熊谷市で国際交流を通して園児の幅広い視野確立を目指す「さくら幼稚園」 いきいき のびのび 一生懸命な子どもたち
メインメニュー
WHAT'S NEW

平成26年度未就園児親子教室SAKURA CLUB(有料)のご案内

平成26年度 SAKURA CLUB〜未就園児親子教室について(通知)
「子どもの成長に本気で向かい合ってみると・・・」

目的:地域の子育て支援、特に「子どもの成長」の理解を深める
対象:幼稚園や保育園に入園していない2歳児及び3歳児とその保護者で「幼児教育とは?」と御一緒に考えてみたい方。
2歳児:平成23年4月2日〜平成24年4月1日生まれ
3歳児:平成22年4月2日〜平成23年4月1日生まれ

募集コース:1.火木コース
      2.水金コース

費用:本事業は営利目的のものではありません。
   従い費用は必要最低限に設定しております。詳細は園にて配布の募集案内にてご紹介。

開催時間:午前10時30分〜11時20分
開催期間:平成26年4月後半〜平成27年3月の保育対象日
     但し遠足や参観日、その他幼稚園行事等に重なる場合(11月1日の入園受付開始日     を含む)は開催なし。詳細は毎月のスケジュールにてご連絡。

開催場所:園内の保育室

定員:火木コース20名程度
   水金コース20名程度

内容:親子で幼稚園活動の一部を体験し、お子様には幼稚園入園に慣れて頂く。
   保護者には幼児理解や保育活動の理解を深めて頂く。

申込用紙配布開始:平成26年1月20日(月)
申込受付開始日 :平成26年2月5日(水)
募集案内や申込用紙はさくら幼稚園にて配布を行いますので、お受け取りにお出で下さい。

尚、通年の本クラブとは別に、入園前の体験をご希望の方には、平成26年度(平成26年4月から)に数回不定期に開催予定の体験会(無料)をご利用下さい。日程はホームページでその都度ご確認下さい。
 

Posted at 2013年12月27日 17時28分05秒

第二学期終業式にあたって

本日12月24日は、さくら幼稚園の第二学期終業式でした。
第二学期というと、どこの園でも運動会や遠足そして発表会が続き忙しい学期となっているようです。
私は、さくら幼稚園の二学期が子ども達にとって楽しみの連続となるように、更にいくつかのイベントを入れたり、既存の行事の中身を変えたりして、子どもたち一人ひとりが輝いてくれればと期待しています。特に12月はそのようなイベントが目白押しでした。
もちろん、行事によっては子ども達なりに緊張するものもありますが、緊張をしない子ども(人)はそう多くはいません。
緊張して困っている時は、時間が過ぎていくのを待つしかありません。
緊張感と戦える場合には、いつしか緊張感が集中力に代わり、最終的に「よし。やってやる。」という決断になり想像以上の力を発揮することがあります。
このような体験を繰り返し、人は成長を遂げていくのでしょう。
ですから、このような経験が心の成長には欠かせないようです。

ただ、むやみに緊張を強いるのは、子ども達の本来持っている『明るさ』を現せない、または、子ども達にとってもつまらない(意欲をそそるものではない)ものになってしまいます。
先にも書きましたが、子ども達の輝いている姿を見るのは気持ちのいいものです。
子ども達が輝くということは、子どもたちがいきいき、のびのび、いっしょうけんめいに生活している、活動しているからです。
明るい雰囲気での運動会。今年初めて企画したミニコンサートでは、園児たちが集まったホールがライブ会場かのごとく盛り上がっていました。そして子ども達がまさしく主役のハロウィン。晩秋の自然に触れて行ってきたリンゴ狩り。役になりきったり、はじけるくらいに踊ったヒップホップダンスなどのおゆうぎ会、父母の会の役員の方々の企画で大いに盛り上がったクリスマス会。期待通りの自由奔放ならくがきをしてくれた、落書き大会。
子ども達は色々な活動を行い、充実感を味わいながら、今までにない積極的な面も出しつつ成長を遂げています。
さくら幼稚園生活において、子ども一人ひとりの本来持っている、いい芽を摘まないように。またいい芽を伸ばしてあげられるようにと考えていますので、そのような成長を感じる場面に出会うと嬉しくなります。
 季節がら体調を崩して何名かの園児が欠席でしたが、本日で無事に第二学期が終了できました。そしてあと一週間で平成25年も終わりとなります。
気が付けばブログを書くのは10月16日以来となってしまいました。
最近は情報発信がしやすいと思い、個人的にも、短い文に凝縮して子どもの世界の伝えたいことや感じて頂きたいことを書きこむフェースブックは便利で多用しています。
久々に文章を書いたので、うまく文と文がつながっているか心配です。(実は作文は得意ではありませんでした・・・)
ただ、子ども達とにぎやかに過ごした期間は、子ども達との距離が縮まり、私もさくら幼稚園に来るのが楽しかったです。
 

Posted at 2013年12月24日 20時06分05秒

台風26号が去って

 本日10月16日は12日に行われた、さくら幼稚園の運動会の代休(15日)明けの登園日でした。12日は気温32度の中での運動会、そして昨日15日は平成26年度入園願書の配布開始と慌ただしく時が流れています。
その中で、出てきたのが台風26号。
十年に一度の大型台風で、かつ関東地方に上陸の可能性もあり、その時間が朝の通勤通学時間帯とのことで警戒を広く呼びかけられていました。
熊谷市の全ての小中学校は15日の昼頃には、16日を休校と決定していました。
 さくら幼稚園でも15日中に全ての保護者に「幼稚園を16日はどうするか」連絡する必要があり、検討しました。
出した決定は、16日はさくら幼稚園を開けることでした。
(ただ、園バスの運行は実際に台風の様子を見てみないと判断できないので、園バスの運行は難しいことも連絡に入れました。)
これには二つの理由がありました。
 一つは、台風26号のスピードが予報よりも早まるとの情報を得たことと、この台風の熊谷地方での雨量は大きな災害を起こすほどではないと予報から感じたからです。
また通勤通学時間帯ということは、幼稚園の時間帯を外れているとも思えました。
ただ風速の予報は気になっていました。
 もう一つはお仕事をされている母親の方に「仕事を急きょ休む」か「幼稚園児に留守番をさせる」かの困難な選択をさせるのは無理だと思ったからです。

 16日は早朝から、横からたたきつける雨音に起こされ、窓の外を見ると雨の量が音ほどではない事に安心はするも家の外に出て雨風の強さに気づきました。
園に出勤した時には、傘を横向きに差さざるを得ず、その傘も両手で押さえないと傘が飛ばされそうでした。同時刻に出勤してくれた職員は、傘が折れてしまったり、全身がびっしょりの雨具姿の者もいました。
さくら幼稚園には何の被害も出ていないことを確認できたのは幸いでした。
その後、時間の経過とともに雨の量が減ってきたのは助かりました。
午前10時前には雨も上がりましたが、強い風が吹き始めました。
台風26号の暴風圏の大きさに驚きました。
 このような状況でしたので、登園して頂いた園児は全員ではありませんでした。
普段は園庭で思いっきり体を動かす活動をしていますが、今日は台風の影響で室内のみでの活動でしたが、皆落ち着いた様子で保育を受けてくれました。
強い風は予報通りに、午前中は吹き続けていました。
そのためか、給食パンの到着も通常よりも遅れて、年少児たちのお腹がぺこぺこになった表情を初めて見ました。(でも、そういう表情に成長を感じました。)
パンの到着後、すぐに食べ始めたようなので、きっと残さずにおいしく食べられたことでしょう。

 そして帰りの時間となり、帰りのバスの運行開始とお迎えの保護者の方々が園に来られました。この時間では風速が落ちてきていたので、一安心して溜まっていた仕事を一つ片付けました。
そして最後の園バスが戻り、無事に園児たちが保護者のもとに引き取られたを教えてもらいやっと安心できました。
 夕方の職員会議後に、インターネットで台風26号のもたらした被害の大きさや温帯低気圧に変わったことを知りました。
 

Posted at 2013年10月16日 21時06分51秒

いい匂いにつつまれてきました

10月に入り朝晩の気温は下がり始め、特に今朝は肌寒く感じられるくらいでした。
そうなると本格的な秋の到来ですが、私が秋を感じるものにキンモクセイの花の匂いがあります。今までは葉っぱが固く、あまり目立たないキンモクセイの木ですが、この季節になるとどこからともなく甘くやさしい香りを届けてくれます。
さくら幼稚園にあるキンモクセイの木にも、10月に入りつぼみが見えはじめ、香りもかすかに感じられるようになりました。
その香りも日一日と本格的になり、つぼみの色も薄い黄緑から黄色味がかってきました。

さくら幼稚園では、今日は年中児と年長児が園外の公園のグラウンドに運動会の練習に出かけました。10月12日の運動会の前の最後の園外での練習となります。
さくら幼稚園を園バスで出発して、午前いっぱいをグラウンドで過ごすことになっていました。
そのため、園児たちは帰ってきてから、直ぐにお弁当が食べられるように、自分の席にはお弁当をだして、用意をして出かけて行きました。

私は遊びに夢中になっていた年少の子どもたちに、この香りに気づいてもらいたくて、キンモクセイの香りの感じらせるところで、「このへんで、何かいい匂いがしない?」と何人かに声をかけてみました。鼻をピクピク動かして何かを感じた子もいましたが、まだキンモクセイの香りが浅く、今までの空気とさほど違いが感じられない様子の子もいました。
さらに何人かに「このいい匂いは何だろう?」と声を掛けたあとに、ある子にも聞いてみたら、「いい匂いがするのは、だって出かけた年中さんと年長さんがお弁当を出していったから」との答えをもらいました。
この見事な答えには一本取られました。
食欲の秋もまた秋です。

 

Posted at 2013年10月04日 21時41分39秒

夏のお引越し

昨日は台風18号の影響で熊谷は突風の被害地区としてニュースなどで報道されていました。
まさか、熊谷市でそのような災害がでるとは思いもしませんでした。
さくら幼稚園は災害地区からは数キロ離れているので被害をまぬがれましたが、やはり心配なことは多々ありました。
台風18号、英語名マンニィが関東地方を直撃しそうだと14日の土曜日の朝のニュースを見てからは、幼稚園にきて園庭の木の枝を落としたり、砂場のビニールシートが吹き飛ばされないように重りにゴムマットをたくさん載せたり、高い所に掛けてあった日よけ用シートをハシゴに登って外したりと、ご近所に迷惑のかからないように対策をとりました。
また雨の量も心配で、今年の夏特有の大雨などの最悪の場合も考えて対策を講じてみました。
台風18号が通り過ぎてから、吹き返しの強い風が吹き、突風のニュースを聞いた後でしたので心配が膨らみましたが、この風では何も起こらずに台風は通り過ぎっていったようです。
夕方はある用件で外出し、夜になって外に出ると肌寒く感じる風が吹いていました。
9月に入っても蒸し暑く感じる気候に慣れていた体にとっては、乾いた冷たい風は秋の終わりを思わせるものでした。昨晩はさすがに夏のパジャマやタオルケットでは寒く感じた方も多かったのではないでしょうか。または久々の冷気でよく眠れた方もいらっしゃったでしょうか。
そして本日は、今までとは空気が全く異なり、カラッとして体を動かしても、仕事をしても心地良さが残り、やっと2013年の夏の引っ越しが終わって、秋がやってきた感じです。
身近に被害を残しての引っ越しは、いかにも2013年の夏らしいところでしょうか。
 

Posted at 2013年09月17日 22時13分07秒

facebook始めました

ソーシャルネットワークとして発展しているfacebookですが、さくら幼稚園でも数か月前に作って頂き、情報発信ツールとして活用を試みました。
本を読んだり、いくつかのfacebookを見たりして、自分なりにイタズラ精神で給食パンを提供して頂いているHolly'sさんのfacebookにコメントを出したりしましたが、さくら幼稚園のfacebookには思うように書き込みや写真の投稿ができませんでした。
facebookの効力などを伺っていましたが、なんだか言われるほどのものでもないと期待を裏切られた感じでした。
そんな時にfacebookやホームページでお世話になっているweb制作会社の方が来園され、facebookを見て頂いたら、さくら幼稚園からの投稿の設定がされておらず、他のユーザーからの投稿としてのみ扱われていたのが、その原因でした。
早速、さくら幼稚園からの投稿ができるように設定してもらい、今月初めから使い始めることができたというのが実感です。まだまだ手探り状態ですが、幼稚園の様子や子どもたちのことを今まで以上に伝えられればと考えております。
どうぞ、熊谷市の幼稚園 さくら幼稚園またはfacebook.com/sakurayochienで検索を試みて当園のfacebookを御覧下さい。
今のfacebookは実は未就園児親子教室のページが未完成です。こちらは近々完成予定ですので完成版をお待ちください。

追伸:最新のブラウザで当園のホームページをご覧になられている方には、トップページの写真が見えなかったり、ギャラリーページの見出しの写真が出ないなどの問題をおかけしております。先述のweb制作会社の方から、早急の対策としてホームページを作り直さないといけないと伝えられております。その作業も進行中です。スマートフォンやWindows8を考慮したページデザインになる予定です。そちらも暫くの間お待ちください。
 

Posted at 2013年09月11日 19時04分37秒

大きなバッタがいました



ブログにたびたび登場する昆虫ネタですが、今回はバッタくんです。
今朝、さくら幼稚園へ来たら何か大きな緑色のものが保育室の入り口のサッシの所に見えました。不思議に感じたので、よく見たら大きなバッタでした。
体長が10cmから15cmはありそうです。
おそらく、玄関の日日草の合間に隠れて生活していた大きな緑色の虫がこのバッタだったかもしれません。(というのも、数週間前の夜に帰る際に日日草が大きく揺れてのが見えて、昆虫が歩いた感じがしたからです。その際はカマキリだと思っていました。)
これだけ大きいのは、草むら以外では珍しいです。
大きな羽を利用して飛んできたのかわかりませんが、当園みたいな市街地にある場所でよく生息してきたなぁと感心しました。
ですから、園児たちにはこの大きなバッタのことは話していません。
(一人の女の子には、お迎えのお母様と一緒の時に伝えましたが・・・)
 

Posted at 2013年09月04日 21時22分36秒

ポートレート写真展

いつもさくら幼稚園の入園、卒園写真さらには、おゆうぎ会の写真撮影でお世話になっているヤナセ写真館主ヤナセ・セイジローカメラマンの写真展のお知らせをご本人から頂きましたので本日会場の某金融機関のロビーへ行って写真などを拝見してまいりました。
ヤナセカメラマンの人物写真は特に素晴らしく富士フィルム主催のコンテストで数々の受賞歴をお持ちのことは伺っておりましたが、会場に置かれていた数々の専門雑誌でも、記事としてヤナセカメラマンのことが紹介されていたり、その写真や投稿記事など、プロの中でも卓越した技術と才能をお持ちのことが改めてわかり驚かされました。
私は写真の世界には、ほど遠く展示されていた写真をながめていてもどこがどう素晴らしいのかわかりませんでしたが、写真から柔らかい印象というか温かい雰囲気が感じられました。
いつも笑顔で接して頂き、常に良いものを追及されている真面目な姿勢が写真に現れてきている気がしました。
しかし、そのようなご立派な方がこんな身近にいらっしゃったことに更に驚きです。
そういえば私の大学の時の友人が富士フィルムのプロ部に勤務しているので、ヤナセ・セイジローカメラマンのことを尋ねてみたいと思いました。
 

Posted at 2013年08月27日 20時42分47秒

残暑お見舞い申し上げます

暦の上では残暑という季節を迎えましたが、今年も体にこたえるくらいの暑さです。
特に今年は梅雨明け直後を除けば、比較的しのぎやすい日々を過ごしてきたので、猛暑の復活は想定外でした。
しかも今日は朝から(実際には昨日から)暑さに対する警戒がマスコミ中心にされていて、どんな一日になるか心配でした。
さくら幼稚園に来て、園庭の木や植物を風通しが良くなるようにトリミングしていたら、ひまわりにいたかわいいきれいなカマキリの子どもを見つけました。
きっと体の色とひまわりの葉の色が同じなので、鳥などの外敵から身を守るように住みついていたようです。



カマキリの子どもの透き通るようなエメラルド色に涼しさを感じ、暑さに負けないひまわりの黄色とのコントラストが不思議な感じがしました。

そういえば、さくら幼稚園のある熊谷市では本日が花火大会です。天候も心配ないようなので予定通りの花火が期待できそうです。
熊谷市は39度を超える暑さでしたが、四国や山梨県では日中の最高気温が40度を超えたところがあるようです。
夏がゆっくりとゆっくりと過ぎていくのでしょうか。
 

Posted at 2013年08月10日 18時59分34秒

大滝げんきプラザから帰ってまりました

埼玉県私立幼稚園新規採用教員研修会の手伝いで8月5日から昨日の7日まで、秩父地方に位置する大滝げんきプラザに宿泊してまいりました。大滝げんきプラザは標高900メートルにあり、気温は平地に比べて約5度低くなっているそうです。
5日と6日は雲の多い天候でしたので、大滝では風が涼しく木陰ではエアコンの効いた部屋にいる感じました。
夜になると涼しいよりはちょっと寒く感じるほどでした。
7日は朝から晴れましたが、6日夜の雨のせいか山特有の涼しさで長袖を着ている人もいました。その後、夏の太陽が久々に戻ってきたようで、研修会が終わり7日の夕方に熊谷に戻った時には、標高差と気温差に体がついてゆけず約2時間のドライブでのだるさも重なりました。
昨日は、気温差とくに気温の低い所から気温の高い所に行った時のだるさを思い出させてくれました。
若い頃に、季節の違う南半球へ行ったり、気候の穏やかな時期に気温の高い中近東や南アジアへ行った時に体が疲れて直ぐに眠くなった記憶がよみがえりました。

今日もさくら幼稚園には預かり保育の子どもたちが登園して頂き、夏の預かり保育ならではの活動を行い時を過ごしていました。
夏休み中の預かり保育は明日9日が最終日で、お盆休み明けの19日から夏期保育が始まります。
天気予報では、これから猛暑日が続くらしいですが無理をしないで体に気を付けて過ごして頂くようにお祈り申し上げます。
 

Posted at 2013年08月08日 20時08分05秒