ヒーリングスクール「ディヴァライト」(女神の光)は、ハートのスクールです。 くつろぎながらみなさまが自分を知り、自分を癒し、自分らしく生きていくためのセミナーを提供しております。 オーラソーマ英国認定校ですので、資格取得のコースも随時開催しております。
オーラソーマレヴェル3コース

オーラソーマ レベル3 2015年12月28日

★ 今回オーラソーマレベル3を受講して、本当にたくさんの気づきや学びがありました。
私は去年まで、自分自身にある弱さや傷を隠し、人や状況、できごとを力でコントロールしようとし、まるで鎧を身に着けているかのように、重く息苦しく生きていました。
それがこの1年、オーラソーマを勉強し直し、人生で起こることや人は変えられないけれど、自分自身の在り方は変えられることを知りました。
レベル3は、この1年経験を通して勉強してきたことの集大成となりました。
エッセイを書き、自分自身と向き合うことから始まり、マインドマップから自分自身の幸せ、本当に求めていたことを探り、タロットカードのストーリーからも自分自身を知ることができました。
傷つくことを恐れて身につけていた鎧も脱ぎ去ることができたのでは、と思います。
みなさまのお陰さまです。本当にありがとうございました。

Posted at 2015年12月28日 21時57分38秒  /  コメント( 0 )

オーラソーマ レヴェル3コース 2013年12月29日

★ レヴェル3では「愛とグランディング」について深く感じることができたと思います。オーラソーマのテキストの色はレヴェル1はブルー、レヴェル2はイエロー、レヴェル3はレッドです。今回のレヴェル3ではブルーとイエローからレッドが生まれるその理由を知るという3原色のつながりのより深い理解とレヴェル1からの学びの集大成といえるものでした。ブルーは全てが1つであり、生命の樹のそれはケブラーの部分。とても神性なところ。そこからイエローで「知る」というところから人は分析することを覚え不安が生まれたこと。生命の樹のティファレトの部分。レッドでブルーの神性な天の意志とイエローの自分の意思を統合しグランディングすること。生命の樹のマルクトの部分。これらの色はマスターシークエンスの並び方、生まれた順とも一致すること。そして3つのセンターの理解にも繋がり、また三位一体の例えば父は神性なもの(天の意志)、子は私たち人間(自分の意志)、精霊は地上の植物、鉱物に宿り、グラウンディングの象徴であり身体を持っていないことから人間が現実に行動し形に残すことができることにあこがれを持っていることなども生命の樹を見ながらレヴェル3でやっと理解、納得できました。

そしてマインドマップにより自分が幸せなときはどんな時かを描くことで、自分が地上で生きていることは心身共に健康であること、それは現実の世界で働くこと、食べること、眠ることはもちろんのこと、精神の健やかさは天上の意志といった創造の世界も必要なものだということの気づきが得られるワークでした。また「超然」とすることのワークもただ愛をもって見つめる。とても難しいことだが、難しいと思う自分を否定する必要が愛をもって見つめることができれば楽に人生を生きていけると教えていただきとても楽しかったです。私たち人間は精神性、神性なるものの大きな存在を創造することができる存在であり、身体を持つことで愛を言葉にして人に伝えることができ、笑うことも楽しむことも悲しむことも分かち合える。そして地上の自然とふれあい、自然の恵みにより身体に栄養を取り込んで生命の維持ができていることも知ることができる。天と地の間に私は身体を持っている。身体を持っているから愛を表現できる。先生が愛を持って接して下さったことから私は「愛」と「グランディング」といった「レッド」について知ることができたそんな6日間でした。とても楽しかったです。本当にありがとうございました。

Posted at 2013年12月29日 20時10分58秒

オーラソーマ レヴェル3コース 2013年12月26日

★ 6日間どうもありがとうございました。そして大変お世話になりました。武藤先生のコースに参加するのは初めてでしたが、受講して本当に良かったと思っています。
コース中に何度も表れる私のギフトとなり得るチャレンジ。改めてオーラソーマの凄さを実感し、またその気づきも武藤先生だったからこそ、愛をもって自分の中に深く落とすことができたのだと感じております。コース内容をただ伝えるだけではなく、噛み砕き、ひとつひとつ丁寧に教えていただいたことに本当に感謝しています。

また、参加メンバーとオーラソーマの知識の差がありすぎて、最初は本当に緊張していましたが、みなさんとっても優しく受け入れてくれ、最後まで無事に参加することができました。その一緒に参加させていただいたメンバーのみなさんとは長い付き合いになりそうな予感もあり、そんな仲間に巡り逢えたことも財産になりました。

受講中にたくさんの気づきとたくさんの優しさと愛に包まれて、とても楽しく幸せな時間でした。本当にありがとうございました。

Posted at 2013年12月26日 19時46分34秒

オーラソーマ レヴェル3コース 2013年6月9日

★ 6日間ありがとうございました。マスターシークエンスとタロットとカバラの生命の樹の学びで、ようやくオーラソーマの謎が解けて、ボトルの理解がとても深まったと思います。今回は今まで選ばなかったボトルに目がとまり、新しい学びがあったように思います。今までディープマジェンタに目がいくことがなかったのですが、2日目からB78が目につき(1日目の夜に、猫が一匹亡くなったのですが)ちょっと驚きました。ディープマジェンタの理解ができたわけではないですが。今まで暗い色だなと感じていましたが、きれいな色にみえるようになりました。3日目終了後、結構疲れて頭がいっぱいで自宅でボトルを見たときに真っ先にレッドB6が目についたのもおもしろくて、いろいろな色の体験ができたなと思います。だいぶ変わり始めたのではないかと思っています。

★ ありがとうございました。再受講でしたが、前回よりもよく理解することができたり、忘れていたことを再度思いだしたり、より深く自分を見つめる機会がもてました。自分をより知っていくことは自分を成長させること。“自分をもっとよく知る”ということがなかなかできなかった時期でしたが、自分の癖に気づいた気がします。新しい物語が始まろうとしています。物語の中で自分がどんな役割を演じていくか、ワクワクどきどきで、そして自然体でその役を引き受けようと思います。

★ コースを通して、毎回コンサルを受けているような、きめ細やかなケアをしていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。まるで私のためにコースがあるような、そんな錯覚までしてしまいました。そしてエッセイに書いていたことがそのままコースの中で再現され、体験を通してのより深い気づきに発展させていただきました。コース中は復習をしっかりしてくださったので、まずそこが安心して次に進める心の準備になっていきました。私がこのコース中に発見したことは、私の人生の中でいつ、どんなときも繰り返しているパターンでした。今まではそのパターンを知ってはいたけどどうしたらよいか対処できなかったところに、いろいろな角度から気づきの鍵を開けてもらえたこと。言葉では伝えきれない恩恵をありがとうございます。

Posted at 2013年06月09日 20時25分58秒

オーラソーマ レヴェル3コース 2012年4月19日

★ レベル3でエッセイのことをシェアできたことはとてもよかったと思いました。最近ずっと気になっていたB100メタトロンをレベル3の途中で購入しました。使っていたボトルと一緒にメタトロンを使いました。とてもやさしいボトルだと感じました。レベル3のタロットのフールからの旅の説明を聞いているうちに、自分はどうだろうかと考えました。やはり、父のこと、祖父のこと、姪のこと、大切な人たちの死のことがあり、スピリチュアルな世界、そしてオーラソーマの本を手に取ったのもこの頃でした。もう自分を責めるのは終わりにしようと思います。自分を許してあげようと思えました。私を今、こうしてオーラソーマを学ぶ機会へとつなげてくれたのも、大切な人たちとの別れがあったからだと改めて振り返り気づくことができました。グリーンのポマンダーのPDMの時に森の中で木になり、本当にただそこにいるだけで幸福でした。本当に素敵な瞑想でした。桜の瞑想もよかったです。レベル3までがんばって受講して本当によかったです。先生ありがとうございました。一緒に学んだみなさんのおかげで楽しく、深く学ぶことができました。スタッフのみなさんにも毎回たくさんお世話になりました。ありがとうございました。

★ レベル3では大変お世話になりました。このタイミングで思い切って再受講してよかったと思います。10年のブランクのあと、武藤先生のレベル1を再受講した2008年からオーラソーマが私の中でどんどん大きな存在になっています。最初の受講もとても楽しく、スピリチュアルな世界に興味があった私にとって、やっと居場所が見つかった安心感がありましたが、20代ということもあってか、今と比べると理解は浅かったように思います。オーラソーマに出会って、現実的に地に足をつけて生きること、自分らしく生きることの大切さに気づき、どうやったらそうなれるのか・・・そんなことばかり考えていましたが、大切なのは内側に目を向け、本当の自分に気づくことだったのに、外側にばかり目が向いていました。オーラソーマと出会ってから、少しずつですが、軽やかになっているのを感じています。これからも癒しの過程を楽しみたいと思います。オーラソーマ、特に武藤先生のコースで得られることは私にとっての生きる糧、魂の栄養です。武藤先生の言葉ひとつひとつが心に響いています。魂が喜んでいます。過去を手放し、本当の自分を取り戻して生きて生きたい。そしていろいろな方達に希望をたくさん伝えていきたい。そんな風に常々思っていたのですが、レベル3の最終日のゴールデンスレッドでもそんなメッセージを受け取ることができました。過去を手放し自分を丸ごと受け入れる。自分が癒されることで人も癒すことができる。内なる教師とつながり、本当の自分に気づく、安心して信頼して、もっと愛や希望を表現していく。灯していただいたキャンドルの炎を今度は誰かに灯す番ですね。ありがとうございました。

★ オーラソーマに関することはもちろんですが、武藤先生が本当に惜しみなくスピリチュアルを生きるということを伝えてくださり、そしてその中でご縁をいただいたみなさまと学んだあの空間があったおかげで、私はまたたくさん気づきを体験させていただくことができました。レベル3の中で、私は大天使サンダルフォンのボトルを意識の中心に置いて学んでいました。レベル1、2、PPSの中ではそのボトルのメッセージを知ったというだけで喜びや癒しがありましたが、今回はそのボトルのメッセージを実際に体験しているという感じがありました。自分の中のネガティブな部分を感じた時、“とても辛いな”と思います。それは以前も今も変わらないのですが、そのネガティブな部分もまるごと受け入れていく中で、辛さと同時に喜びがあるのを感じました。そして自分の中に確実にもう一人のとても傷ついている自分がいるのに気づき、だきしめてあげることができました。これが全てのレベルのネガティビティの変容というボトルのメッセージに繋がっていくのかなっと思いました。それから今まではあまり意識していなかったのですが、バースボトルであるB32ソフィアの生命の木の中での意味を学んだとき、この葛藤の多い私の人生に理解と愛を持つことができました。コース中に先生が「自分の弱さ、繊細さと向き合うことで、それが強さや愛に変わる」とおっしゃってくださいましたが、まさに今それを体験しているような気がしています。怖れを超えてブループリントを生きていきたいと願う中で、生命の木やタロットを通して学んだボトルメッセージが更に勇気をくれました。今回学べたこと、感じたことを大切にしてまた一歩一歩進んでいきたいと思います。武藤先生、スタッフのみなさま 6日間ありがとうございました。

★ 「生命の木」に苦しみながらも糸口を見つけられたのが嬉しい。長くて短いコースでした。2ヶ月に渡るコースの間、授業の時間はあっという間で休み時間でさえも何らかの驚き、喜び、学びのある濃密な6日間だったと思います。初日のシェアで似たような体験を持つ方たちの話を聴けたこと、そこに自分が入っていくことはできませんが、私にとって必要なテーマであったことは間違いなく、その場に居合わせられたことに感謝しています。小さなシンクロではありますが、前回(第1回)のスピリチュアルセラピスト養成講座で一緒だった3人が全く同じ道筋で武藤先生のところにたどり着いたことが今回の最終日でわかり、感激しました。シェアのときにここまでオープンになれたのは初めてで、コースに集まったみなさんの温かさにとても救われました。何よりLevel3を無事修了できて今は幸せ一杯です。ご指導ありがとうございました。

★ 武藤先生のクラスは初めてでしたが、素晴らしい時間を過ごせました。やはりすごいです!ありがとうございました。クラスのみんなにも会えてよかった。初対面なのになんだか懐かしい人たちがいるのに驚きました。自分の実践の少なさや離れていた時間に忘れていたものを知ることとなり、反省もしました。もっとオーラソーマとともに過ごす時間を増やそうと思いました。もっと自分を深く見つめる必要もあることに気づかされたと思います。過去の自分と向き合うことがエッセイを書くことで始まり、生命の木、タロット、ゴールデンスレッド。盛りだくさんで大変でしたが、楽しかったです。自分の中にあったもの、得た知識がまさに統合していくような瞬間がありました。レベル4の論文に挑戦することにも興味はありますが、ふと肩書きが必要なのか?など、いろんな疑問も湧きます。ただ、たくさんの人にオーラソーマの考え方は伝えたいです。どの角度から自分は表現できるのか、それを知るために勉強はやめられないですね。実践も積まなければ!! また先生から学びたいと思っております。本当にありがとうございました。

Posted at 2012年04月19日 18時39分04秒

オーラソーマ レヴェル3コース 2009年9月13日



Posted at 2009年09月13日 19時50分36秒

オーラソーマ レヴェル3コース 2006年4月16日

★長い旅は終わった訳ではなく更に続いて行く。その旅の中で又新しい発見・気づきが無数におとずれるだろう。そのどれも私自身の内から出たもの。「信頼して良い。」オーラソーマレヴェル3では、人生の壮大なドラマを目の当たりに見た感じがします。それは自分のドラマでもあり私たち全ての人のドラマであり、再確認(ここがポイント)出来た事は心ふるえる感動でした。先生、多くの仲間に感謝!!

★オーラソーマというと何か神秘的なもののように思われがちですが、私にとってオーラソーマの教えが日常の中に違和感なく溶け込んでいます。現実に生かされなければ意味がない、ということですね。マスターシークエンスについては、レヴェル1、2の総まとめであり、私たちが天=源とひとつであり、自分の才能を表現していけば、天からのサポートが与えられる。そして、それはエゴを越えたものであること。生命の木やタロットも、これからじっくり味わいたいし、課題を与えていただいたように思います。マインドマップは、頭の中を整理して効率よく物事をすすめるのには良いもので、書くということがどれだけ有効かが実感できました。5日目の他の受講生の方のシェアは、本当にしていただいて、先生の受講生に対する思いやりを感じましたし、人をサポートするとき、その人に対して暖かい目で見守りながら導いていくという、先生のカウンセリングを見せていただきました。6日間はあっという間で、とても充実していました。毎日のポマンダー、クイントエッセンス、カラーブリージング等、大好きです。ありがとうございました。又お会いする日まで。その時もまたよろしくお願い致します。

★レヴェル2から約1年経っての受講でしたが、その間に学んでいたタロットや占星術、数秘術とのつながりがあって、とても面白いコースでした。カバラの生命の樹は、ちゃんとマスターしていきたいと思え、それをコンサルテーションに生かせていけたらより興味深い結果が引き出されていくのではないかと考えましたので、頑張って勉強を続けていきたいと思います。「人生は舞台」私は自ら悲劇のヒロインを選んでい続けました。でも、グラウンディングして、超然とすることで、非自己同一化できる。という事を先生が何度も強調してお話し下さった事、絶対に忘れず、実践していこうと決めました。本当に面白い六日間でした。ありがとうございました。

★レヴェル3・・・タロットカードと生命の木の流れから見たオーラソーマとの繋がりは、頭で考えて作られたものではなく、言葉では語り尽くせない神秘のエネルギーから必然的に繋がっていることを感じました。全て理解しようと思うと難しいのは、それは神秘だからなんだろうナーと思います。人生は神秘。超然とする、センタリング・・・このレッスンは、とても難しいけれど、自分を幸せにするプロセスにおいて、とても大切なことだと思いました。エネルギー(自分)の流れは、相手にも伝わる。ワンネス、センタリング、レヴェル1からレヴェル3まで来た意味は、心から「Happyを皆で分かち合いたい!!」ここにある。愛に満ち溢れた武藤先生からオーラソーマを学び、幸せです。魂の成長を楽しむ歓びを分かち合えた仲間達にも感謝しています。このクラス全員と学ぶ意味があった・・・セミナールームは毎日愛でいっぱいでした。本当にありがとうございました。武藤先生大好きです。みんなが大好きです。

★2年ぐらいのブランクがありましたので、クイントエッセンスの選び方など、学んでいた頃とは変わっていましたので、前半は日々復習が必要で、少々疲れ気味でした。オーラソーマは常にかかわり合っていく事、学んでいく事が大切だと痛感です。レヴェル3は今回再受講で、前回はかなりハードでしたが、このコースでやっとレヴェル3が何なのか?がわかりかけ始め、学べば学ぶほど興味深く、レヴェル3も再受講したいと思っています。これからがスタートです。

★オーラソーマについて、より深く知る事が出来ました。レヴェル1、レヴェル2までも基本で大切な部分ですが、レヴェルアップ度が違うと思いました。共に学んだ方達と、多くのシンクロを感じ、多くの喜びを分かち合い、とても大きな楽しみを共有できた事に感謝します。とても素晴らしい6日間でした。ありがとうございます。

★レヴェル1からレヴェル3まで、最短コースで学んできました。ついていくのに精一杯といった感もありましたが、流れに乗って、正しい時に正しい場所にいるのだという実感を得られたように思います。オーラソーマについての奥深さをより一層体感できたと共にとても楽しい6日間をすごせました。むずかしい内容であったとしても、最終日は達成感とすっきりした状態でいることができました。今後は楽しくコンサルテーションを行っていけるよう、より知識をふかめ体感していきたいと思います。

★私は、レヴェル1、レヴェル2を違う先生とセミナールームで受講しました。それで、今このレヴェル3を受講させて頂いて思った事がありました。それぞれの先生方の性質や勉強量や経験によって、いくらオーラソーマが同じものであっても、表現が変わる(本質の意味は同じですが)のではないかと感じました。それは好奇心や変化を好む私には楽しかったのですが、反面一人ひとりの先生方がその先生なりに授業の流れ(レヴェル1〜3)を組み立てて教えていらっしゃるのに、ぶつ切りになってしまう事もあるということ。残念ですが、私の中でうまくつながらない事柄もありました。でも、すごいすごいラッキーなことに、かなり武藤先生にそれをフォローしてつなげてもらえて、色々な事がつながりスッキリしました!!ありがとうございました!!! それから、やはり2年間のブランクで、自分流にオーラソーマを勉強してましたが、オーラソーマは正しい知識を勉強しないとダメだなぁーと痛感しました。これからは、もっとハートを開いた勉強したいです。

★こんなに楽しいコースはないと思いました。タロットカードを初めて1枚引いてみました。「デヴィル」でしたが、オーラソーマはネガティブにとらえない、というのが本当にオーラソーマらしいと思いました。やはり、人を不幸にするのではなく、幸せな気分にさせてくれるというのは、すてきです。これから、出産をむかえますが、「オーラソーマ・ベィビィ」なので、きっと幸せな子が産まれると思います。たくさんの仲間も出来、本当に良かったです。ありがとうございました。

★これでオーラソーマの全体像を知ることができました」と先生から聞いて、ゴールを意識せずにここまできたけれど、いつの間にか一つの段階を終了したんだと気づくとともに、ここからが本当のスタートなんだという実感を得ることができました。いまは材料をテーブルに並べられただけで、料理をして味わっていくのはこれからの楽しみ。はじめてオーラソーマのボトルを見たときには思いもよらなかった広い世界を見ることができ、その世界に自分が求めていたもの、好きなものがすべて用意されていたことが驚きましたが、これからもっとその世界で自由に楽しめるようにエネルギーを上手に使えるようにしていこうと思います。コースを通して得たさまざまな出会いと、あたたかく力強く導いてくださる先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

★あっという間の6日間でした。実は今回のレヴェル3に参加する事をすごく迷っていました。でもコースが進むにつれて参加、受講して本当に良かったと思いました。より深く自分自身を見ていく事の大切さ、オーラソーマを通じて自分が更に成長出来た事は本当にプラスになりました。「私たちは正しい時に正しい場所にいます」という言葉をいつも心に留めていきたいと思います。

★昨年7月にレヴェル1を受講して、その後11月にレヴェル2、そして今回レヴェル3を受講させていただきました。正直、どのレヴェルでも情報量が多いので、自分の頭の中では理解しているつもりでも、いざ、それをコンサルテーションに活かす、となると、混乱していました。でも、今回レヴェル3を受けたことによって、いろいろな謎が解けて、スッキリしました。今回は本当にいろいろな場面で気づきがあったコースでした。中でも目から鱗がボロボロ落ちたのは、タロットについてです。占いは嫌いな方ではありませんでしたし、タロットカードのコレクションもしています。でも、今回のそれぞれのカードに対する解釈は非常に興味深く、ある意味、感動しました。そして、最終日の生命の木を使った金の糸のリーディングには驚愕と感動がありました。まさに、今の私を映し出していましたし、そのメッセージは私の背中を暖かく、力強く押し出してくれるものだったからです。オーラソーマは本当に自分を映し出す鏡なのだ、ということを身をもって感じることが出来ました。その日の私のセレクトは、クラスで最多の21本のイクイリブリアムボトルが導き出すものでしたが、それが見事に繋がっていく様は、ビデオに撮っておきたかったくらいの感動がありました。しかし、レヴェル1から数えて、たった18日間の授業でレヴェル3まで終わってしまう、というのはちょっと怖い気もします。オーラソーマには、本当にいろいろな情報が含まれており、それを理解するには多角的な読解力が求められるからです。レヴェル2修了時点ではなく、レヴェル3を修了して初めてコンサルテーションしていいですよ、っていう方がいいような気がします。なぜならば、私がクライアントの立場だったら、レヴェル3の知識を持つプラクティショナーさんにみてもらいたいからです。マニュアルが幅をきかせている日本では、オーラソーマはその1回1回のコンサルテーションがライブであり、クライアントさんも一人ひとり違うし、同じクライアントさんでも、その周りを取り巻く状況が変化すれば、その心理状態も変わってくるわけなので、1+1=3もある、というような柔らかい頭でもって接していかないといけないのだなあ、とつくづく感じました。そのためには、レヴェル3までの情報を習得し、超然としてクライアントさんに接した方がいいんじゃないかな〜と思ってしまいます。私は、レヴェル3まで修了したオーラソーマのプラクティショナーとして、これまでの知識と武藤先生の教わった様々なことを大事にして、その資格に恥ずかしくない、そして先生の名前を辱めることのないプラクティショナーを目指して、頑張っていこうと思います。レヴェル1からレヴェル3まで、武藤先生に教えて頂けて、自分が選んだこととはいえ私はラッキーでした。本当にお世話になりました。どうも有難うございました。武藤先生は、本当に“LOVE & LIGHT”な方でした!これからも、どうぞよろしくお願いいたします(早くもレヴェル1再受講だったりして?)。

Posted at 2006年04月16日 17時15分27秒

オーラソーマ レヴェル3コース 2005年12月28日

★「レヴェル3は難しい」と聞いていたので、心して受講しましたが、不安に反してとても楽しめました。いろいろ教えて頂きました。あとはじっくり消化・吸収したいです。このコースで一番感じたことは「分かち合い」。自分が一年前に比べてオープンになっていることに気がつきました。去年の11月にレヴェル1を受講した際はかたくなだった気持ちがあり、バリアをはっていたように思います。当時のクラスメイトと今、じっくり話せてシェアリングできた事がとても嬉しいです。ちっちゃな事ですが、大きな課題がそこに含まれている実感があります。例えば、自分に対する愛情、信頼、ハートからのコミュニケーション…。コースを通じて、自分自身の人生が変化している。宝ものです。武藤先生、スタッフの方、クラスメイトやサポートしてくれた周りの人に感謝の気持ちで一杯です。

★コースに参加する前、とても難しいコースだと聞いていたので緊張してしまい、少し恐れがあったように思います。けれど6日間集中はあっという間で、難しさよりもオーラソーマと古代の叡智とのつながりや奥深さに感動してしまいました。ますますオーラソーマを知りたくなり、基礎に立ち戻りたくなったので、近々レヴェル1の再受講をしたいと思っています。ますます興味あることが増えてきて、学校の勉強が嫌いだった私が、学ぶことの楽しさでいっぱいです。あとはコンサルテーションの練習を積んで、クライアントの立場に立って色のメッセージを伝えられるような、超然として目の前で起こることを見守りつづけられるような人でありたいと思っています。

★今回の受講を終えて気がついたことがたくさんありました。オーラソーマの全体像、そしてカバラの生命の木のことは初日に「知りたいこと」の欄に書きました。実際にいざ勉強をしてみると奥が深く、知った分またさらに未知の部分が増えたような印象です。タロットとの関連などオーラソーマの理解以上に複雑なことが多く、終わった後もかなり復習しないと本当の理解に到達できない感じです。でも知った(わかった)ことからしっかりとグラウンディングさせて、日々のコンサルテーションや生活に活かせてゆけたらいいのかなと思いました。他に、他の受講生の皆さんの生の声をたくさん聞くことで、それがとても身になった気がします。同じような考え方の方もいれば、全く視点の違う方もいたり、視野が広がりました。ふだん、ひとりでばかりオーラソーマに取り組んでいると、つい本来のやり方からはずれてしまったりしますので、今後もスキルコースや再受講できるときに訪れたいと思います。“エインソフオウル”とつながって、光を地にもたらせる存在になれたらいいな、から、今はつながって光を伝える役をいただいた存在になれた気がします。どうもありがとうございました。

★久しぶりにオーラソーマのコースを受講し、いろいろなことを忘れていたのに気づきました。久しぶりのカラーメディテーションもとても気持ち良く、クリスマスの時期だったので、キリストのクイントエッセンスに癒されました。生命の木はとても奥が深く、タロットカードとのつながりもあって、もっと勉強しなければならないと思います。そしてまた、いろいろなことに気づいていきたいです。

★2日間の欠席が入ってしまったレヴェル3でしたが、今このタイミングで学び、この仲間たちとコースを終えることができた事に大きな感謝を感じています。知識の吸収という点ではやはり2日間のブランクは大きく感じましたが、2日目・4日目に頭を休める事もでき、エネルギー充電できたので良かったです。休み明け、タロットで「フール」を選んだ私、やはりポジティブにとらえ、学びのスタート、入り口にいるんだなと感じます。エッセイを書く事で、自分の中の光に気づけた事も、本当に私にとっての宝物になりました。レヴェル4に向けて論文・コンサルテーション60回も私にとって大きなチャレンジでありますが、自分のペースでじっくり取り組んでいきたいと思います。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

★レヴェル3コースは、今まで取ったコースの中で一番楽しいクラスでした。授業内容は分かりやすく、本当に楽しかったです。今回のテーマはレッドの超然であり、ヴァイオレットの人生を客観的に見ること、それを知ってとてもよかったです。また、毎回思うのですが、武藤先生の教えは、私が信じて、そして実行している内容と全く同じで、とてもつながりを感じます。本当に先生の教えは心にひびくし、感動します。人間は思ったより忘れっぽく、先生が何度も繰り返し伝えてくださる事により、より心に残り、どんどん自分の物になりました。今年はオーラソーマを基礎として成長できたので、来年は自分をもっと大切にして、人にも心から物を伝えられるようになりたいと思っています。ありがとうございました。

★再受講しましたが、とてもわかりやすく丁寧な内容で、今までわからないままできたことがずいぶんクリアになりました。1度目の受講時は、生命の木やタロットについての知識が皆無だったため、聞くことでいっぱいいっぱいだったということもありましたが、武藤先生の隅々まできめ細かく関連付けられて構成されたレクチャーは、きっと初めての方でもわかりやすいと思います。最後のテストでは、小賢しい知恵をフル回転させて、裏の裏まで読んで失敗したり、間違えて覚えていた事実が発覚したり、かなりへこみました。アバウトな自分に気づいてはいましたが、謙虚な気持ちでまた勉強し直します。

★命の木を学び始めた時は本当に分からなかった。並べられたボトルをながめても、つながりがわからなかった。今日選んだボトルをゴールデンスレッドになぞらえてボトルを並べ意味をつなげていった時、プロセスが明確化され経過もわかり、4本のボトルの理解が深まったように思う、他の2人のゴールデンスレッドもそうだった。今回は、リラックスして深く呼吸する事、信頼を深める事、がテーマになりそう。今まで、意識的に自分について深く考えないようにしていたように思う。仕事やある物事については意見が言えても、自分のことについては自信が持てなかった。レヴェル1〜3、カウンセリングスキルトレーニングを終え、私はやっとオーラソーマのスタートラインに立てたような気がする。自分について意識的に考えてみるようにしたいと思う。

★オーラソーマに出会えて、深い意味でよかったです。武藤先生から学べて、オーラソーマのコースで出会えた仲間たちと、かけがえのない時間が過ごせました。レヴェル3で、私の中でまず卒業式。そういう気持ちで、受講しました。これから、いろんなアプローチで、自分の内側の成長と、わかちあっていくことをしていきたいと思っています。来年は、とにかく楽しむ!!ということをたくさん私自身にさせてあげて、満たしていきます!! また、これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

★生命の木とのかかわりを学習し、オーラソーマの神秘とすばらしさを再認識できたことが一番印象的でした。タロットやヘブライ語にはなじみがないので最初はくじけそうになりましたが、学習を進めていくにつれて楽しくて仕方ないといった感じでした。知的にチャレンジングなコースでした。さらなるオーラソーマへの洞察と理解を深めたいと、モチベーションもあがりました。武藤先生から学ぶ機会が得られたことは大切な転機となりました。一言一言が説得力があり、ハートフルなエネルギーをいただき勇気付けられています。ありがとうございました。

★難しいコースだと聞いていて、本当にその通りでしたが、それよりも何よりも楽しかったです。いかに左脳的に考えていることが多いかを感じ、もっと心を解放して、深いところを見ていけるようになりたいと思いました。武藤先生の話される言葉のひとつひとつがハートに染み渡り、これからプラクティショナーとして進んでいくための糧になりました。たくさんのハートからの教えを有難うございました。10月にブリッジに参加したいと思いますので、よろしくお願い致します。

★今回、レヴェル3を受講する前に「生命の木」ということだけ聞いていて、「生命の木って何だろう?」と思っていました。実際取り組む際、タロットで0〜22番までのストーリーを学び、とてもおもしろかったです。今まで友人と占いに何度か行き、タロットで占ってもらった事はありましたが、タロットのストーリーまでは知らなかったので、知った時は、タロットで占うというよりもストーリーに共感し、自分は人生の中でどんな状態になるのか、どこにいるのか考え、どういうふうに考えたらいいのかわかりました。生命の木で4つの世界に分け、自分で選んだ4本をつなげてパスやスフィアを通ってこまかく見たことによって、4本のつながる過程を見ることができたので、とてもわかりやすくなりました。

★レヴェル3は、今までのレヴェル1・2に比べて知識を詰め込むというよりも、体感し、内に入っていく感じを受けました。生命の木自体はさわり程度位しか理解できていないかもしれませんが、これから実生活や自分でオーラソーマを学びながら統合していければいいのかと考えています。セミナーはとても解放的で、外からの生徒であってもバリアフリーで受け入れて頂ける体制がとても嬉しかったです。ポマンダーやクイントエッセンスのワークでも、とても丁寧に誘導して頂いて、色々な感覚を味わえました。木目細かくフォローして下さる武藤先生の配慮と、裏で一所懸命動いて下さるスタッフの方にも感謝しています。この温かく優しいものを自分なりにも、他の方々へ伝えていけたらと思います。本当に6日間、ありがとうございました。

Posted at 2005年12月28日 17時13分30秒

オーラソーマ レヴェル3コース 2005年8月4日

★思ったよりとても難しく、頭が疲れました。けれど、自分の意識が少しずつ変わっていけるような気がします。少しずつ復習していって、自分のものにしていきたいと思いました。

★レヴェル3を受講する前から私にはゴールドやイエローの恐れ・不安の問題をかかえていると自覚していた。それはゴールドやイエローのボトルが白濁したり、ボトルがひび割れたりしていたからだ。でも私自身、何に恐れをいだいているのかわからず、自分自身に「何が怖いの? 大丈夫だよ」といいきかせていた。課題のエッセイを読み直したり、今回のレヴェル3は3週にわたって行われたので、その間にいろいろと自分をみつめてみると、その恐れの正体がわかってきた。初めは、仕事を辞めて就職活動もせず、海外旅行などをしていることに不安を感じていたが、でもそのまえに、私にとって大きな不安とは、それは、仕事場で自分より優秀な後輩が現れ追い抜かされるのではないか、上司の目が他の子に向いてしまうのではないか、という恐怖でいっぱいだったのだと思う。そんなことに恐怖を感じていたんだなぁーと思う。もっと心を開いて自分を分かち合っていれば、楽しい社会生活だっただろうに。昨年の10月ごろヒプノセラピーを受け自分の過去世をみたが、アメリカ人の女性でダンスをしていた。とっても有能で、誰からも認められ、将来を期待されてトップの地位にいたが、突然ダンスをやめ、田舎に帰ってしまった。老後は窓辺で淋しく自分の人生を振り返っていた。「どうしてダンスをやめてしまったのか?」と疑問に思っていたが、それは下から自分を目指して頑張ってくる後輩からのプレッシャーに耐えられなかったからだ、と随分時間が経って一人で静かにしているときにフッと思いついた。誰もが認めるトップダンサーだったのに、その地位を失う恐怖に負けてしまったのだ。後輩たちと楽しいダンスを分かち合い、自分の人生に信頼がもてていたらきっと仲間たちに囲まれ楽しい人生を生きれたと思う。最期に私はその女性から「あなたならできる!」とメッセージを受け取った。そのときは「できる!」というメッセージを他の意味で理解していたが、今は“できる”というのは競争をして勝つということではなく、自分が持っているもの、知識を人と分かち合うということ、自分に自信と信頼を持つということだと思う。そして彼女の言うとおり、私はそれができると思う。もう自分の恐れが何であるかわかったし、サポートしてくれるボトルたちもいてくれるから。これで本当に1つ成長できたと思う。また別の面で私が恐れを感じていたことは“感じる”ということ。感じたことを表現したり、言葉にしたり、感じたことを実行したりすること。それまでは左脳的な生活を過ごしていたので“感じる”ということをどこかに押し込めて封印してしまっていた。“感じる”ということをずっと忘れていたので、今でもみんなのようにクリスタルやタロットの絵とかからいろいろ感じ取ることがなかなか上手くできないが、でも私は心で感じたことを生きたいのだと思う。なぜなら、心で感じたことを生きるということに不安は感じないし、静かなワクワク感を感じるから。白か黒、いいか駄目か、正解か不正解かということしか今までは思わなかったが、たとえ不正解だったとしても、グレーであったとしても、私は感じたことを生きたいんだなーと思う。そしてそれは私の星座、蟹座のキーワード“I feel”ともつながるし、タロットカードで私がひいたエンプレスのカード、B3ともつながっている。感じたことを生きていいよと自分にいうと、うれしく笑顔にもなるし、涙も出る。これから“感じる”という感覚を思い出していこうと思う。
レヴェル1、2、3を受講し、オーラソーマの深さに本当におどろき、また感動した。今回のコースでもいろいろと心に残ることは多いが中でもシェイクスピアの「世界は舞台であり、全ての男女はその上で演じている役者にすぎない」という言葉だ。今世、私の魂は地球上で肉体をもって成長する機会を与えられた。それは本当に幸せなことで有難い事だと思う。私の魂と私の体と意識と協力し合って「私」という人生を生き、そしていろいろな場面に登場しながら成長していきたいと思う。信頼が試されるとき、タワーのカードで表されるような場面に登場したとき、私は1歩ひいて、超然として自分の人生をどう展開していくのか、責任をもてるようになっていきたいと思う。生命の木は難しいテーマであるにも関わらず、わかりやすく教えて下さりありがとうございました。レヴェル3も楽しいコースでした。

★今回もたくさんの気づきを頂きました。自分が感情移入しやすかったり、ボキャブラリーが足りなかったり、勉強不足だったりと、うーん、勉強するのみです。イエロー/ブルーがレッドなのが感動しました。私が最近気にしているのはB47で、誕生日のボトルがB28なので、関係があるのではと、またいろいろとそしてゆっくりと理解していきたいと思います。先生の説明がとてもわかりやすくて、いつもありがとうございます。

★レヴェル2受講後、3年間あいてしまいましたが、もっと早くレヴェル3を受講すればよかったと思いました。レヴェル3を受講してみて、レヴェル1、2で学んだことがより深く理解することができたからです。けれど、このタイミングで受講できたことは、自分にとってはとてもいいことでした。自分の変化のとき、苦しいときにコースで学び気づいたことがこれからの自分の勇気となりました。“正しいときに正しい場所にいる”これを実感した6日間でした。ありがとうございました。

★難しい内容ですが、オーラソーマの神秘的な深さにふれることが出来ました。私のテーマだった投影ではなく、まさしくピッタリの超然とするということに気づけたことが大きかったです。生命の木やタロットと合わせて今時分がどこを旅しているのか見渡すことが出来、客観的に見えて良かったです。

★セミナーに出る前から、家のことでずっと悩んでいました。レヴェル3に出て、距離を持ってながめていなかったことを痛烈に感じました。にぎりしめて集中して、イヤだイヤだとずっと思って苦しんでいました。なかなかシェアは出来ませんでしたが、自分の中でそのことに気づけて良かったです。タロットも思っていたよりもとても興味深く、以前から「シンボル」についてもっと知りたいと思っていたので楽しかったです。
「超然とする」「信頼する」「目覚め」そういう言葉がセミナー期間中に私にとって大切なキーワードでした。まだ言葉にならない思いがたくさんあります。これからの毎日の中で意識を向けていきたいと思っています。本当に出席できて良かったです。ありがとうございました。先生にお伝えしたい思いがたくさんあるのに、言葉がなかなか伝えられなくて、それでも丁寧に聞いて頂けてとても感動しました。

★初めからオーラソーマの本質を知りたかったので、レヴェル3まで学ぶつもりでした。今回修了してみて、非常に難しくはありましたが、大変充実したコースでした。生命の木も理解するには長い時間が必要だと感じますが、パズルのようで面白く、楽しみながらも奥深さを感じました。今回色々な体験ができ、また、シェアして頂いたことも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも本当のオーラソーマを学び続けていきたいと思います。

★より深い、より多くのカリキュラムに頭をかかえながらもオーラソーマのおもしろさに改めてまねかれたような感じです。6日間のレッスンを通じて、自分自身も成長する機会をいただき、感謝しています。武藤先生と、そして一緒に学んだ皆さんから沢山のサポートをいただきました。ありがとうございました。「レヴェル3は難しい」、本当に難しいです。けれど、これからもっともっと理解と気づきを得られるのですから、研鑽を積んでいくのが楽しみです。学びを続けるというのはしあわせなことなのですね。

Posted at 2005年08月04日 17時10分59秒

オーラソーマ レヴェル3コース 2005年4月24日

★昨年の夏から1年足らずでレヴェル1、2、3と進んできましたが、レヴェル3が一番興味深く、楽しかったです。グラウンディングのコースだけあって、本当に実践的な内容が多く、難しくもありましたが、ボトル同士の様々なつながりが見え、毎日が発見でとても面白かったです。徐々にコンサルテーションに生かしていけたらと思います。レヴェル1、2、3と通して武藤先生に教えていただきましたが、知識だけではなく、オーラソーマを通して人生の歩み方を学べて良かったです。本当にハートのスクールだな、と実感しました。ありがとうございました。今後も再受講や、その他のセミナーを受けるつもりですので、またよろしくお願い致します。

★日本語が難しくて頭に入りにくくて理解するのには時間がかかると思いました。生命の木の各スフィアについて、もう少し説明があったほうが理解できる部分もあったかもしれません。本の説明は感覚として実感としてつかむのがとても難しくて、やはり何度も繰り返して学ぶ必要があると思っています。武藤先生は要点をかみくだいて話して下さるので良かったですが、それでも難しかったです。

★とても深い内容で、どのコースよりレヴェル3が一番興味深かったです。オーラソーマの深い側面をまたひとつ勉強できて、本当に良かったと思います。まだ、学んだことすべてを理解しきれてはいませんが、今後、時間をかけてじっくり取り組んでいきたいと思います。先生には、難しい混乱しやすい内容を、わかりやすく教えていただきました。他の先生だったら、さっぱりわからなかったかもしれません。生き方自体を教えていただけるので、レヴェル3も武藤先生に教えていただいて本当に良かったです。

★レヴェル3は、思っていた以上に難しく、でも楽しい時間でした。どうしてもレヴェル2では人にリーディングする事にためらいがありました。ボトルの奥深さとタロットとの関係や、生命の木を知る機会となり、やっとスタートラインに立った気がします。

★楽しかったです! オーラソーマが更に深く感じられました。番号にも意味があることをあらためて学び、自分の認識の浅さを恥ずかしく思いました。ますますオーラソーマが好きになりました。もっと勉強します。武藤先生のセミナーに出ると、初心に戻ります。オーラソーマのお勉強に関することも大変深く学ばせていただきました。また、それだけではないたくさんの学びと気づきをいただきました。ありがとうございます。

★レヴェル1、2に比べて一番面白かったです。オーラソーマの根幹にふれたように思います。まだ未熟ですし、理解も足りませんが、自分のペースで理解を深め探求していこうと思います。厳しさとやさしさ、ポイントがよくわかりました。個人個人にあわせたシェアリングも身にしみました。個人セッションをうけた感覚です。ありがとうございます。

★レヴェル1、2より今までで一番おもしろかったです。タロットや生命の木など、とても奥深く感動しました。オブザーバーエクササイズもとても勉強になりました。もっとゆっくり取り組む時間があったら良いと思います。タロットをひいたとき、ライダーズ版の絵とオーラソーマタロットの絵が、自分の中で一致しなくて、気づかなかったのですが、11番のストリングスのカードは、今回自分がどうしても洞察を得たいと思っていたことだったので、そのシンクロにおどろきました。スピリチュアルプライドへのスタンス、自分の中に生まれた怒りなどのエネルギーにどう対処したらよいのかと考える毎日だったので、「それもエネルギーとして流れさせればよい」ということに深く納得し、とても楽になりました! 「本当の強さはやさしさである」を胸に、自分らしくやっていこうと思います。ありがとうございました。とてもていねいに教えていただきました。「レッド」について、いろいろな方面から学べて現実にいかしていきたいと思いました。

★むずかしすぎて理解できた部分は少ないと思いますが、楽しかった。先生の教え方は良かった。テキストだけでは理解できない部分もとてもわかりやすかった。

★生命の木はとても複雑なので理解できないのではないかと不安でした。一回聞いただけでは理解することは難しいとは思いますが、ボトルを理解するという点でとても有意義な内容でした。また、タロットの解説を通して様々な気づきがありました。レヴェル2を終えてから4ヶ月で受けるのは時期尚早ではないかと思いましたが、このタイミングで受けるべきだったのだと思わされることが何度もありました。複雑な内容をなるべくわかりやすくかみくだいて教えていただいたので、生命の木が少し理解できたと思います。教科書を読むだけでなく、ワークが多かったのでとても楽しく学ぶことができました。ありがとうございました。

★生命の木を学べたことは本当に良かったです。木を人間として見たときの意識の成長が非常にわかりやすく、呼吸の大切さがここでようやく真に理解することができました。自分の深いところに触れるには、まずは瞑想から、全てはここから始まるんだと本当に納得です。色の理解が深まるにつれ、ボトルの流れも見えるようになり、コンサルテーションも楽しいかも、と思えるようになりました。これから経験を積んでいきたいと思います。毎回前回の確認をふまえてから、新しいレヴェルへ進んでいただけて、楽に、スムーズに学べることができました。やさしく、包み込んでくださる雰囲気で、とても安心でき、コースを通していく中で自分の気持ちの混乱も落ち着いてきたような気がします。自分に必要なものも、少し見えてきた気がします。ありがとうございました。

★マスターシークエンスの話は本当に興味深く、カラーの理解が深まりました。ただ生命の木は本当に難しく、ゴールデンスレッドを自分で作って、やっと立体とボトルのつながりがわかりました。(前の日にスフィアのボトルを読みましたが、色のつながりは何となく理解できても、スフィアとボトルの関連性が全くわからず、かなり落ち込んでいました。)レヴェル3は実習が多く、最初のコンサルテーションは本当につらかったですが、次のコンサルテーションは前のときより進歩していた気がして、やはり実践することが本当に大切だと思いました。自分の苦手な色がわかったこともすばらしい収穫です。日程的に難しかったので、レヴェル3は他の先生にしようかとも思っていたのですが、やっぱり武藤先生に教えていただけて本当によかったです。

Posted at 2005年04月24日 17時07分57秒