ヒーリングスクール「ディヴァライト」(女神の光)は、ハートのスクールです。 くつろぎながらみなさまが自分を知り、自分を癒し、自分らしく生きていくためのセミナーを提供しております。 オーラソーマ英国認定校ですので、資格取得のコースも随時開催しております。

オーラソーマ レヴェル2コース 2006年6月11日

★6日間ありがとうございました。ありがたく、感謝と光にあふれた時間と空間でした。たくさんの学びと気づきの中で、色のパワーをとても感じたこと、そしてそのパワーによって深い気づきをたくさん得ることができました。レヴェル1もすばらしかったけど、レヴェル2はさらにおもしろく、楽しい時間でした。目の前の方のために、心からの愛と感謝をこめて、これから出会っていき、サポートしていきたいと思っています。コンサルテーション、そして、自分の描く絵からたくさんのエネルギーを得ることができるよう祈りつつ、大切に一歩一歩進んでいきます。今回、妊娠しての参加で、皆さんのサポート、アシスタントの方、先生のサポート、本当にありがたくたくさんパワーを頂きました。ありがとうございました。心からの愛と感謝と祈りをこめて・・・。

★11月にレヴェル1を受けて、すぐ2月に受講しようと思っていたのですが、友人の結婚式がはいったり、何かとあり、6月にスライドさせて頂きました。先生の「必要な時に必要なことが起きる」をうかがって、今だからそう思うのかもしれないのですが、今、受けてよかったと思える6日間でした。今回のボトルは前回とはガラリと違っていたのですが、正に自分の変化を表していました。ありがとうございました。

★レヴェル1の受講後、自分自身の心の持ち方がとても大きく変化しました。それに伴って自分自身はもちろんのこと、環境、自分を取り巻く人間関係など、色々なものが次々と変化しました。今までの自分は自分とはこんな人、というワクを勝手に決め、その中で生きることに息苦しさを感じながらも、人生とはそんなものだろうとどこかあきらめていた自分がいました。レヴェル1ではそんな自分の心の闇に光をあて、自分と向き合う、そして自分自身を癒す6日間でした。受講後もボトルをワークしながら、自分に起こる変化を楽しみ、変化の波を受け入れ、少しずつ新しい自分に生まれ変わることを実感する毎日でした。そしてレヴェル2では、更により深く自分自身と向き合う体験が出来ました。レヴェル1の段階ではまだ向き合う自信がなくて目を背けていた自分自身の奥深い闇にやっと光をあてることができたような気がします。また、選ぶボトルを見ても、レヴェル1では自分自身に関するボトルばかりでしたが、レヴェル2ではやっと外に向けて何かを発信したい、人のために何かをしたいという思いが強くなり、その変化はボトルにもはっきりあらわれるようになってきました。少しずつですが、自分の方向性、生まれてきた意味などもわかってきたような気がしています。とにかくレヴェル1に比べてとても深い部分での気づきが多かった6日間でした。今後はプラクティショナーとして、自分の経験してきたこと、オーラソーマのすばらしさを伝えていきたいと思っています。とにかくこのコースが終わって、新しいスタートラインに立ったような気持ちです。6日間ありがとうございました。

★レヴェル2に参加してみて、色々な方達と出会えてとても刺激になりました。レヴェル1を終了してからの4ヶ月間、ほとんどオーラソーマにふれていない状態での参加になってしまい、知識をたくさん持った方達の中で、申し訳なく、恥ずかしく思いました。レヴェル1を新潟で受けた時とは雰囲気も大分違い、言葉ではうまく表現できませんが、色々なことに発見や気づきがあったように思います。メディテーションでは、ヴィジョンが浮かんだりといったことはなかったのですが、とてもリラックスできた時間でした。寝不足、疲労続きで、ウトウトしてしまうことが多かったので、申し訳ありませんでした。昔から寝る時間がもったいなく感じていて、小さな頃から睡眠が足りていない生活をしていたのですが、先生は“睡眠は大切だ”とおっしゃっていたので、もっと自分のやるべき事の優先順位を考えて、自分にとっての気持ちの良い生活をしていきたいと思います。以前から“平和や自然環境に役立つことが出来たら”という思いがあり、少しずつでも自分ができることに取り組んでいこうと思いました。先生とはちょっと緊張してしまい、あまり話が出来なかったのですが、本当はもっと色々な話がしてみたかったなぁと思いました。それと、ここでジェムシリカに出会えたことが、とてもうれしかったです。ずっと大切にしていきたいと思います。6日間、本当にありがとうございました。

★どうにか6日間、休まずに受講することが出来ました。たくさんの癒しと学びをありがとうございました。スピリチュアルな事と日常が切り離されていて、どこか自分を見失っていたことに気づきました。レヴェル1よりもプラクティショナーになるというヴィジョンが現実的に思えたので、もっと勉強をして色彩言語を学んで取り入れたいという気持ちになりました。最後のペアでコンサルテーションをしたのが、私にとっては初めてで恐かったのですが、意外に感性からボトルのメッセージが読み取れたので、少し自信になりました。せっかくレヴェル2まで学んだので、しっかり消化・吸収して自分のために、大切な人達のために役立てていきたいです。武藤先生とレヴェル1よりもお話が出来て良かったです。もっと自分のやりたい事に素直に、問題点には明晰(イエロー)さをもって学んでいきたいです。また、お会いして学べる日を楽しみにしております。出会えたことに感謝しています。ご多忙でしょうが、お体に気をつけてくださいネ。

★今回も深い内容でした。メディテーションもレヴェル1のときより深い部分まで感じられているようでした。部屋のインテリアを客観的に見る宿題はとてもためになりました。初めてみるように観察してみると、自分のくせがわかり、今後の片付けに役立てたいなと思いました。とにかく、古いものを整理して処分することが必要だと思いました。一番面白いと思ったのは、グリーンのポマンダーメディテーションで、虫が近くにいていやだなあーという気持ちでスタートしたのに、グリーンの効果か、虫も仲間なんだという優しい気持ちに変化したことでした。これからも自宅で勉強を続けていきたいと思います。ありがとうございました。

★コースを受講している間、心地良い気持ちでいることができました。レヴェル2はイエローのコースということで、知識や情報が沢山あって大変だろうと思っていたのですが、とても楽しく、実践的なワークがとても効果的に思えました。レヴェル1の時にはボトルやポマンダー、クイントエッセンスなどを購入してもなかなか使えずにいたので、これからは生活の中で楽しみながら使っていきたいと思います。また、日々の生活の中で心から感じることの大切さを意識して自分を幸せにしてあげて、その幸せをまわりの人々に分かち合っていけたらいいなと思っています。先生の誇り高く情熱のある姿勢を拝見し、私もオーラソーマに対し真摯な気持ちで取り組んでいきたいと思いました。いつも愛を沢山くださる先生に感謝しています。どうもありがとうございました。

★オーラソーマに対して、何か信用しきれないところがあったのですが、“いつもポジティブでいることを身につける”“自分は好きなように軽やかに生きて良い”ということを常に認識するための手段として、活用していけばいいんだと思い、気が楽になりました。“感じる”ということをおろそかにしていたことに気づきました。まずは、ボトルやポマンダーやクイントエッセンスを生活に取り入れ、その効果を実感できるようになったら誰かのために活用していきたいと思います。勇気づけをしていただきました。スッキリした気分です。ありがとうございました。

★レヴェル1とはまた違った、「本当に心から受講して良かったー」という気持ちになりました。レヴェル2を修了して思ったことは、やっぱりわかっているつもりでも、自信のなさから頭で考えて、ハートからボトルを見ていないな・・・という事でした。はじめてボトルを使ったとき、正直半信半疑でした。でも、実際使って、使い切ってから大きく変化が現実にあらわれて、本当にすごいな!!と感じ、それからボトルを使っていくようになって。実際本などから得た知識、情報だけでは得られない変化やボトルからのエネルギー、サポート・・・。ボトルを使い続けて、オーラソーマのとりこになった自分を思い出すことができました。もっとハートから感じてボトルを見る事の大切さ。また、実際使って心から感じたボトルのエネルギー、このオーラソーマのすばらしさを、伝えていけるよう。将来プラクティショナーとしてカウンセリングをしていけるよう、これから勉強を深めていきたいと思いました。また、これからももっとボトルと対話し、自分自身を知っていきたいと思いました。レヴェル2は終わりだけれど、あらたなスタートだ!と感じました。ここで学んだ事、今を忘れず明日から頑張りたいと思います。ありがとうございました。

★毎日お腹いっぱいでした。コンサルテーションなど出来る自身もありませんでしたが、最終日の最後、初コンサルテーションをしてみて、途切れながらではありますが言葉が出てきてビックリしました。ボトルの名前や本にあるイミだけではなく、色を直観で読み取るということの大切さ、心で感じ、ハートでボトルと、相手と、コミュニケーションをとることの重要さ、また私にとっての必要性を感じました。やはり「ターコイズ」が私のテーマなのだと再確認しました。レヴェル3もいつか必ず受けに来ます。ありがとうございました。

★レヴェル2は1終了後にすぐ受講しようと思っていたが、実際のところ、自分の準備が心身ともにできてない気持ちのほうが高かった。それでもギリギリの申し込みをしてよかったと思う。オーラソーマの奥深さを再度認識することができたこと、もっともっと勉強していく必要性があることも、いろんなことに興味を持つことも大切だと感じました。自分について掘り下げていくこと、見つめることは、私にとってもとても難しく、周りのクラスメートが色々な気づきがあるのをうらやましく思うこともあったが、シェアリングすることで気がつくことも多く、そしてタイミングがくれば、自分の準備が整えば、きっと何か気づくことがあるんじゃないかと、あせることなく少し自分への信頼ができたような気がしてます。武藤先生のお話は、オーラソーマ以外でもハッとさせられることがすごく多く、いろいろな意味でやっぱりこのタイミングで受けてよかったと思っています。ありがとうございました。

★昨年の夏にレヴェル1を受けて、約1年経っての受講でした。オーラソーマの学びを深めていくことに迷いを感じていましたが、武藤先生にお会いした初日から、“私は学んでいく”という確信に変わりました。オーラソーマのコースを受けようと思ったきっかけも、武藤先生のイントロダクトリーセミナーを受けてでした。再び確信を頂けました。ありがとうございました。すばらしいクラスメイトに出会えて、たくさんの気づきを癒しの機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。レヴェル3、7月からのコース、また来たいと思います。よろしくお願い致します。

★レヴェル1にひきつづき、また、沢山の気づきを得る事が出来ました。一番興味深かったのは「数秘学」です。そこで出した数をボトルにあてはめて見ると「自分とは?」「自分が生まれてきてやるべきことは?」という、何年も考えつづけて探しつづけてきた答えが出てきました。それらは、今まで自分が何となくこうではないのか?と感じていた事と一致したので“自分の中に答えはある”という、オーラソーマの教えを改めて実感できた瞬間でもありました。これからは、もっと自分を信頼して、直観を大事にして生きていきたいと思います。

★レヴェル1の時もそうでしたが、コースを受講することによって、オーラソーマの知識だけでなく、自分自身について洞察を深めることができました。レヴェル2では、エクササイズが多く、実際にジェムストーンに触れたり、みんなと一緒にワークすることにより、より実感としてオーラソーマを学ぶことができました。こちらのコースを受講して得られるものは、知識だけでなく、一緒に学んだ受講生、そして先生から教えていただいた、生き方の指針、そして自分を見つめることと多くのものを学ぶことができました。ありがとうございます!!

★人との出会いの素晴らしさを痛感したこの講座でした。感謝です。

★色の深い意味を知ったり、クリスタルのパワーを手で感じることができて楽しかったです。今回のデイリーセレクションでは、1本目にB26をずっと選んでいる自分にびっくりしました。前は、このボトルを見るのも怖かったけれど、今回はとても美しいなと思うことができました。オレンジのポマンダーも気持ちが良かったです。講習を受けて、自分のフィーリングをもっと大事にしようと思いました。仲間とのシェアからも多くのことを学べました。ありがとうございます。

★今年の1月にレヴェル1を受けてから、日常の生活の中に、ポマンダーやクイントエッセンスを取り入れたり、カラーメディテーションCDを聴いて心身の浄化やエネルギーをもらってきました。今年は「自分を大事にしたい」とか「エネルギーをかけるものは自分で決める」ことを意識してたのですが、最近オーラソーマを通して思うのは、自分が強くなったなと感じることです。朝、セミナールームに来て選ぶボトルは、プライマリーカラーが増えたり、ブルーやロイヤルブルーが増えました。色えんぴつの塗り方も強く、濃くなったんです。レヴェル1のときはペールカラーが多かったのですが、少しずつ、私に足りないレッドのエネルギーが注がれたように思います。自分を知って、自分を癒して、自分の経験・体験したことを通して、自分の言葉で、オーラソーマを伝えられる日が来ることを願って、レヴェル2で学んだことを消化吸収していきたいと思います。オーラソーマを通して自分が成長していっているんだなと思うと、学んでいくのもとても楽しいです。6日間、武藤先生のハートからの言葉をまた聴くことができて、うれしかったです。ありがとうございました。

★今回、こうしてレヴェル2を受講することが出来て、嬉しく感じています。色について、オーラソーマについて、またさらに深く知ることが出来て楽しかったです。レヴェル1を受講してから1年程の間で、オーラソーマを中心にたくさんの気づきがあって、日々自分が変化していくのをリアルに楽しめ、成長しての今回でした。ゆっくりなペースですが、これからも自分の成長と自立を楽しんでやっていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

★過去世について、知りたかった事が見えて、とても素晴らしい体験ができました。“純粋に、人を愛せばいい”という過去の自分からのメッセージをきちんと受け止め、愛を素直に、表現できるように生きて行こうと思いました。6日間、本当に素敵な時間でした。ありがとうございます。

★レヴェル2の幕の内弁当、おかず「てんこ盛り」で、あれ〜、こんなおかずもあるのねと興味深くいただきました。何よりも武藤先生の味付け(エッセンス)が素敵でした。毎日ボトルを選びましたが、このボトルは取る事がないだろうと思っていたものを選んだりして、何か「変化」というものを感じます。今が私にとって変化の時期なのだと思います。ヌメロロジー、アストロロジー、クリスタルや環境等の様々な面から見ることによって自分の新たな面も発見することができました。個人的にはヌメロロジーにとても興味を持ちましたが、何か宇宙の法則のようなものを感じました。レヴェル1に比べ、ボトルをもっと深く感じることもできました。ただ美しいだけではなく、ボトル達は本当に優しく愛を感じます。今現在、オーラソーマで何をしていくという明確なものはありませんが、ずっと関わっていきたいもので、今後私の中でどのようなものになっていくか楽しみです。そして「分かち合う」という気持ちを忘れないようにして、私が今できることをやっていきたいと思います。先生、愛のこもったお弁当ごちそうさまでした。そしてありがとうございました。

★レヴェル2を終了して感じたことは、まず一言で「底なし沼のように深かった・・」ということでした。ヌメロロジー、アストロロジー、そして過去世とパワーストーン等など。普段からこれらの事に非常に興味がありながらも、つい余りにも深くて複雑そうな内容で、自分から遠ざかっていた部分がありましたが、今回は不思議と武藤先生の誘導のもと、何故か違和感がなく、すんなり門を通過して、入り口の中に入ることが出来、しかもある程度のことを学べたことは、自分にとっても大きなサプライズで、とっても楽しい興味津々な部分でした。欲を言うならば、もっともっと深いともろまで学びたかったとさえ、思っております。今、吸い込まれていくかの様に、益々オーラソーマの世界に魅了され、深いところから興味が湧いてくる実感で、非常に嬉しく誇らしくさえ感じています。そして今からレヴェル3への期待が高まってきそうです。6日間の楽しい実習を通しての講義、改めて大変ありがとうございました。最後にこの間に私の誕生日をも迎えられたことは、大変ラッキーなことで、その必然に、心から感謝しております。このようなスピリチュアルな精神世界には時として依存しすぎることは非常に禁物かとも思いますが、自己の内側を知る意味でも、クールなバランス感覚を保ちながら、自分の内側へのジャーニーをこれからも大いに楽しみたいと思っております。本当にありがとうございました。

★最初は人数が多い事が一番不安でした。そんなに人数が多くて本当に学べるのか?と思いました。レヴェル1は少人数のところで受けました。でも人数が多くても、学べるものがたくさんあって楽しかったです。もっと体感を通して色を学びたかったのが少し残念です。時間通りに進んでいくのは、とても安心できました。また機会があれば、友人に紹介してみたいスクールです。

★レヴェル1終了時には、ただただ「覚えることがたくさんあるなあ」と圧倒されておりましたが、レヴェル2を終えて、その「学ぶこと」の奥深さを再認識したというか「道のりの遠さ」に驚きました。レヴェル2は「イエローのコース」ということで、たくさんたくさん「幕の内弁当」のおかずをいただきましたが、終了直後の今は消化不良の感があります。これからゆっくり反芻してゆき、自分のペースでレヴェル3、さらにその上のクラスへと進んでゆけたら、と思います。

★レヴェル1コース受講後、9ヶ月ほど経ち、その間にオーラソーマ関連の本などをたくさん読み、私は頭で考えるようになっていました。先生が常に「ハートで感じることを大事にして下さいね」とおっしゃっていたのがとてもとても大切なことだと、身にしみこむように理解できた気がしています。コースの中でも、まず教科書を見る(読む)前に、体験をする、感じるということを先に教えて下さり、いかに今まで自分が人(自分も含めて)や物事に対して決めつけていることが多かったのか気づきました。それはクリスタルについての勉強をしている時に、それぞれ決めてかかっていたイメージ、特徴ではないエネルギーを感じたり、皆で体験をシェアしたりすることで実感しました。教科書にはない先生のお話で、たくさん気づかされることがあり、今後の人生で、仕事で少しずつ生かしていきたいと思いました。今回は成長の遅い私にはまた「気づきの一歩」となりました。

Posted at 2006年06月11日 17時06分29秒