでしたので何度も凍てつくような思いをしました。)
本日は埼玉県の幼稚園協会の仕事で、昼前から埼玉会館への出張でした。
バス待ちや駅のホームでも風が冷たかったです。
会合に参加されていた、さいたま市のある園長先生から伺ったところ今朝は約二時間雪が降っていたとのこと。

さて、そんな寒さの中でさくら幼稚園の園児たちはどうかというと、とても元気です。
保育開始前の朝の自由遊び時間では庭で、思い思いに体を動かしています。
その光景を見ていると、私も元気が出ます。朝はまだ気温が低いですが、その分駆け足や縄跳び、スキップという遊具を使ったジャンプなど運動機能を上達させて、体に血液を循環させ体を温める運動を好んで行っています。
温かいからと言って部屋の中へいるよりも、外で思いっきり体を動かした方が気持ちがいいのを園児たちは実感しています。
見ていて頼もしい限りです。
ただ気をつけないと、ついつい庭ばかり見て仕事が溜まってしまいます。
こんな感じで寒さに負けず、さくら幼稚園の園児の皆さんは元気にしています。







Posted at 2013年01月28日 20時30分20秒

SAKURA CLUB らくがき...

本日の未就園児親子教室SAKURA CLUB水・金コースは、らくがきでした。
予定ではさくら幼稚園内のエントランス部分でしたが、より条件のいい駐車場へ場所を変更して行いました。らくがきといえば、車の通行量の少ない時代では比較的自由に行うことができて、道路以外以外にも描けそうな場所を見つけては勝手に描いていた記憶があります。
絵画的には大きな絵を描くのは難しいので、絵画のうでをあげるにはいい練習になるはずです。
それよりも、自由にのびのびと描けるというのが魅力です。

この自由にのびのびと描くというのは、案外難しいです。
毎年園児にも落書きを同じ場所でしてもらっていますが、「何でもいいから好きなように描いて」というと園児たちは一瞬固まってしまいます。おそらく描く場所の広さに圧倒されてしまうからでしょう。
普段から絵は机の上の紙に描くことに慣れているので、いきなり駐車場全面に描くにはとまどってしまうようです。または、駐車場にはイタヅラ描きをしてはいけませんと教えられているので、一番先に描きだすのを躊躇しているのかもしれません。
ですが、もう一度「本当に何でもいいから、どんどん描いて」と促す、チョークを動かし始めます。ですが、絵の大きさは小さいです。これは、いつも行っている絵画で画用紙からはみ出してはいけないと注意を払っているからでしょうか。
その意味では、規制に対する遠慮があって、自由にのびのびではない気がします。
是非、自由にのびのび活動する心地よさを味わってもらいたいです!

さて、今回は親子でのらくがきとなりました。
そういえば、私がこどもの頃は親と一緒にらくがきをしたことはなく、親となってから子どもと落書きをした経験もありません。
恐らく親子教室でしか味わえない体験でしょう。
好きな場所に好きなものを好きな色で描いても何もとがめられません。
保護者も楽しく子どもたちも楽しければ、御家庭にもHappyな雰囲気が届けられたことでしょう。











Posted at 2013年01月25日 20時33分40秒

雪が降らなくてよかったぁ

昨日の夜から降雪の予報が出ており、いつ降り始めるのか気になっていました。
やはり雪の場合には、歩きにくいだけではなく、車の運転や、雪かきなどいろいろ体を使ったり神経を使ったりします。また、朝の登園時間での降雪や積雪、路面の凍結などで通園バスの運行も考えなくてはなりません。
昨晩の天気予報では、間違いなく雪は降りそうで、積雪も2cmくらいあって雪は午前9時ころまで降り続くような雰囲気でした。
いつ雪が降り始めるのか、降った後はどのくらい積るのか、朝の道路の様子はどうなっているのかなど気にしながら、夜の空を気にしていました。確かに夜空には雲がどんよりとかかっていたようでした。
ずっと、気にしていましたが、雪はまだ降ってきません。
この目で確認しないと、明日の朝の対策は思いつかないので、とりあえず深夜まで待ちましたが雪は降ってきませんでした。とりあえず眠ることにしましたが、降り始めが遅れているのが余計に気になってしょうがありませんでした。
たとえば、朝起きて窓を開けたら真っ白で、雪がなおたくさん降っていたら、どうしよう・・・などなど。
情報収集が仕事では大事と身につけてきましたので、とにかくこの目でと思い、寝てはすぐに目を開け、たまに寝ぼけながら朝5時になり、そとは雪が全くないので、とりあえず緊急連絡網の必要はないと、ほっとできました。
そこから、暫く休もうと思い再び寝むりましたら大変。いつも起きる時間を30分も過ぎてしまっていました。
急いで朝の支度をして、さくら幼稚園に出勤してまいりました。
久々に眠むれない夜になりました。

こよみでは20日が大寒でした。こよみ通りに今が一番寒い時期で、雪やあられが降ったり、風が吹いたりと厳しい天候が続いてもおかしくないのかもしれません。
雪が降らなくて本当によかったです。


Posted at 2013年01月22日 19時57分25秒

作品展に向けての制作...

来月の2月2日(土)に開催される作品展に向けて、各クラスで制作活動が行われています。
平成24年度も三学期となり終盤に入っておりますが、一学期から二学期にかけては体を動かす活動の比重が多かったような気がします。恐らく運動会やお遊戯会などの発表が記憶に新しいことと子どもたち本来の持つ、明るさや元気などを引き出すために意図的に体を外で動かす活動(一般には外遊びと言われているもの)を取り入れていることから、そう思えるのかもしれません。
今回の制作活動は、単に先生のお手本通りに作るのではなく、自分で考えて、工夫して、自分なりに仕上げていくように行われています。
なので、活動中は難しいことやわからないことが出てきて、あきてしまう子もいるだろうと心配していました。
とりあえず、制作過程の写真でもと思い、各クラスへ入って行って様子を伺ってから、写真で記録を残すように決めました。

ところが、いざクラスへ入ってみると年少から年長まで、クラスの中がシーンとしていたり、子どもたちがテーマに従った会話をしていたりと、シャッター音で子どもたちの邪魔をしてしまうのは申し訳ないと感じてしまいました。
しかし実際にレンズを向けてられても、集中を乱す子はいません。
この年代の子どもたちの一生懸命な姿に驚きを感じるほどです。
やはりメリハリをつけるというか、やるときはやるという集中する習慣が各自に芽生えているのがとてもよくわかりました。

作品展に向けて、各自が自分の納得のいく仕上がりに作り上げ、得意そうに保護者の方や先生に見せてもらえたら嬉しいです。
私も今までとは違った、子どもたちの写真を作品展の時に、披露するように奮闘しています。
                                      (園長)


Posted at 2013年01月18日 21時05分10秒

爆弾低気圧



昨日の穏やかで温かな天候から打って変わって、本日は早朝の雨から午前中に雪に変わり夕方まで雪が降りました。
テレビの天気番組や天気コーナーでは、爆弾低気圧と本日の降雪の様子を伝えていました。
この爆弾低気圧という言葉を聞いたのは、今日が初めてでした。
夏場の“ゲリラ豪雨”または“ゲリラ雷雨”のゲリラと同じように、天気にぶっそうな名前をつけて、天候の激しさを現すのが気象の表現みたいです。

私の記憶にあるのは、1月の成人式の前後は以前は国公立大学の共通一次試験日で、私の通っていた大学も試験会場になっていて、なぜかその日には雪が降っていたことがあります。
今年もやはり雪が、それも大量に降りました。

雪といえば雪だるまや雪合戦、またはかまくらなどの真っ白な世界で、楽しみや遊びの世界ですが、朝からの雨や、降る雪の様子で雪はきれいには積っていませんでした。
幼稚園の庭も雪が水に浮いたような状態になっている所がほとんどでした。
そうなると心配なのが明日の朝の道路の路面凍結です。
取り合えず、雪の降りがおさまってきた午後3時過ぎに幼稚園へ出かけ、道路や園庭の様子をチェックしました。思った以上に、雪は溶けかかっていて、その後の雨のおかげで、大がかりな雪かきは必要なさそうでした。バスの運転手さんも園に来てくれて、道路に残っていた雪を道路の端にどかしてくれました。
とりあえず、あすの朝のバスの運行のことを幼稚園の前の道路の雪かきの状況から考えて、30分遅れでの対応のほうが安心と決断して、クラスの緊急連絡網を流すことにきめました。
連絡が全員に伝わったことを確認して9時前に園をでましたが、風が強くなって寒さもましてきました。
家に帰りテレビでニュース番組を見たら、本日の雪のことばかりで、あすの朝の通勤時間帯での路面の凍結によるスリップ事故やけがの注意を訴えていました。
既に道路などでは、雪はなくなっていましたが、明日の朝の登園が皆無事に行われることを、また近隣の方々の通勤通学が無事に行われることを祈っております。


Posted at 2013年01月14日 23時58分17秒

平成25年あけまして...

平成25年の元日を迎え、各ご家庭で穏やかなお正月を迎えられたこととお喜び申し上げます。
二学期の終了前に、園児の皆さんに年末から年始にかけての風習を伝え、制作も交えて新しい年を迎える準備をしました。
幼稚園児の作品には、独特の味わいや懐かしさがあり、いかにもお正月と思わせてもらえました。

年少


年中


年長


来る三月の卒園や進級で幼稚園での平成24年度は終了致しますので、引き続き園児一人ひとりの成長を促す保育を工夫してゆければと願っております。


Posted at 2013年01月01日 16時57分36秒