メインメニュー
2012-11 の記事

東京丸の内駅



東京駅の丸の内口が綺麗になりましたね。

あの赤レンガはとっても風情があります。

最近は駅前で写真を撮ってる方も多くみえます。


外からよ〜く見ると

2階と3階の界はレンガの色が少し違うんです。

レンガの素材、もさることながら

建物自体の材料も違うのですよ。

3階部分は戦争で焼けちゃいましたもんね・・・(T_T)


でも、そんな焼け跡や

当時のレンガを残しつつ、

なんとも歴史を感じさせてくれるステキな建物になりました。


今回屋根もドーム型に修復していましたが

貼ってある銅版には、

自然に任せて緑青がつくようにしているそうですよ。

これからさらに渋くなるのが楽しみです。


駅周囲には耐震用の溝があったり、

数少ない職人さんの作ったレンガを見たり、

近くで見ても沢山の発見があります。


ステーションホテルの中もちょっと覗いてきました。

素晴らしいです

ほんとに! ほんとに!


昔の建物は、下の階のほうが高価ということで天井も高くできていて、

上の階に行くにつれて部屋の天井が低くなってるそうですが

ぜ〜んぜん圧迫感は感じません。

というか、言われないとわかりません(^^ゞ


部屋の窓から駅のホームが見えちゃったり

改札が見えちゃったりするので

逆に部屋の中も見えちゃうんじゃないかと余計な心配をしてみたり、


長い廊下を歩いていて、

ふと映画シャイニングを思い出し、

一瞬ブルッとしてみたり、

そんなアンティークさがまたステキなところ。


丸の内中央口の天井はぜひ見てください。

すばらしい彫刻です。


干支の十二支が8角形の柱に刻まれておりますが

残念ながら4匹は入れてもらえませんでした。

何がお留守か探してみてくださいね。


修復工事内容についてはこちら

ステーションホテルについてはこちら

いつかきっと
ステーションホテルのモーニングバイキングを食べてやる!

Posted at 2012年11月02日 17時32分30秒  /  コメント( 0 )