ヒーリングスクール「ディヴァライト」(女神の光)は、ハートのスクールです。 くつろぎながらみなさまが自分を知り、自分を癒し、自分らしく生きていくためのセミナーを提供しております。 オーラソーマ英国認定校ですので、資格取得のコースも随時開催しております。
2007-01-16 の記事

インチューイティヴリ...

★インチューイティヴのレベル1・2とブランクがあったので不安でしたが、小人数でしたのでリラックスして受講できました。クンダリーニ瞑想が面白かったです。インチューイティヴな感覚を通じて他者とリーディングするには、自分自身をクリアにして世界を広げていくともっとボキャブラリーも増えて伝えやすくなるのでは、という事を学びました。ハートから話す、聴く!何度聞いても大切な事だと思いました。コンサルテーションでも活用していけたらと思います。ありがとうございました。

★今日は参加できて良かったです。ありがとうございました。参加に悩んでいたのですが、“人はあるべき所にいるんだ”やりたいと心に感じることは従っていこう!と思い電話しました。みなさんのお役に立てて良かったです。リーディングするという事はいろんな経験も必要なんだという事も学びました。今までの私のパターンだと映像が多かったのですが、文字というのも出てきて、やればやる程するどくなっていくものだという事もわかりました。これからは、うまくやろう!というよりも心に感じる事を素直に受け取り、日常生活に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

★ディヴァライトの様々なセミナーに参加するたびに感じることがあります。私にとって武藤先生はじめ、セミナーに参加される受講生の方々から本当に多くの気づきや発見が得られることです。今回もそうでした。こういう機会を人生において持てるという環境にいつも感謝しています。ハートにステキな栄養をあげることができて、とてもハッピーです。今日1日どうもありがとうございました。

★今回は何度かお会いした人だったので、とてもリラックスしてやることができました。「どうしてだろう」と頭で考える時より、どう感じるかに沢山の時間が費やせたと思います。そして何よりハートから聞く、ハートから話すということの難しさ、大切さを実感できました。頭で聞くことをしている生活の中では自分が見えないとも痛感しました。センタリング、自分が自分でいて、今ここにいる。その事に沢山気づけたことが嬉しかったです。とても仲良く時間が過ごせたことは、ギフトだったと思います。


Posted at 2007年01月16日 12時14分40秒  /  コメント( 0 )

インチューイティヴリ...

★インチューイティヴのレベル1・2とブランクがあったので不安でしたが、小人数でしたのでリラックスして受講できました。クンダリーニ瞑想が面白かったです。インチューイティヴな感覚を通じて他者とリーディングするには、自分自身をクリアにして世界を広げていくともっとボキャブラリーも増えて伝えやすくなるのでは、という事を学びました。ハートから話す、聴く!何度聞いても大切な事だと思いました。コンサルテーションでも活用していけたらと思います。ありがとうございました。

★今日は参加できて良かったです。ありがとうございました。参加に悩んでいたのですが、“人はあるべき所にいるんだ”やりたいと心に感じることは従っていこう!と思い電話しました。みなさんのお役に立てて良かったです。リーディングするという事はいろんな経験も必要なんだという事も学びました。今までの私のパターンだと映像が多かったのですが、文字というのも出てきて、やればやる程するどくなっていくものだという事もわかりました。これからは、うまくやろう!というよりも心に感じる事を素直に受け取り、日常生活に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

★ディヴァライトの様々なセミナーに参加するたびに感じることがあります。私にとって武藤先生はじめ、セミナーに参加される受講生の方々から本当に多くの気づきや発見が得られることです。今回もそうでした。こういう機会を人生において持てるという環境にいつも感謝しています。ハートにステキな栄養をあげることができて、とてもハッピーです。今日1日どうもありがとうございました。

★今回は何度かお会いした人だったので、とてもリラックスしてやることができました。「どうしてだろう」と頭で考える時より、どう感じるかに沢山の時間が費やせたと思います。そして何よりハートから聞く、ハートから話すということの難しさ、大切さを実感できました。頭で聞くことをしている生活の中では自分が見えないとも痛感しました。センタリング、自分が自分でいて、今ここにいる。その事に沢山気づけたことが嬉しかったです。とても仲良く時間が過ごせたことは、ギフトだったと思います。


Posted at 2007年01月16日 12時07分45秒  /  コメント( 0 )